topimage

次で引退試合!レッドオーヴァル近況(11月~2月) - 2015.11.12 Thu

レッドオーヴァル(ディープインパクト×コートアウト)
の近況が更新されました。

次で引退試合のようです。
条件的にはベストの京都牝馬S(GⅢ)芝1400m。
ここで勝利して重賞ウイナーの仲間入りして引退なら最高ですが。。
よい騎手を確保してもらいたいですね。



15.11.11

(安田厩舎)
本日は引き運動の調整でした。
安田調教師「レース直後に一気にフケがきたようで上がり運動の途中でもムズムズして尻尾を上げていましたし、何度も尻っぱねをしていました。去年の京阪杯の後よりも酷かったように思います。厩舎に帰ってきてからはカイバも食べていますし、いつものレース後という雰囲気ですけどね。京阪杯は出走できる可能性が低いので、明日、グリーンウッドトレーニングに移動する予定ですが、年が明けると6歳になるので年齢的にも次走がラストランになると思います。もちろんオーナーサイドと協議をして決めますが、今のところ来年2月の京都牝馬S(GⅢ)芝1400mを目標に進めていくことになると思います。無事にラストランをという思いと、引退前に何とか重賞のタイトルを獲らせてあげたいという両方の思いがあります」

15.11.12

(安田厩舎→グリーンウッドトレーニング)
本日、グリーンウッドトレーニングに移動しました。

15.11.13

(グリーンウッドトレーニング)
マシンのみ。馬体重448キロ。
昨日(木)入場しました。到着後も落ち着いて過ごしておりカイバもしっかり食べていますが、フケがきているので漢方薬を与えて様子を見ることにしていますが、あまり効果がなく調教に影響が出るようであればフケ止めの注射を打って対応する予定です。今のところ来週半ばから軽めに乗り出すことにしています。

15.11.20

(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター2000m。馬体重452キロ。
入場後はマシン運動で疲れを取ってきましたが、体も少しずつ回復してきましたし、フケの影響も見られないので昨日から乗り出しました。目標のレースはまだだいぶ先なので、体を解す程度の軽めの調整に留めていますが、気負いはなく落ち着いて走っています。前につっかえるような走り方をしているので、通常の水勒ハミからDハミに替えてフォームの改善に努めています。今のところ12月に入ってから坂路に入れることにしています。

15.11.27

(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター2000m。馬体重455キロ。
この中間も順調に調整しています。大きく変わった様子はなく、フケもそれほど酷くなっていません。体を触られるのが苦手のようで手入れ時はうるさい面を見せていますが、調教は落ち着いて走ることが出来ています。今は体を無理に増やす必要もないので、焦らずじっくり体を作っていきます。

15.12.04

(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重458キロ。
この中間から坂路でも乗り出すなど調整は順調です。体調面などに大きな変化はなく、調教の走りを見てもフケの影響はないようです。しばらくはペースを上げずに周回数を増やし、しっかり体を造ることを重点に進めていくことにしており、15-15を始めるのは年末になりそうです。

15.12.11

(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター2500m、坂路1本。馬体重461キロ。
この中間から坂路と周回コースを併用して順調に調整しています。先日、併せ馬を消化した際の手応えが良かったように、だいぶ前向きさと素軽さが出てきたように感じられます。馬房ではリラックスして過ごしていて、体調面の心配もありません。

15.12.18

(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター2500m、坂路1本。馬体重461キロ。
この中間も順調に調整しています。右前脚の外側の骨瘤に熱感と痛みがあるようなので、ラバー蹄鉄に打ち替えました。併せてショックウェーブとレーザーで治療していますが、歩様には出ておらず、今のところ調教を進めていく上で支障はありません。硬さも取れて動きはだいぶ良くなってきています。

15.12.25

(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター2500m、坂路1本。馬体重469キロ。
この中間も右前の骨瘤をレーザーやショックウェーブで定期的にケアしながら調整を進めています。長期間同じメニューを消化しているせいか、元気が有り余っている様子ですので、どこかのタイミングでガス抜きをする予定です。飼い食いの良さは数字にも出ていますし、体調は安定しています。

16.01.08

(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重466キロ。
骨瘤の方はケアしながら進めていますので、痛がる素振りもなく乗り込みを続けられています。年明けから坂路にて15-15のところを消化し始めていていますが、楽をさせてはいたものの、ずっと乗り込んでいたのもあって、動きや息の方はスムーズさがありますし、毛ヅヤも徐々に抜け始めていますね。再来週くらいに帰厩できればと考えていますので、この後は馬体重を増え過ぎない様に調整して行く予定です。

16.01.15

(グリーンウッドトレーニング)
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重469キロ。
今週火曜日に坂路にて15-15のペースで追い切りました。硬さもなく申し分ない動きを見せていますし、稽古を重ねてもこの馬なりに落ち着いています。また、冬毛が抜けて毛ヅヤもだいぶ良化しているように体調も上向いてきました。本馬は態勢が整ったことから来週の検疫で栗東トレセン・安田厩舎に帰厩予する予定となりましたが、それまでに15-15と13-13を1本ずつ消化することにしています。

2016.02.10

(安田厩舎)
坂路1本登板後、ウッドコースで追い切り
2/7(日)CW 73.3-57.4-42.0-13.1 馬なり
2/10(水) 
坂路 61.6-45.3-30.0-15.1 なり
CW 54.9-39.2-12.2 一杯
ヴェロン騎手「坂路での脚慣らしからヤル気を見せていましたし、ウッドコースに入ってからも下ろしがけから勢い良く走っていました。それでも道中は折り合って運べましたし、馬もリズム良く走れていたと思います。直線では少しプッシュした程度ですが、脚を溜められていたので反応も良く、最後まで良い脚を使えていましたよ。乗り込みを重ねて息の方もだいぶ整ってきましたし、今日は全体に良い稽古ができたと思います」
2016.02.04

(安田厩舎)
厩舎周りを引き運動。
助手「昨日追い切ったので、今日は厩舎周りを引き運動で調整しています。運動中も集中してしっかり歩けていましたし、脚運びもスムーズに程良い気合い乗りでした。今のところ追い切ったダメージはありません。飼葉も食べていて馬体重は裸馬で460キロ。ここまでは順調に進められていますので、この後も状態を上げて行ける様に努めたいと思います」
2016.02.03

(安田厩舎)
坂路にて単走で追い切る。
 坂路 54.9-39.8-26.2-13.3 馬なり

助手「今日も坂路にて単走で追い切りました。先週、気合いを付けながら追い切ったことで良い意味で馬がピリピリして来た印象です。今日はテンから馬がヤル気になっていましたが、同時に落ち着きもあったので良い走りだったと思います。ハローが入る前だったこともあって、馬場は悪かったのですが、走り辛そうな素振りも見せなかったですし、最後まで無理せず楽に流せていたので、ひと追いごとに動きは良化していますね。来週から追い切りの負荷をさらに上げていこうと思っていますが、ここまでしっかり稽古を積んで下地が作れているのでクリアしてくれると思います。欲を言えば、馬体の張りなんかはもうワンランク上がって来て欲しいところですが、今のところフケは出ていないので調整はしやすいですよ」
2016.01.28

(安田厩舎)
坂路にて単走で追い切る。
坂路 54,4-39.9-26.3-13.5 馬なり

助手「今日は予定通り坂路で追い切りました。前運動の時から少しとぼける様なところが見られたように、まだ馬自身が競馬モードに入っていない感じだったので、坂路の下ろしがけから気合いを付けていきました。今日は全体の時計は55秒を切るくらいのところを考えていたので、時計的には問題ないですし、一本目としては悪くない動きだったと思います。ただ、年齢を重ねて来たこともあるのでしょうが、気持ちの面でフワっと抜けてしまいそうになるところがあるので、今回は気持ちをシャキっとさせる意味でも早くからメンコを外しています。今までと同じやり方では気が乗ってこないことも考えられますし、何とか結果を出してあげたいですからね。それに応える能力はある馬ですから。そういった事も踏まえて、今回はレースまでに敢えてオーヴァルをイライラさせるような形で闘争心に火を付けて、走る方に気持ちを向けていければと思います。まだ追い切りは十分こなしていけますし、今後はビッシリやっていく予定なので大丈夫だと思います。ただ、飼葉の食いなどもきちんと見ながらオーバーワークになることだけは避けるようにして、しっかりメリハリを付けて調整しながら進められればと思います」
2016.01.27

(安田厩舎)
角馬場運動後、坂路1本。
坂路 72.9-54.5-36.7-18.6 なり

安田調教師「明日追い切る予定なので、今日は角馬場で体をほぐしてから、坂路1本を軽めに乗っています。帰厩してからここまでメンコを装着して運動させていましたが、気をピリっとさせる意味でも今日から外しています。馬自身ヤル気を見せながらもリラックスして登坂できていましたし、良い雰囲気だと思います。年齢を重ねて来ていますが元気はありますし、いつも通りという感じがしますよ。レースは2月20日の京都牝馬S(芝1400)をルメール騎手で予定しています。何とか重賞を取らせてあげられる様に良い状態に持っていきたいですね」
2016.01.22

(グリーンウッドトレーニング→安田厩舎)
馬体重470キロ。
本日の検疫で栗東トレセン・安田厩舎に帰厩しました。この中間も順調に調整しており、先週土曜日に15-15を今週火曜日に13-13を消化しました。元々、稽古駆けする馬ですが動きの良さは相変わらずで追い切りでの手応えも抜群、息が戻るのにも時間が掛かりませんでした。毛ヅヤもこの時期にしては良く見えますし、これまでよりもどっしり落ち着いているようにラストランに向けて調子は上向いています。
2016.01.20

(グリーンウッドトレーニング→安田厩舎)
今週の金曜日か土曜日に栗東トレセンに帰厩の予定です。


album_RedOval_23 (1)

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

レッドオーヴァル 京洛S3着 出資馬賞金歴代NO1に!! - 2015.11.08 Sun

レッドオーヴァル(ディープインパクト×コートアウト)
の京洛Sは3着でした。

今日はフケ、内枠、雨と最悪の展開ですがハンデも軽く、
名手ルメールということで期待してみました。
レースではスタートもよく中団にためますが直線前もおり
伸びをかくかとおもったところ、ルメールが追い出してから馬が
伸びました。さすがにルメールですね。

勝利ほしかったですが3着がんばりました。
おそらくあと1,2戦で引退だと思いますができればもう1勝して花道かざってほしい。

なお、このレースで賞金17079万円と1.7億をこえました!!
これでレッドデイヴィスの16,971,7万円をこえ、歴代賞金NO1になりました!

重賞タイトルがないので何とか1つ背負って引退あとにはくをつけてほしい!!

レース結果:15.11.08 (日) 京都 / 10R 京洛S 芝1200
1 8 15 ネロ 牡4 55.0 戸崎圭太 1:08.9   34.6 474 +8 森秀行 2
2 7 14 アースソニック 牡6 57.0 小牧太 1:09.5 3 1/2 34.0 496 +2 中竹和也 6
3 2 3 レッドオーヴァル 牝5 54.0 C.ルメール 1:09.5 ハナ 34.7 448 +6 安田隆行 1
4 6 12 マル外マイネルエテルネル 牡5 54.0 A.シュタルケ 1:09.5 クビ 34.3 498 +10 西園正都 14
5 4 7 サフィロス 牡3 53.0 浜中俊 1:09.7 1 34.4 478 -4 手塚貴久 7
6 5 9 セイコーライコウ 牡8 57.0 三浦皇成 1:09.8 3/4 34.3 492 0 竹内正洋 11
7 1 2 スギノエンデバー 牡7 57.0 松山弘平 1:09.9 1/2 35.4 468 +12 浅見秀一 8
8 8 16 レンイングランド 牡3 53.0 国分優作 1:09.9 クビ 35.1 520 +14 矢作芳人 9
9 3 6 ウイングザムーン 牝6 55.0 秋山真一郎 1:09.9 ハナ 35.2 492 +2 飯田祐史 4
10 5 10 ペイシャオブロー 牡3 52.0 川島信二 1:10.0 クビ 34.6 494 +6 菅原泰夫 16
11 7 13 バーバラ 牝6 53.0 武豊 1:10.0 クビ 34.2 438 -2 小崎憲 5
12 1 1 メイショウイザヨイ 牝6 52.0 太宰啓介 1:10.1 クビ 36.0 510 0 南井克巳 12
13 2 4 メイショウツガル 牡7 54.0 幸英明 1:10.1 アタマ 35.2 470 +4 武田博 13
14 6 11 シゲルカガ 牡4 57.0 岩田康誠 1:10.1 ハナ 35.8 520 +10 谷潔 3
15 8 17 マル外ヘニーハウンド 牡7 56.0 菱田裕二 1:10.5 2 1/2 34.7 506 -4 吉村圭司 15
16 4 8 ニザエモン 牡7 53.0 岩崎翼 1:10.8 1 3/4 36.6 466 -2 佐々木晶三 17
17 3 5 ジャストドゥイング 牡3 53.0 A.アッゼニ 1:11.6 5 37.0 550 +12 中竹和也 10



15.11.08

11月8日レース後コメント(3着)
C.ルメール騎手「地下馬道から返し馬にいくまではとても元気でした。スタートは上手に出ましたが、1200mペース、特に前半はこの馬に少し忙しかったので促しながら追走しました。雨で馬場は悪かったのですが気にするようなところはあまりなく、直線で前にスペースが出来てからはいい脚を使ってくれました。今日は一生懸命走ってくれましたが、勝った馬が強すぎでしたね」
※今週中にグリーンウッドトレーニングに移動する予定です。



ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

ハンデは恵まれた!レッドオーヴァル近況(11/4,5) - 2015.11.04 Wed

レッドオーヴァル(ディープインパクト×コートアウト)
の近況が更新されました。

この馬本当によくフケのキーワードがきますね。。
ハンデは恵まれたと思うのでがんばってもらいたい!

レース予定:15.11.08 (日) 京都 / 10R 京洛S 芝1200 C.ルメール
アースソニック 57.0
ウイングザムーン 55.0
サフィロス 53.0
シゲルカガ 57.0
シャイニーホーク 54.0
ジャストドゥイング 53.0
スギノエンデバー 57.0
セイコーライコウ 57.0
ニザエモン 53.0
ニシノビークイック 53.0
ニンジャ 53.0
ネロ 55.0
バーバラ 53.0
ペイシャオブロー 52.0
ヘニーハウンド 56.0
マイネルエテルネル 54.0
メイショウイザヨイ 52.0
メイショウツガル 54.0
レッドオーヴァル 54.0
レンイングランド 53.0



15.11.04

(安田厩舎)
本日は芝コースにて追い切りました。
芝 88.1-68.4-51.5-36.5-11.8 G前強め
※今週8日(日)京都10レース・3歳以上オープン/京洛ステークス(ハンデ)芝1200mにC.ルメール騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。
助手「これまで坂路で追い切ってきましたが、レースの結果が伴っていないので、北海道滞在時のように本馬場で追い切って感触を確かめました。直線に向く前に手前を替えてくれましたし、自分でハミをとって最後まで止めることなく真面目に走っていました。ゴール前ではゼッケンを叩くくらいの刺激も与えておきましたが、今日の走りに関してはとても良かったと思います。あとはフケの状態だけですが、去年よりだいぶマシではありますが、後ろを歩いていた普段馬っ気が強くない馬でもオーヴァルに反応するくらいだったので、徐々に強まってきていると考えた方が良さそうです。レースで影響が出なければいいですね」

15.11.05

(安田厩舎)
本日は引き運動の調整でした。
※今週8日(日)京都10レース・3歳以上オープン/京洛ステークス(ハンデ)芝1200mにC.ルメール騎手で出走します。
安田調教師「追い切り後もフケはドーンとは来ていないようですし、状態は変わりありません。カイバもしっかり食べています。毎年この時期は思うような結果が出ていませんが、昨日の芝での追い切りでもシャープな動きを見せてくれたように、今は例年になく調教での動きや体調がいいようです。今回はメンバーを見渡しても負けられない1戦、何とか調教での動きの良さが実戦に結びついて欲しいと思っています」


スプリンターズS(G1) 7着時写真
album_RedOval_221.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

またも惨敗。ノースショアビーチ絶不調。 - 2015.10.24 Sat

ノースショアビーチ(父キングカメハメハ 母ビーチフラッグ)
の秋嶺ステークスは前走に続きまたも完敗でした。

重い腰をあげ東京競馬場にかけつけました。
いくらハンデ頭とはいえ、単勝オッズ20倍とかなりの低評価。
NB15102401.jpg
NB15102402.jpg
パドックでも横からみたときは立派な馬体と思いましたが、パドックの一番内側を
とぼとぼ歩いているような感じでした。

NB15102403.jpg
田中調教師がずっと一緒にまわりなにやら指示してます。

NB15102404.jpg

レースではスタートも進まずそのまま後方で。最後直線ももうひと伸びせずです。
うーん福島で快勝したときはすぐにOPに戻れると思いましたがこれが厩舎力なのか?

まず最近使ってよくなるといっているが、今年前半はほとんど1,2走で放牧です。
前走好調時にすぐ放牧にだし、不調にだして判断が鈍ってます。

ただ今回は放牧出せばいいというものではないと思います。
ハンデ頭の番組選定もありますが、調教しっかりやれていないのではないでしょうか?

調教タイムもかなり悪く、今日のパドックでもトモの幅の筋肉がうすいようにみえました。
坂路調教等後脚を鍛えなおさないとレースでは勝てないと思います。
前回好調時なのに長期放牧にだしてしまい、鍛えたボーナスが0になっている状態でしょう。
普通は調子よいときに使い、悪いときに放牧にだすものですが逆をしてしまってます。

山元トレセンはリフレッシュ中心で、一度山元で調教風景もみましたが、あれでは鍛えられない
と思われます。入厩してからいかに鍛えるか調教師の腕がとわれています。
OPからの降級馬なのにハンデ戦ばかり選択している調教師への信頼はかなり下がりました。

次は12/12(土)北総ステークス1800ダート定量
その後は、
12/27(土)フェアウルステークス中山1800ダート(1600)定量か
12/26(土)師走ステークス中山1800ダート(OP)ハンデ
で得意の中山で多く使えるようローテくんでほしい。

こんなところで終わってほしくないのでなんとか復活をお願いしたい。

レース結果:10月24日(土)東京・秋嶺S(ダート1600m・ハンデ)
1 5 9 マル外モーニン 牡3 54.0 C.ルメール 1:35.7   36.9 520 -8 石坂正 1
2 1 2 プロトコル 牡4 55.0 柴田大知 1:36.1 2 1/2 37.1 520 -6 牧光二 7
3 7 14 マル地ヒルノデイバロー 牡4 56.0 横山典弘 1:36.4 2 37.8 516 +2 昆貢 5
4 4 7 アルタイル 牡3 55.0 松岡正海 1:36.6 1 1/4 36.9 492 +10 手塚貴久 2
5 5 10 ノボバカラ 牡3 54.0 戸崎圭太 1:36.7 1/2 37.7 498 +6 天間昭一 3
6 8 15 コアレスキング 牡5 54.0 勝浦正樹 1:36.7 クビ 37.4 542 +8 尾形充弘 15
7 4 8 プラントハンター 牡5 54.0 柴山雄一 1:36.8 クビ 37.0 452 +6 水野貴広 13
8 6 11 シグナルプロシード 牡5 55.0 井上敏樹 1:36.9 1/2 37.1 522 +4 高橋義忠 11
9 1 1 サンレーン 牝5 53.0 福永祐一 1:37.0 3/4 38.6 482 -6 西園正都 4
10 8 16 スノーモンキー 牡5 56.0 岩田康誠 1:37.0 アタマ 37.3 448 0 相沢郁 9
11 3 5 メイショウゾンビ 牡6 54.0 木幡初広 1:37.1 1/2 37.8 478 -24 荒川義之 14
12 6 12 ノースショアビーチ 牡4 57.5 蛯名正義 1:37.2 1/2 37.7 488 -2 田中剛 8
13 2 3 ロードフォワード 牡4 55.0 石川裕紀人 1:37.4 1 1/4 38.4 458 0 高野友和 10
13 3 6 オメガブレイン 牡7 52.0 江田照男 1:37.4 同着 37.9 472 +6 古賀慎明 12
15 7 13 ウインマーレライ 牡4 57.0 M.デムーロ 1:38.2 5 39.0 502 +2 高木登 6
除外 2 4 マヤノオントロジー 牡6 55.0 秋山真一郎   494 -6 安達昭夫


2015年10月24日 美浦TC 10月24日(土)東京・秋嶺S(ダート1600m・ハンデ)に57.5kg蛯名騎手で出走し、馬体重は前走から-2kgの488kgでした。
レースでは、五分のスタートを切って押していきましたが、ダッシュがつかず中団のポジションとなりました。縦長の展開の中、道中はそのままの位置で脚を溜めて、3・4コーナーをカーブ。直線、外めに進路を取って追い出しを開始しました。しかし、ジリジリとした脚どりで前を捉えるまでの勢いは見られず、勝ち馬から1.5秒差の12着で入線しています。
「道中はペースが速く、中団からのポジションで間違ってはいなかったはずです。しかし、テンから行きっぷりは良くなく、道中も気合いをつけながらの追走で、脚が溜まらず終いはジリジリとした脚しか使えませんでした。気持ち的にも、以前のようなピリッとしたところがありません。見えない疲れがあるのか、走り方も上で支えていないと、前にダラッと垂れるような走りになってしまっています」(蛯名騎手)
「テンから追走にかけて、行きっぷりが良くありませんね。57kgで勝っているように、敗因は斤量にあるとは考えにくいですし・・・。調教で跨っていても、以前のような勢いはなく、ビュッとした伸びも見られなくなっています。気持ちの問題なのか、あるいは馬体なのか、どこに原因があるのかよく分かりません。レースが終わって問題ないことを確認していますが、トレセンに戻り、もう一度入念に馬体をチェックしてみます」(田中剛調教師)

2015年10月28日 美浦TC レース後は獣医師のチェックも仰ぎましたが、脚元を含めて特に問題はありませんでした。今後については、一旦リフレッシュ放牧を挟み、12月12日(土)中山・北総S(ダート1800m)あたりに向かうつもりです。明後日10月30日(金)放牧予定です。
「ここ2走、本来のパフォーマンスを発揮できていないので心配しましたが、どこか特定の箇所が悪いということではなさそうです。まるで走り切れていない様子で、レース後も眼の充血などはなく、ケロッとしています。このまま続戦していけるぐらいの状態ですが、ここは放牧を挟んで悪い流れを断ちましょう。砂を被ったことで気持ちが切れてしまった可能性もありますので、次はジョッキーを替えて、行きっぷりが悪くても強引に前へと行く、以前の戦法をとりたいと思います。芝スタートだと同じことを繰り返す可能性もあるので、最初からダートの中山戦に向かおうと考えています」(田中剛調教師)

2015年10月30日 山元TC 本日10月30日(金)山元TCへリフレッシュ放牧に出ました。到着後の状態を見ながら調整を進めて、12月12日(土)中山・北総S(ダート1800m)に向かえればと考えています。


レース写真
NB151024C01.jpg
NB151024C02.jpg
NB151024C03.jpg
NB151024C04.jpg
NB151024C05.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

またもハンデ頭。調教師の見通しの悪さに唖然。 - 2015.10.19 Mon

ノースショアビーチ(父キングカメハメハ 母ビーチフラッグ)
の近況が更新されました。

本日出走予定の秋嶺ステークスのハンデが発表され、またもハンデ頭でした。
秋嶺ステークス
アルタイル 55.0
ウインマーレライ 57.0
エンドレスノット 52.0
エーシンザヘッド 55.0
オメガブレイン 52.0
キャンバス 55.0
キョウエイバサラ 52.0
クライスマイル 57.0
クロスボウ 54.0
ゲマインシャフト 54.0
コアレスキング 54.0
サンレーン 53.0
シグナルプロシード 55.0
スノーモンキー 56.0
セイラ 52.0
タップザット 53.0
テンペル 53.0
ノボバカラ 54.0
ノースショアビーチ 57.5
パワーポケット 53.0
ヒルノデイバロー 56.0
プラントハンター 54.0
プロトコル 55.0
マノワール 55.0
マヤノオントロジー 55.0
マルケサス 53.0
ミヤジタイガ 56.0
メイショウスミトモ 54.0
メイショウゾンビ 54.0
メガオパールカフェ 55.0
モーニン 54.0
ロードフォワード 55.0

前回の近況で今度はハンデ軽くなるかも的なことかいてましたがそんなことはなくハンデ頭。
確実に出走できるがこのメンツで東京コースでかなり厳しいなと。
そもそもOP勝利、OP2着2回なのでハンデが重くなるのは当然。
定量戦を選ばないといけないのに2回連続ハンデ戦を選ぶという調教師の番組選定にかなり
疑問が生じます。

使ったほうがよいといいながら今年はほとんど使っていない(1,2戦で放牧)ですし、
その理由は関東に固執しているためで、関西や小倉等調子のよいときにもっと
つかっていればなぁという気持ちでいっぱいです。
関西の有力馬は関東にどんどん遠征にきていますしね。

いずれにしても出走する場合、惨敗だけはさけてほしいです。



2015年10月19日 美浦TC 今週10月24日(土)東京・秋嶺S(3歳以上1600万下・ダート1600m・ハンデ57.5kg)に特別登録を行っています。フルゲート16頭のところに本馬を含め32頭の登録があります。

2015年10月21日 美浦TC 今週10月24日(土)東京・秋嶺S(ダート1600m・ハンデ)に57.5kg蛯名騎手で出走を予定しています。想定段階では、フルゲート16頭のところに30頭の出走表明があるものの、トップハンデの本馬はハンデ上位3頭に該当しますので、確実に出走できます。
今日10月21日(水)ロゴタイプと併せて追い切りました。5Fから69.5-54.7-40.2-13.6秒の時計をマークしています。
「外めを通り、終いはしっかりと追いました。休み明けの前走を叩かれて、素軽さが出てきたように感じます。使われつつ良くなるタイプで、順当に上向いていますね。斤量も少し軽くなりますし、好結果を期待します」(田中剛調教師)

2015年10月22日 美浦TC 今週10月24日(土)東京10R(15:10)・秋嶺S(ダート1600m・ハンデ)に57.5kg蛯名騎手で出走が確定しています。このレースはフルゲート16頭立てになりました。


10/15写真
north15101501.jpg
north15101502.jpg

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

次もハンデ戦?ノースショアビーチ近況(10/7,14) - 2015.10.07 Wed

ノースショアビーチ(父キングカメハメハ 母ビーチフラッグ)
の近況が更新されました。

次もハンデ戦。毎回レース選択の読みがあまいので心配ですが
当日グランシルクも出走予定なので東京競馬場遠征の良い理由にはなりますね。
叩き2走目なのでがんばってほしい。



2015年10月07日 美浦TC レース後も疲れはほとんどありません。前走中に負った右後肢蹄球部の上の傷については、縫うまでにはいたらず、このまま厩舎で調整を続けていく方針です。今日10月7日(水)は厩舎まわりの運動を行いました。週末から乗り出していければと考えています。今後の状態次第ではありますが、次走は10月24日(土)東京・秋嶺S(ダート1600m・ハンデ)が本線です。
「前走はまともに走っていないので、すぐに息が入りました。どこかで脚を引っ掛けられてしまった影響もあったのでしょう。傷は幸い大事にはいたらず、少しずつ治ってきました。このまま調整を続けていくことができそうです。次走もハンデ戦で考えていますが、もうさすがに58kgは背負わされないでしょうし、きっちり巻き返したいところです」(田中剛調教師)

2015年10月14日 美浦TC 先週末から騎乗運動を再開し、今日10月14日(水)は角馬場でダク・ハッキングを乗ってから、ダートコース1周を普通キャンターで流しました。前走レース中に負った右後肢の傷はもう問題なく、週末・来週と速めを乗って、来週10月24日(土)東京・秋嶺S(ダート1600m・ハンデ)に向かう方向で考えています。
「ご心配をおかけしましたが、傷はもう乾いていますし問題ありません。疲れの溜まりやすい背腰については、マイクロ・レーザーでしっかりとケアしています。この状態であれば、来週のレースに向かうことができるでしょう。使いながら良くなるタイプで、巻き返しを期待したいと思います」(田中剛調教師)


10/4レース写真
north151004_01.jpg
north151004_02.jpg
north151004_03.jpg
north151004_04.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

まったく見どころなしで惨敗 ノースショアビーチ 内房Sは10着 - 2015.10.04 Sun

ノースショアビーチ(父キングカメハメハ 母ビーチフラッグ)
の久々の復帰戦は10着大敗でした。

OPでの実績、前走の圧勝もありてっきり1番人気だと思っていたのに
6番人気という低評価。少し嫌な予感しながらの応援でした。

スプリンターズS(G1)の後の静まり返ったパドックにて久々の再会。
north15100401.jpg
north15100402.jpg
north15100403.jpg
north15100404.jpg
馬体は悪くみえませんでしたが、やや入れ込んでいるような気が。
久々の分だったかもしれません。

レースではスタートもそこまで悪くないですが中段につける展開に。
最終コーナではすでにばて気味で直線ではまったくよいところなく惨敗。
ハンデもあったかもしれませんが、なくても今日の1着馬には完敗だったでしょう。

田中調教師は人柄はよい先生でほほえましいですが、
なぜあまり勝利できないのかよく分かったような気がします。
まず今回の敗戦は、
①ハンデが高くなるのは明白だったのになぜわざわざハンデ戦を使うのか?
②怪我でもないのに休み期間が多すぎる。
  叩いてよくなるといいつつ、前もその前も1,2戦ですぐ放牧にだしている。
  関西馬のように遠征させながら強くしないとダメ。
③調教が軽すぎる。今回のメンバーはそんなに甘くなかった。
  しかも長期の休み明けで息がはいっていなかった。
ということでしょう。

過去2回もくだしているストロングサウザーがあっさりOPに返り咲いたうえに勝利している
のをみると厩舎力の重要さが身にしみました。

次走東京ダート1600mは
10/24(土)秋嶺ステークス ハンデ
11/21(土)銀秋ステークス
とあるがハンデ戦だとまたハンデ重くなりそうなうえに長い直線の東京で苦戦が予想される。
11/8(日)銀嶺ステークス ダート1400mは関西への定量戦の遠征を考えてほしい。

10/24(土)だとグランシルクの富士S(G3)とかぶるのでそれはそれでよいのだが。。。

今日はショックを通り越してガッカリの敗戦でした。

レース結果:10月4日(日)中山・内房S(ダート1800m・ハンデ)
1 4 7 モンドクラッセ 牡4 56.0 三浦皇成 1:51.7   38.2 522 -2 清水英克 3
2 8 16 ミヤジタイガ 牡5 56.0 大野拓弥 1:52.5 5 38.6 502 +4 岩元市三 10
3 1 1 フォローハート 牝4 54.0 M.デムーロ 1:52.6 1/2 38.8 460 -2 河内洋 5
4 7 13 スノーモンキー 牡5 56.0 戸崎圭太 1:52.9 2 38.6 448 0 相沢郁 13
5 2 3 バンズーム 牡4 57.5 川田将雅 1:52.9 アタマ 38.2 470 0 久保田貴士 2
6 7 14 ショウナンアポロン 牡5 56.0 横山典弘 1:52.9 クビ 39.4 504 +8 古賀史生 9
7 6 11 キープインタッチ 牡5 57.0 北村宏司 1:53.0 クビ 38.2 504 0 古賀慎明 4
8 3 6 ドラゴンフォルテ 牡6 55.0 柴田善臣 1:53.2 1 1/4 38.7 480 -2 戸田博文 14
9 5 10 マイネルバウンス 牡6 55.0 柴田大知 1:53.4 1 1/2 38.4 492 0 伊藤大士 16
10 3 5 ノースショアビーチ 牡4 58.0 蛯名正義 1:53.5 クビ 39.2 490 0 田中剛 6
11 1 2 センチュリオン 牡3 54.0 吉田豊 1:53.7 1 1/2 39.6 510 -2 田村康仁 8
12 4 8 トウショウギフト 牡6 54.0 岩部純二 1:53.7 ハナ 38.7 536 +8 萱野浩二 15
13 2 4 アルタイル 牡3 55.0 松岡正海 1:53.8 クビ 39.2 482 0 手塚貴久 1
14 8 15 キネオイーグル 牡4 55.0 岩田康誠 1:54.1 2 40.1 504 -2 高柳瑞樹 7
15 6 12 セブンフォース 牡5 55.0 C.ルメール 1:54.2 クビ 39.8 552 -2 高野友和 11
16 5 9 コアレスキング 牡5 55.0 酒井学 1:54.4 1 40.2 534 -4 尾形充弘 12


2015年10月04日 美浦TC 10月4日(日)中山・内房S(ダート1800m・ハンデ)に58kg蛯名騎手で出走し、馬体重は前走7月の福島戦から増減なしの490kgでした。
レースでは、多少ゆっくりとしたスタートになり、押していきましたが、外の馬のダッシュが早く、中団前めのポジションからとなりました。道中は好位グループを見ながらレースを進め、3コーナー過ぎでは右ムチを入れて進出を開始。インの利を生かして徐々に順位を上げながら直線へ。前をいく先行勢を捉えに掛かりましたが、ジリジリとした脚色で伸びを欠き、勝ち馬から1.8秒差の10着でゴールしています。
「斤量が影響したのか、久々の分なのか、モサモサしてまるで進んで行かなかったです。道中は押してもハミをくわえず、上ずって走っているような印象を受けました。勝負どころを含めてサッと反応できず、直線でも広いところに出したわりに伸びませんでした。けっしてバテているわけではないのですが…。休み明けの今回を叩かれて良くなるはずで、また次走に期待してください」(蛯名騎手)
「久々の分もありましたし、腹回りはドッシリしていましたが、多少、馬体がこじんまり映りました。元々、使って良くなるタイプですから、次は上積みが期待できるはずです。次走については、状態を確認してからになりますが、東京のダート1600mを視野に入れていきたいと思います」(田中剛調教師)
その後、田中剛調教師から連絡があり、「右後肢蹄球の上、繋の付近に外傷が見つかりました。どうやらレース中に、他馬に引っ掛けられて、切れてしまったようです。すぐにケアして様子を見たいと思います」とのことでした。




ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

見せ場は作った!レッドオーヴァルがスプリンターズS(G1)7着 - 2015.10.04 Sun

レッドオーヴァル(ディープインパクト×コートアウト)
のスプリンターズS(G1)の生観戦に中山競馬場にいきました。

おそらく最後のG1挑戦ということもあり生観戦にいきました。
さすがにG1だけあってパドックは人だかりでした。
RO15100403.jpg
RO15100402.jpg
RO15100401.jpg
スプリンターズに出る馬にしてはやや華奢にみえましたが出来はよさそうでした。

RO15100404.jpg

レースはスタートよく前につけてくれました。
そしてそのまま好位をキープし、直線へ。
一瞬夢をみれましたね。オーヴァルも33秒代の脚をつかっていましたが
中山の坂はさすがにタフでどんどん交わされました。
それでも前のほうでレースを運んだ馬では先着していますし本当によくがんばった
7着だと思います。

できればタイトルとらしてあげたいけど、次のレースは未定のようなので
まずは疲れをいやしてほしい。

それにしてもストレイトガールは6歳なんですね。社台Gのクラブ馬は6歳3月で
引退ですが、この馬はそのあとG1を2つ勝利しています。こういうこともあるんですね。

レース結果:15.10.04 (日) 中山 / 11R スプリンターズS 芝1200 未定
1 1 2 ストレイトガール 牝6 55.0 戸崎圭太 1:08.1   33.1 462 0 藤原英昭 1
2 2 4 サクラゴスペル 牡7 57.0 横山典弘 1:08.2 3/4 33.4 482 -10 尾関知人 11
3 3 6 ウキヨノカゼ 牝5 55.0 四位洋文 1:08.3 クビ 32.8 478 -6 菊沢隆徳 9
4 7 13 ミッキーアイル 牡4 57.0 浜中俊 1:08.3 アタマ 33.8 478 -2 音無秀孝 4
5 6 12 ウリウリ 牝5 55.0 岩田康誠 1:08.3 クビ 33.1 466 +2 藤原英昭 3
6 1 1 シカク外リッチタペストリー せん7 57.0 C.ルメール 1:08.3 アタマ 33.4 500 -1 C.チャン 6
7 6 11 レッドオーヴァル 牝5 55.0 蛯名正義 1:08.4 1/2 33.6 442 -2 安田隆行 12
8 3 5 スギノエンデバー 牡7 57.0 松山弘平 1:08.6 1 1/2 33.4 456 -6 浅見秀一 15
9 5 9 アクティブミノル 牡3 55.0 藤岡康太 1:08.7 クビ 34.2 476 0 北出成人 8
10 8 16 ティーハーフ 牡5 57.0 国分優作 1:08.8 1/2 33.1 454 +2 西浦勝一 7
11 2 3 マル外リトルゲルダ 牝6 55.0 川田将雅 1:08.8 ハナ 33.7 496 -4 鮫島一歩 14
12 4 8 ハクサンムーン 牡6 57.0 酒井学 1:08.8 クビ 34.7 480 -6 西園正都 5
13 4 7 ベルカント 牝4 55.0 武豊 1:08.9 クビ 34.2 482 -8 角田晃一 2
13 8 15 コパノリチャード 牡5 57.0 M.デムーロ 1:08.9 同着 33.9 490 -6 宮徹 10
15 7 14 フラアンジェリコ 牡7 57.0 北村宏司 1:09.2 1 3/4 33.4 520 +2 斎藤誠 13
取消 5 10 マル地マジンプロスパー 牡8 57.0 三浦皇成   中尾秀正


15.10.04

10月4日レース後コメント(7着)
蛯名騎手「返し馬は気合いが入っていましたが、先出しでしたので、自分のリズムで良い流れで走れていましたよ。スタートが思ってたよりも速く出たので、ひとつ前の10Rが前半の3ハロンの入りが33.9で前残りの決着でしたし、道中はそれと同じくらいのペースだったことも考えて、ある程度前目の位置で競馬をしました。ゆったりとした流れでも、折り合い面に関しては問題なかったと思います。終いの脚はありますが、自分のイメージではキレキレの脚を使うタイプではないと思っていたので、道中の位置取りはちょうど良かったですね。4コーナーを楽に回って来られて、追い出してからは勝てると思いましたが、最後は決め手の差でやられてしまいました。それでもこの馬の力は出し切ることができましたし、後ろから行けば良かったという後悔もありません。初めて乗せていただきましたが、やはり力のある馬ですよ。残念な結果になりましたが、今回乗せてもらうことが決まり、絶好調に仕上げてくれた厩舎サイドに感謝しています。ありがとうございました」

安田調教師「今年も直線で夢を見ました。展開も嵌って勝ったと思ったのですが・・・うーん悔しいですね。それでも蛯名騎手は完璧に乗ってくれて、いつもと違って前目でも競馬ができると分かったのは収穫です。一緒懸命に頑張ってくれたオーヴァルにも感謝の気持ちでいっぱいですし、褒めてあげたいと思います。ここを目標にしてきたので今後のプランなどは決まっていませんが、まずは馬体のケアを優先に進めさせてもらいます」

15.10.07

(安田厩舎)
本日は引き運動の調整でした。
安田調教師「目一杯に仕上げて競馬に臨んだ割にはいつもの競馬後と一緒で元気がありますし、特にへたったという感じはしません。毛がさらに伸びていますが、フケはひどくなっていませんし、状態はそれほど変わりないように思います。今後についてですが、去年もそうでしたが、寒くなるにつれて状態が下降してくる馬ですし、今休養に出すとずっと張り詰めていたものが緩んで体が萎んでしまう可能性があるので、このまま厩舎で調整し、本当に寒くなる前に一度出走させること決めました。今のところ、31日(土)のスワンS(京都/芝1400)か、その翌週の京洛S(京都/芝1200H)を目標に進めていく予定ですが、スワンSは現時点では出走できるかも分かりませんし、上位のジョッキーが空いていないこともあるので、京洛Sに岩田騎手で向かうことになると思います」

15.10.08

(安田厩舎)
本日は引き運動の調整でした。
助手「今日は1時間ほど引き運動を行いました。運動中はおとなしく歩いていましたが、馬房では隣の馬と一緒になって首を振るなど元気が有り余っている様子です。馬体重も450キロまで回復してきていますし、カイバもよく食べているので、もうちょっと増えてきそうな感じです。いつでも乗り出せそうな雰囲気ですが、週末から軽めに乗り出そうと考えています。昨日、次走のジョッキーについて岩田騎手とお伝えしましたが、先に声をかけていたC.ルメール騎手が当日京都で騎乗することが決まったため、C.ルメール騎手に変更させていただきます」

15.10.14

(安田厩舎)
本日は坂路1本の調整でした。
 坂路 75.7-55.1-36.6-18.4 馬なり
助手「日曜日から乗り出したので、調教は今日で3日目。調子が落ちたということはありませんが、全体的に硬さが感じられるので、来週速いところをやるまでは体をほぐすことを優先し、軽めの調整を続けていくことにしています。牧場にいても同じような調整をしていると思いますし。去年の今時期はフケが酷かったのですが、今のところは尻尾を振る程度で去年ほど酷い状態ではなく、まだちょっと気になるかなというレベルです。カイバもいつも通り食べていますし、元気もあります」

15.10.15

(安田厩舎)
本日は坂路1本の調整でした。
 坂路 66.3-49.2-32.6-16.7 馬なり
助手「今日も坂路で軽めに調整しました。馬場があまり良くなかったので脚を取られていましたが行儀よく走ってくれました。坂路で調整した帰りにゲート練習に行く2歳馬のリード役を務めましたが、久々の場所でも物見をすることなく落ち着いて歩いていました。精神面では安定しているようです。来週から少しずつ負荷をかけていく予定です」

15.10.21

(安田厩舎)
本日は坂路1本の調整でした。
 坂路 68.0-50.4-32.7-16.3 馬なり
助手「明日追い切る予定なので、今日は普通キャンターで調整しました。スプリンターズSの時よりだいぶ毛が伸びてフワフワしているくらいですが、カイバは食べていますし、体調はずっとキープしていると思います。フケも日を追うごとに出てきてはいますが、今の時点で走りに影響するようなものではありません。明日追い切ってからどうなってくるかですね。次走は京都開催ですが、パドックからの地下道が長いのでこちらが何もしなくてもオーヴァル自身が気持ちを乗せるだろうとみています。マイルCSに出走した時が、地下道で興奮して危ないくらいだったので。それを見込んで今回は気持ちを入れることよりも身軽さだけを求める調教内容で競馬に臨もうと考えています」

15.10.22

(安田厩舎)
本日は坂路にて追い切りました。
 坂路 53.3-38.7-25.3-12.6 馬なり
助手「前半はゆっくりいって55秒か56秒くらいでと考えていたのですが、何度も馬場で脚を滑らせてムキになりそうだったので、無理に辛抱させず解放して走らせました。その方が馬への精神的な負担も少なくなりますしね。調教の行き帰りでも尻尾を振っているのが目立つようにフケは徐々に強まっています。順調に調整は積んでいますし、内臓面も問題なさそうですが、フケのことがあるので現時点ではいいとも悪いとも言えません」

15.10.28

(安田厩舎)
本日は坂路1本の調整でした
 坂路 77.3-56.4-36.8-18.5 馬なり
助手「時々機嫌が悪くてテンションが高いことがあるのですが、昨日がそうだったので大きめの時計を出してガス抜きをしておきました。そのため今日は軽めに留め、明日追い切る予定です。カイバも食べていて体調は問題ありませんが、フケがきていて尻尾を振りながら走るなど横着な面が目立っています。調教で走るバランスを崩して怪我をすることがないように注意して進めています」

15.10.29

(安田厩舎)
本日は坂路にて追い切りました。
 坂路 53.1-38.4-25.1-12.5 馬なり
助手「全体で53秒か54秒くらいでとは考えていましたが、時計はそこまで意識していませんでした。前半から走ることに集中していましたし、徐々に加速していく内容も予定通りでした。来週も同じような内容でやって追い切って競馬に向かえればいいと考えています。ここ数日、調教から厩舎までの帰りに後ろに馬が来るとピタッと止まってしまうようにフケの兆候が徐々に強まってきている印象です。今のところ調教の走りには見せていませんが、今日追い切ったことでどうなってくるかですね」


スプリンターズS(G1) 7着時写真
album_RedOval_221.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ

一口馬主 ブログランキングへ My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR