topimage

一口馬主として心掛けたい10カ条 Ver2015 - 2015.05.31 Sun

本日 日本ダービーも終了し、来週からは2014年度募集馬もデビューを
はじめます。一口馬主界でも社台・サンデー・G1の合同北海道募集馬見学が
6月にありますし、いよいよ2015年度募集馬シーズン突入です。

今年のクラシックは、キンカメ産駒のドゥラメンテが皐月賞、日本ダービーの2冠。
同じく代表産駒のキンカメ産駒のレッツゴードンキが桜花賞、とキンカメ産駒が爆発しました。
ディープ産駒もミッキークイーンのオークス、サトノラーゼンのダービー2着、リアルスティールの
皐月賞2着、クルミナルが桜花賞2着、オークス3着と意地はみせてくれました。

大きいところ取りたければ、ディープ、キンカメ、そして昨年爆発したハーツクライ、
大物がでるステイゴールド。このあたりまでを狙うしかないです。種牡馬四天王です。
ダートでもつぶしのきくキンカメ産駒は一口馬主としては理想的でね。

さて、一口馬主として7年目の馬選びです。今回も昨年同様10カ条をきめて、
その場の気持ち、出資したい欲望にかられないようにしたいと思います!

2015年度版 一口馬主として心掛けたい10カ条

第1カ条 厩舎×種牡馬で選べ
  ・・・良い騎手には良い馬が回るように、良い厩舎には良い馬が回ります。
    今回のクラシック上位をみても堀厩舎、池江厩舎など実力厩舎が上位にきています。
    クラシックを狙う1,2頭は種牡馬四天王と人気厩舎の組み合わせで選びたい。
    堀厩舎は出資していないので一度は出資してみたいです。

第2カ条 ディープ産駒は関西馬(特に牡馬)だけとする。
  ・・・昨年に引き続きです。
    中山での適正、厩舎の西高東低を考えて高額馬ディープ産駒は関西馬が無難。
    通算のディープ賞金ベスト20では関東馬はなんと3頭のみ。
    13年産のディープ賞金ベスト20では7頭のみと巻き返しみられますがやはり高額だけに
    関西所属が無難でしょう。

第3カ条 海外からの新種牡馬には手はださない。
  ・・・昨年からリニューアルし、海外からの限定条件を追加しています。
    追加理由はルーラーシップは面白そうだから。キンカメ産駒が高騰する代わりとしては魅力。
    一方、海外からの新種牡馬はハービンジャーをみても爆発までは難しく様子見してからがよいかと。

第4カ条 少数口(40口~100口)はバットを短くヒット狙い。
  ・・・昨年に引き続きです。
    予算規模でいくなら40口では牡馬ならダート路線、長距離路線。
    牝馬なら何とか芝路線という感じで攻めたい。

第5カ条 多数口(400~500口)はホームラン狙い。
  ・・・昨年に引き続きです。
    多数口ではクラシック優勝を意識できる馬を選びたい。
    種牡馬四天王のディープ、キンカメ、ハーツ、ステイから数頭出資したい。

第6カ条 生産・育成ともノーザンファーム募集馬狙い
  ・・・昨年の「牧場はノーザン重視」からさらに強化。
    生産牧場でいうと、ノーザンファーム◎、社台ファーム○、白老ファーム▲、以下追分+日高という感じ。
    育成牧場でいうと、ノーザンファーム早来◎、空港◎、社台ファーム○、以下追分+日高という感じ。
    追分生産馬はなかなか勝利すらままならない状況。狙うなら白老ファーム生産+リリー育成。

第7カ条 一流厩舎でも得手不得手はある。
  ・・・去年から引き続き。
    音無厩舎は牝馬の育てかたは下手、安田厩舎は短距離馬はうまいが中長距離で
    はなかなか勝てない。これらの厩舎はできるだけ性別適性も考えて選定したい。
    ちなみに昨年は池江厩舎も牝馬駄目と書いてましたがミッキークイーンがでましたね。

第8カ条 厩舎選びのポイントは放牧の出し方?
  ・・・去年から引き続き。
    自分や他の人のブログをみてて思うのは、角居厩舎、石坂厩舎は、
    負けて権利がなくても厩舎において、いろんな条件を模索して使いながら強くしています。
    もちろん強くならない馬も多いでしょうが、試行錯誤してくれるかどうかは満足度が違います。
    権利がとれないときに厩舎においてがんばってくれる厩舎を選びたい。

第9カ条 近親には必ず重賞馬がいること。
  ・・・去年から引き続き。
    活躍する条件として、母親、兄弟姉妹、祖母、叔父叔母に重賞馬がいる
    かはかなり重視します。  祖母、叔父叔母ならG1級が欲しいところ。
     ここだけ意識するだけでもだいぶ違うような気がしています。

第10カ条 いっぱい馬は買わない。
  ・・・去年から引き続き。
    この趣味の魔力はとにかく馬が欲しい欲しいになるため我慢しないといけません。
    出資頭数は、5頭⇒6頭⇒5頭⇒5頭⇒7頭⇒8頭とさらに昨年増やしてしまったので、
    今年は前年比マイナス目標になんとか我慢しないといけないと自覚します!!

特に昨年守れなかった第10カ条は何としても守りたいです!!

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

ブログ プチリニューアル! - 2014.10.19 Sun

週末にかけてブログをプチリニューアルしました!

といっても大層なことはしてませんが。。。

まずは、新しいブログランキングサイトへの参加です。

今まで参加していたにほんブログ村とはまた違うブログが集まっております。
こちらのランキングサイトからはじめておこしいただいている方はこれからもよろしくお願いします。

あとはFC2ブログの機能活用です。
左にある月別カテゴリ、ジャンル別カテゴリをプライン機能をつかってすっきりさせました。
今まで左側がかなり長ったらしかったですが、コンパクトになりました。
もっと早く気がつけばよかったです。

そして各記事への関連記事の表示です。
カテゴリ内の前後の記事を表示する機能のようです。

それでは引き続き当ブログをよろしくお願いします。

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

一口馬主 年間スケジュール ストーブシーズン突入! - 2014.10.17 Fri

まさに心を削る戦いのドラフトも終了しました。
ロード等に加入されている方はまだ楽しめますが、私はシルクで一応終了です。

私の一口馬主 年間スケジュール
4月G1予定馬発表
5月
6月G1募集開始
7月G1申込完了 東サラ予定馬発表 シルク予定馬発表
8月東サラ募集開始 東サラ申込完了
9月シルク募集開始
10月シルク申込完了
11月
12月馬名応募
1月馬名完了
2月馬名発表 年間の収支表がクラブから到着
3月確定申告 キャンセル募集

いやあ4月のG1予定馬発表から10月のシルク申込完了まで半年も出資馬のことばかり。
1年の約半分こういうことをしているんだなと改めて思いました。

さてこれからはストーブシーズンに入るのですが、馬名応募というもう一つの楽しみがあります。

自分の考えた馬名が採用されるのは本当にうれしいし愛着もわきます。
ぜひ13年産も1頭は採用されるよう今から検討開始です。

あと、私はよほどのことがない限り追加出資したくないですが、
シルクはこれから外国産馬募集もあるでしょう。12月~5月。
まさにストーブシーズンをなくす、年中出資検討への誘いです。

アメリカのセールの中でも実際走ってタイムもわかるセールは良い馬が多そうな
イメージです。円安傾向なのでお買い得感は薄れるかもしれませんが少し期待します。

さらに3月前後では各クラブのキャンセル募集もあるでしょう。
イタリアンレッド13、パーシステントリー13が応募されたら申込たいところです。

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
にほんブログ村 応援クリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 応援クリックお願いします!

主要クラブ 11年産通信簿(社台が圧勝!キャロは相変わらず優秀。) - 2014.10.11 Sat

11年産もスーパー未勝利が終了し1クール終了しましたので、
昨年同様主要クラブの通信簿をつけてみました。
(数値は微妙にずれがあるかもしれませんがご容赦ください。)

club11y.gif

上記の表は各クラブの平均値であったり勝ち上がり率であったりします。
青が7クラブで1番よかったもの、赤が1番目に悪かったものです。
薄青は2番目によかったもの、薄赤が2番目に悪かったものです。
灰色は昨年の成績です。

今年は社台が非常にがんばった年でしょう。
昨年と比較しても成績が大きくあがっています。
イスラポニータがクラブ全体をひっぱりましたね。

キャロットは昨年に比べると成績おちてますが大きいレースもいっぱいとってますし、
大口クラブでは圧倒的NO1クラブです。

出資クラブでは、東サラがかなりがんばってます。
勝ち上がり率NO1は相当がんばってます。何度かブログでもいっていますが、
馬をみる確かな目を持つスタッフがいるのでしょう。

逆にG1は値段が高いわりに成績がまったくふるいません。。。
まじめにテコ入れしないと会員離脱が予想されますね。1期生から参加しているのでがんばってほしい。

シルクは募集価格はあがっているが成績は下降気味です。
3勝馬が0というのも意外でした。今年はさらに価格もあがって物議もかもしているので、
走ってこないと会員離脱の可能性もあります。

12年産はどういう成績になるのか?
今から楽しみです。

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
にほんブログ村 応援クリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 応援クリックお願いします!

一口馬主として2014年度募集馬で心掛けたい10カ条 - 2014.05.17 Sat

2013年度募集馬もまだデビューしていないのですが、
すでに一口馬主シーズンとしては2014年度募集馬シーズンにはいっています。

社台・サンデー・G1の募集価格がでたわけですが、ディープ産駒の高騰ぶりは
驚くばかりです。
種付け料が2000万円に大幅アップしたとしても、繁殖牝馬の価値は基本変わらない
わけで一部の1億円OVERの牡馬の価格にはびっくりです。

一方、私としても6年目の馬選びです。過去の経験を活かして過去最高の馬を選びたいです。
自分なりの哲学をもたないとと思いますので、10カ条を考えました。

第1カ条 ディープ産駒は関西馬(特に牡馬)だけとする。
  ・・・中山での適正、厩舎の西高東低を考えて高額馬ディープ産駒は関西馬が無難。
    今回は特に強く意識したい。

第2カ条 新種牡馬には手はださない。
  ・・・多くのサンデーの孫種牡馬や輸入種牡馬がデビューしますが、日本実績のある
    エンパイアメーカー以外は手がだしづらい。
    ヴィクトワールピサはドバイワールドCを勝利しているので一発ありそうだが、
    思ったよりもだいぶ高そうなので困ったもんです。

第3カ条 少数口(40口~100口)はバットを短くヒット狙い。
  ・・・例年の予算規模でいくなら40口では牡馬ならダートか短距離路線、
    牝馬なら何とか芝路線という感じで攻めたい。
    牡馬だとキンカメ、ダイワメジャー、シンボリクリスエス、ゴールドアリュール産駒。
    牝馬だとステイゴールド、マンハッタンカフェ産駒。

第4カ条 多数口(400~500口)はホームラン狙い。
  ・・・40口では無理なディープ産駒もこちらでは攻めれます。
    ただそれでも高そうですけど。。。
    牡馬だとディープ、キンカメ、ハーツクライ産駒。
    牝馬だとディープ、ステイゴールド産駒を選びたい。

第5カ条 NG厩舎には手をださない。
  ・・・出資して初めて分かるストレスのかかる厩舎。
    関東だと予定がころころ変わるF厩舎、権利ないと必ず放牧されるK厩舎、
    関西だと馬の適正を見抜けないM厩舎とかはNGでよほど馬が気にいる
    以外絶対出資はしないです。

第6カ条 一流厩舎でも得手不得手はある。
  ・・・池江厩舎、音無厩舎は牝馬の育てかたは下手、松田博資厩舎はその逆
    となぜか得手不得手あり。安田厩舎は短距離馬はうまいが中長距離で
    はなかなか勝てない。これらの厩舎はできるだけ性別適性も考えて選定
    したい。松田博資厩舎は1度は出資したかったですが。

第7カ条 厩舎選びのポイントは放牧の出し方?
  ・・・自分や他の人のブログをみてて思うのは、角居厩舎、石坂厩舎は、
    負けて権利がなくても厩舎において、いろんな条件を模索して使いながら強くしています。
    もちろん強くならない馬も多いでしょうが、試行錯誤してくれるかどうかは満足度が違います。
    権利がとれないときに厩舎においてがんばってくれる厩舎を選びたい。

第8カ条 牧場はノーザン重視。
  ・・・馬の質、育成、しがらき天栄など入厩後の施設利用を考えてもノーザンが
    圧倒でしょう。千歳空港からも近いので見学にもいきやすいですからね。
    社台もレッドオーヴァル、ノースショアビーチで楽しませていただいたので
    大幅に評価を見直し中。 
    よほど馬が良くない以外はノーザン・社台に限定しておきたいです。

第9カ条 近親には必ず重賞馬がいること。
  ・・・活躍する条件として、母親、兄弟姉妹、祖母、叔父叔母に重賞馬がいる
    かはかなり重視します。  祖母、叔父叔母ならG1級が欲しいところ。
     ここだけ意識するだけでもだいぶ違うような気がしています。

第10カ条 いっぱい馬は買わない。
  ・・・この趣味の魔力はとにかく馬が欲しい欲しいになるため我慢しないといけません。
    出資頭数は、5頭⇒6頭⇒5頭⇒5頭⇒7頭と昨年増やしてしまったので、
    今年は6頭以内を目標になんとか我慢しないといけないと自覚します!!

特に第10カ条は何としても守りたいです!!

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
にほんブログ村 応援クリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 応援クリックお願いします!

一口馬主として今気になること - 2013.10.13 Sun

シルクホースの出資馬も確定し馬選びは一段落つきました。
本日の秋華賞はメイショウマンボが2冠達成とある意味夢のある結果でした。
ディープインパクト産駒ばかりがG1とっていると面白くないですからね。

そんななか一口馬主として気になっていることをつらつらと書きます。

第1位 レッドクラウディアはJBCレディスクラシック出走できるのか?

最近毎日のように気になる話題がこれです。
今年牝馬ダート初のJPN1が開催されます。しかも1500m。これはチャンス。
ただしクラウディアは今年3着が多く本賞金がかせげず現時点では補欠候補。
上位候補もトシキャンディや惨敗してますしサダムグランジュテも距離がどうかと
あるので2頭くらい回避してくれたら出走できるのですが。。なんとか好条件なので
ここに出走してほしいと毎日気が気でありません。

第2位 北海道牧場見学をしてみたい
12年産を出資したので見学にいきたいですね。6月にあったアルスノヴァ12に
再会したいですし、シルクの新規出資馬6頭にも興味しんしん。ちょうどエレインも空港にいるので
一気にあうチャンスです。あとはレッドデイヴィスも北海道にいるのであってきたいなぁ。

第3位 レッドレイヴン、レッドオーヴァルは勝利を
この世代の牡馬牝馬エースが来週、さ来週とレースです。
条件等はあうのでよいレースしてほしい。レイヴンはオープン昇格して飛躍の秋になってほしい。
オーヴァルは距離や斤量で恵まれるので勝利のチャンスもあると信じています。

第4位 チャードリーにあいにいく
セグチRC茨城に放牧中のチャードリー。セグチRC千葉に放牧中に会いに行こうかと思いましたが
タイミングあわずにあえませんでした。あって気合を注入したいところです。

第5位 年間目標達成にむけて
そろそろ12月。年間目標達成にむけて勝ち星を増やしたいところ。
放牧中のウインドストリームあたりに期待したいところ。
不振の11年産はノースショアビーチ、レッドオーラムで何とか今年中の勝ち上がりを期待したい。

レッドクラウディアは初めて口取りした馬ですし、地方重賞でよくきているので一番応援にいっているかな?
募集当時人気なく結構売れのこっていましたが、最初から出資したので思い入れもかなりあります。
そんなクラウディアに大きいところをとって繁殖にあがってほしい
そんな思いで最近は胸がいっぱいです。がんばってほしいです。

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
にほんブログ村 応援クリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 応援クリックお願いします!

主要クラブ 10年産通信簿(キャロット圧勝 社台サンデーは大苦戦) - 2013.10.06 Sun

10年産もスーパー未勝利が終了し、一区切りがつきました。
昨日出資クラブで比較しましたが、興味がわいたので社台、サンデー、キャロット、ラフィアンの
主要クラブも追加して比較してみました。数値は微妙にずれがあるかもしれませんがご容赦ください。

10年産主要クラブ

上記の表は各クラブの平均値であったり勝ち上がり率であったりします。
青が7クラブで1番よかったもの、赤が1番目に悪かったものです。
薄青は2番目によかったもの、薄赤が2番目に悪かったものです。

普段は意識しない他クラブですが、成績だけでいえばキャロット圧勝です。
ここまで強力なクラブになっていたとは驚きです。毎年の人気もうなづけます。
バックにはノーザンがいるのでやはりノーザン強なのでしょうか?

一方通常は好成績の40口クラブ 社台、サンデーはかなり悲惨な状況です。
馬の値段が高いわりに獲得賞金が少ない状況です。
特にサンデーが想像以上に苦戦していましたね。
理由は2つ考えられます。
拡大中のキャロやシルクなど小口クラブにいい馬をまわしたこと。
オルフェやジェンティルドンナなど活躍馬がサンデーで多すぎで個人馬主等からの圧力をかわすこと。
いずれにしても意識して成績を下げているのであれば馬をみれているということなのでしょう。

社台はとにかく募集価格が高いです。成績にあわせて下げていかないと売れ残り傾向は継続しそう。
ノーザンとちがってしがらきや天栄のようなサテライト牧場も作っていないですし、そろそろ
投資を考えないとノーザンとの差は開く一方かもしれないです。

ラフィアンは思った以上に健闘はしています。
出走数が多いので出走手当を考えたら賞金上位ですね。安い馬がいっぱい走って回収率を高めるという
一口馬主としてはリスクが小さい楽しめそう。

この中でもシルクは貢献しており募集価格の安さを考えるとキャロと肉薄した唯一のクラブだったでしょうね。

さて今日はいよいよオルフェ、キズナの凱旋門賞挑戦です。
私もグリーンチャンネルモバイルでライブ視聴しようと思います。


にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
にほんブログ村 応援クリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 応援クリックお願いします!

10年産出資クラブ別通信簿(獲得賞金、勝上り、ベスト5比較など) - 2013.10.05 Sat

10年産もスーパー未勝利が終了し、一区切りがつきました。
現在東サラ、G1tc、シルクの3クラブに入っています。(シルクは11年産ですが。)
各クラブの実力はどの程度だったのか通信簿をつけてみました。

10年産比較


上記の表は各クラブの平均値であったり勝ち上がり率であったりします。
青が3クラブで1番よかったもの、赤が悪かったものです。

結果をみるとシルクホースクラブが大貢献だったのがよくわかります。
とにかく募集価格が安い。そのわりに出走数が多く、あたりも混ざっているという理想的な状況です。
おそらくシルクがよいというのもあるのでしょうがノーザンファームが裏にいるというのも理由でしょう。
この結果だけみるとシルクに入ってよかった方向性としてよかったということになります。

一方G1tcは募集価格がかなり高かったわりに成績がふるいませんでした。。
勝ち上がり率は前年同様かなりよかったのですが怪我等で使えなかった馬が多かったのが理由でしょう。
この世代募集時はかなりレベルが高いと思いましたが、値段=成績でないというのはシルクも含めて
改めて考えなければいけない結果です。

東サラはこの世代は大貢献でしょう。前年に比べてかなり成績が改善されたはず。
クラシックもにぎわした馬が多いですし、この成績が続けば魅力はありますね。

さて、この時点での各クラブのベスト5(賞金額)は下記になります。
東サラ
1位 レッドオーヴァル 牝 3,600万 7,119万 7戦2勝 OP
2位 レッドアリオン 牡 4,800万 6,914万 11戦2勝 OP
3位 レッドルーラー 牡 3,600万 3,644万 6戦3勝 OP
4位 レッドレイヴン 牡 3,400万 2,993万 5戦2勝 1600万下
5位 レッドセシリア 牝 2,000万 2,574万 3戦1勝 500万下

G1tc
1位 コレクターアイテム 牝 2,000万 5,087万 7戦2勝 OP
2位 ラウンドワールド 牡 5,000万 3,973万 6戦2勝 OP
3位 ノーブルコロネット 牝 3,600万 1,846万 7戦1勝 500万下
4位 ウインドストリーム 牝 3,000万 1,509万 9戦1勝 500万下
5位 ヴィルジニア 牝 2,800万 1,400万 3戦1勝 500万下

シルク 
ローブティサージュ 牝 1,500万 9,337万 7戦2勝 OP
フラムドグロワール 牡 4,000万 6,858万 8戦2勝 1600万下
ラストインパクト 牡 3,500万 5,729万 9戦3勝 1600万下
シャトーブランシュ 牝 1,000万 3,971万 7戦2勝 OP
サムソンズプライド 牡 1,800万 3,927万 12戦3勝 OP

シルクは安い馬でもG1勝利したりとすごいことになっています。

10年産のこの時点での通信簿は、シルクさんよくできましたになるでしょうね。
にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
にほんブログ村 応援クリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 応援クリックお願いします!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ

一口馬主 ブログランキングへ My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR