FC2ブログ
topimage

キャロット 最優先候補馬 徹底分析!!!(後編) - 2019.09.09 Mon

一口馬主界最大のイベント、キャロット募集も来週木曜日までです。

各種情報から、×なしでも最優先だと何とか滑り込めないかという馬で、
8頭ピックアップしました。
(前編)
1 ヒストリックスターの18 158.5 175.5 20.8 470 NF空港
7 アゼリの18 151.0 173.5 19.0 425 NF早来
9 シユーマの18 158.5 177.5 21.0 460 NF早来
14 マリアライトの18 156.0 178.0 20.0 455 NF空港
(後編)
42 ポロンナルワの18 151.5 172.5 20.0 410 NF早来
48 リリサイドの18 153.0 174.0 20.0 435 NF早来
61 シンハライトの18 162.0 183.5 23.4 502 NF早来
63 シーザリオの18 156.0 173.0 20.5 449 NF空港

どれも×なしでは厳しいくらい良い馬ですが、どれも高額なので、ばらけて
くれるかなぁと期待しています。

しかし、今年のキャロットは、社台・サンデー・G1・シルクとみてきた中でも
断トツで出来がよい馬が多いです。シルクでは正直最優先どれにするか
決め手がかけているなかで悩みましたが、キャロは出資かなうなら最優先で
欲しい馬が10頭はいるような状況です。

シルクが実績制度がますますきつくなり、3年で400万くらい出資しないと楽しめ
ないような状況になっているので、今年はキャロットに多めに出資し、近いうちに
キャロットメインに移り変えようと思います。

そのためにも最優先で大物候補、一般で母馬優先獲得候補を幅広に獲得したいですね。

それでは、今回は後編です。

42.ポロンナルワ18 牡 鹿
2019body1942p.jpg
8000万円 〇 ・・・ディープ牡馬で中内田厩舎と考えると割安感あり。
4月10日生 ◎・・・ちょうどよい誕生日。
父:ディープインパクト ◎ ・・・リーディング種牡馬。確固たる後継種牡馬はまだでていない。
母:ポロンナルワ(2008生) 母父ラーイ 〇・・・10歳の時の子供で繁殖適齢期。
近親実績:叔母シンハライトはオークスG1勝ち、叔母リラヴァティ、叔父アダムズスピークは重賞勝 ◎
生産:ノーザンファーム ◎ 日本No1牧場 
育成:ノーザンファーム早来 ◎  日本No1育成牧場。
外厩:ノーザンファームしがらき ◎ 天栄に追い上げられるも一流厩舎との連携は良。
栗東・中内田厩舎 ◎・・・昨年45勝で9位。今年は3位近辺。代表馬ダノンプレミアム。
体高151.5 胸囲172.5 管囲20.0  馬体重410 〇・・・馬体重がもう少しほしいがバランスはよい。
動画:歩きに活気がありディープ産駒らしい歩様。◎

総評:
牝系も活躍馬多数のうえ、なんといっても中内田厩舎ですね。
まだ若手で馬房が少ないにも関わわらず、リーディング上位争い。
藤澤厩舎、角居厩舎などベテランリーディング常連厩舎が引退していく中で、
おそらく数年の近いうちにリーディングとるどころか、下手すると10年連続リーディング
達成とかニュースがでてもおかしくないレベルの厩舎ですね。
馬がサイズが課題で、これで人気が落ちているのでなんとか×なしで出資できないかという
感じでしょうか。

48.リリサイド18 牡 鹿
2019body1948p.jpg
10000万円 〇 ・・・ハーツ牡馬とするとやや割高。
1月17日生 △・・・早生まれ。
父:ハーツクライ 〇 ・・・サンデー系No2種牡馬。大物も排出できる。
母:リリサイド(2007生) 母父アメリカンポスト 〇・・・11歳の時の子供で繁殖適齢期。
近親実績:全姉リスグラシューは宝塚記念G1、エリザベス女王杯G1勝 ◎
生産:ノーザンファーム ◎ 日本No1牧場 
育成:ノーザンファーム早来 ◎  日本No1育成牧場。
外厩:ノーザンファームしがらき ◎ 天栄に追い上げられるも一流厩舎との連携は良。
栗東・矢作厩舎 ◎・・・昨年54勝で3位。今年は4位近辺。代表馬リスグラシュー。
体高153.0 胸囲174.0 管囲20.0  馬体重435 〇・・・早生まれを考慮するともう少し馬格がほしい。
動画:大きく目立たないが安定感のある歩様。〇

総評:
字面でたときは一番欲しい馬。でも×2が必要かといわれてましたね。
ただ、サイズが小さいことと、他に出来のよい高馬が多いので、人気が分散され、
なんとか×なしでも最優先だすととれないかなぁという感じ。
ハーツクライは好きなので、当たりが出るまでチャレンジしたく、姉の出来を
考えても、大当たりの可能性もあるので票数を見極めていきたいですね。


61.シンハライト18 牡 青鹿
2019body1961p.jpg
10000万円 △ ・・・モーリス牡馬とすると割高。
1月21日生 △・・・早生まれ。
父:モーリス △ ・・・新種牡馬も前評判のトーンは下がり気味。
母:シンハライト(2013生) 母父ディープインパクト 〇・・・5歳の時の子供。初仔。
近親実績:母シンハライトはオークスG1勝ち、叔母リラヴァティ、叔父アダムズスピークは重賞勝 ◎
生産:ノーザンファーム ◎ 日本No1牧場 
育成:ノーザンファーム早来 ◎  日本No1育成牧場。
外厩:ノーザンファームしがらき ◎ 天栄に追い上げられるも一流厩舎との連携は良。
栗東・石坂厩舎 〇・・・昨年35勝で15位。今年は16位近辺。代表馬ジェンティルドンナ、シンハライト他。
体高162.0 胸囲183.5 管囲23.4  馬体重502 △・・・立派な馬体もさすがにでかすぎる。
動画:大きいわかりには普通に歩けている。〇

総評:
母も小さく初仔ですが、とんでもない馬が生まれました。
管囲23.4 とかあまり記憶にならないですね。どこまで大きくなるのか。
シンハライトもそうですし、シンハライト一族は脚元に課題があるので、
ここまで大きいのはどうなのかという不安もあります。
後は厩舎もさ来年引退なので、息子に転厩すると少し不安ですね。
それでも規格外の化け物が歴史をかえることはありますので、
これで人気を落としてくれると一般でも出資確率がありそうです。
それにしても、母馬優先をお持ちの人でも悩まれているのをみると
25万ってそう気軽にだせないお金ですよね。


63.シーザリオ18 牡鹿
2019body1963p.jpg
12000万円 △ ・・・モーリス牡馬とすると割高。
4月28日生 〇・・・やや遅生まれも今後の成長に期待。
父:モーリス △ ・・・新種牡馬も前評判のトーンは下がり気味。
母:シーザリオ(2002生) 母父スペシャルウィーク ◎・・・16歳の時の子供でやや高齢。
近親実績:母は日米両オークスG1勝ち、半兄エピファネイア、リオンディーズ、サートゥルナーリアはG1勝 ◎
生産:ノーザンファーム ◎ 日本No1牧場 
育成:ノーザンファーム空港 ◎  NF早来と争う日本No1育成牧場。。
外厩:ノーザンファームしがらき ◎ 天栄に追い上げられるも一流厩舎との連携は良。
栗東・友道厩舎 ◎・・・昨年43勝で12位。今年は23位近辺。代表馬ワグネリアン、マカヒキ他。
体高156.0 胸囲173.0 管囲20.5  馬体重449 〇・・・バランスはよく今後の成長にさらに期待。
動画:動きたときのほうが歩幅もありきびきび歩いており好印象。◎

総評:
シーザリオの仔もやや高齢で、かつ未知数なモーリス産駒ということもあり
×なしでもなんとか出資できそうではないかと考えています。
それにしても兄弟3頭がG1馬。ただし、すべて角居厩舎、NF早来育成で、
今回のチェンジがどうでるか。しかもG1馬は4年周期ですしね。
友道厩舎はダービー2回とってますので、シーザリオ一族悲願のダービー制覇
を期待してそうです。
ツアー情報では、母よりも父に似ているというコメントが多くあり、それがどうでるか。
モーリスもすごい種牡馬なので、ノーザン、サンデー、ディープの次はモーリスでも
驚かないです。

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uma1kuti.blog106.fc2.com/tb.php/6388-2c3f48cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キャロット第一回中間発表がきた!! «  | BLOG TOP |  » キャロット 最優先候補馬 徹底分析!!!(前編)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ
My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR