FC2ブログ
topimage

キャロット 最優先候補馬 徹底分析!!!(前編) - 2019.09.08 Sun

一口馬主界最大のイベント、キャロット募集も来週木曜日までです。
電子カタログ配布から約3週間とかなり長いので中だるみもありましたが、
旅行にいったりもしていたので、ツアー写真を拝見させていただきながら、
再度出資意欲が高まってきました。

各種情報から、×なしでも最優先だと何とか滑り込めないかという馬で、
8頭ピックアップしました。
(前編)
1 ヒストリックスターの18 158.5 175.5 20.8 470 NF空港
7 アゼリの18 151.0 173.5 19.0 425 NF早来
9 シユーマの18 158.5 177.5 21.0 460 NF早来
14 マリアライトの18 156.0 178.0 20.0 455 NF空港
(後編)
42 ポロンナルワの18 151.5 172.5 20.0 410 NF早来
48 リリサイドの18 153.0 174.0 20.0 435 NF早来
61 シンハライトの18 162.0 183.5 23.4 502 NF早来
63 シーザリオの18 156.0 173.0 20.5 449 NF空港

どれも×なしでは厳しいくらい良い馬ですが、どれも高額なので、ばらけて
くれるかなぁと期待しています。

ちなみに×があればほしいのは、
3 ラドラーダの18 156.0 180.5 21.7 491 NF空港
8 ディアデラノビアの18 153.5 172.0 20.7 429 NF空港
10 バウンスシャッセの18 155.0 174.0 20.2 455 NF早来
20 ヒルダズパッションの18 158.5 178.5 21.0 478 NF空港
39 マイティースルーの18 156.0 177.0 20.0 457 NF早来
46 アディクティドの18 157.0 177.0 20.3 473 NF空港
というところでしょうか。これらは逆に確実に×いりそうですね。
マイティースルーの18は隠し玉にしたかったですが、そんなわけなかったですね。

それではまずは前編です。

1.ヒストリックスター18 牡 鹿
2019body1901p.jpg
12000万円 △ ・・・確かに高いが出資確率を上げるためには仕方なし。
3月21日生 ◎・・・理想的な誕生日。
父:ディープインパクト ◎ ・・・リーディング種牡馬。確固たる後継種牡馬はまだでていない。
母:ヒストリックスター(2005生) 母父ファルブラブ ◎・・・13歳の時の子供。
近親実績:全姉ハープスターは桜花賞G1勝ち、叔父アドマイヤベガは日本ダービーG1勝、叔父アドマイヤドンはフェブラリーS(G1)などG1 7勝 ◎
生産:ノーザンファーム ◎ 日本No1牧場 
育成:ノーザンファーム空港 ◎  NF早来と争う日本No1育成牧場。
外厩:ノーザンファーム天栄 ◎ 個人的には日本No1外厩。
美浦・藤澤厩舎 ◎・・・昨年52勝で4位。今年は7位近辺。代表馬レイデオロ、シンボリクリスエス他。
体高158.5 胸囲175.5 管囲20.8  馬体重470 ◎・・・少しトモに課題もバランスのよい好馬体。
動画:歩幅に幅と力強さがあり歩かせたほうが雰囲気あり。◎

総評:
ディープインパクト亡き後、後継種牡馬が混とんとしてますが、
立候補できるだけの血統、馬体、厩舎でしょうか。
かなり高額ですが、出資ライバルが減るのでむしろ歓迎でしょうか。
さらに、今年のキャロットはすごいラインナップで、かつ同厩舎のラドラーダ18が
さらに評価高いので、そちらに票が流れないかなとあわい期待です。
万が一出資できることがあれば、その日のうちに北海道旅行を予約し、
早々に会いに行かなければいけない馬だと思います。


7.アゼリ18 メス 黒鹿
2019body1907p.jpg
3600万円 ◎ ・・・歴史的名牝の子供としてはむしろ安すぎる。
6月4日生 △・・・超遅生まれ。
父:ハーツクライ 〇 ・・・サンデー系No2種牡馬。大物も排出できる。
母:アゼリ(1998生) 母父ジェイドハンター 〇・・・20歳の時の子供で超高齢出産も歴史的名馬
近親実績:母は北米17勝でG1 11勝の歴史的名馬 ◎
生産:ノーザンファーム ◎ 日本No1牧場 
育成:ノーザンファーム早来 ◎  日本No1育成牧場。
外厩:ノーザンファーム天栄 ◎ 個人的には日本No1外厩。
美浦・古賀厩舎 △・・・昨年23勝で47位。今年は107位近辺。代表馬サンテミリオン。
体高151 胸囲173.5 管囲19.0 馬体重425 〇・・・やや華奢だが今後の成長に期待。
動画:後ろ脚の力強さが稍足りないがスピード感のある歩様。〇

総評:
20歳の超高齢出産で、6月の超高齢出産で、厩舎も微妙。
普通なら全く人気ないですが、母馬がすごすぎますね。
キャロットは母馬優先があるので、それで何とかほしい馬ですね。
もう少し高かったらよかったと思いますが、一般でも何枠かないかと期待しています。

9.シユーマ18 牡 鹿
2019body1909p.jpg
7000万円 〇 ・・・割高ですが仕方ないレベル。
4月25日生 〇・・・ちょうどよい誕生日。
父:ロードカナロア ◎ ・・・次期リーディング種牡馬候補。
母:シユーマ(2008生) 母父メディチアン ◎・・・10歳の時の子供で繁殖適齢期。
近親実績:母は海外G1 2勝 ◎
生産:ノーザンファーム ◎ 日本No1牧場 
育成:ノーザンファーム早来 ◎  日本No1育成牧場。
外厩:ノーザンファーム天栄 ◎ 個人的には日本No1外厩。
美浦・木村厩舎 〇・・・昨年48勝で6位。今年は16位近辺。代表馬ステルヴィオ他。
体高158.5 胸囲177.5 管囲21.0 馬体重460 〇・・・前肩がやや課題もトモが立派。
動画:歩様に力強さがあり好きな歩様。◎

総評:
アゼリもそうですが、サンデー常連の母の子供がなぜキャロにながれたのか。
出来落ちの可能性もありますし、キャロの母馬の仔がサンデーでG1勝利したりも
するので、その恩返しでもあるでしょうか。
この馬も関東ローカナにディアデラノビアの18、バウンスシャッセの18とより厩舎と
血統がよい馬がいるのでそちらに人気流れないかなと考えます。
キムテツ厩舎は高野厩舎や池添厩舎、斉藤祟厩舎とかと比べると全然ましです。
それはリーディング順位にもでています。まあ、ある程度までしか仕上げないしがらきと
10日競馬でも対応できる天栄との違いもあるのでしょうが。

14.マリアライト18 牡 黒鹿
2019body1914p.jpg
8000万円 〇 ・・・エピファネイア産駒としては割高、マリアライト産駒とすると割安。
1月19日生 △・・・早生まれ。
父:エピファネイア 〇 ・・・思ったよりも新馬の速い時期から活躍し成功しそうな気配。
母:マリアライト(2011生) 母父ディープインパクト ◎・・・7歳の時の子供で繁殖適齢期。初仔。
近親実績:母は宝塚記念G1、エリザベス女王杯G1勝ち、叔父にクリソライト、クリソベリル、リアファルなど重賞馬 ◎
生産:ノーザンファーム ◎ 日本No1牧場 
育成:ノーザンファーム空港 ◎  NF早来と争う日本No1育成牧場。
外厩:ノーザンファーム天栄 ◎ 個人的には日本No1外厩。
美浦・久保田厩舎 △・・・昨年20勝で63位。今年は114位近辺。代表馬マリアライト。
体高156.0 胸囲178.0 管囲20.0 馬体重455 〇・・・非常にバランスがよい。トモがもう少しほしい。
動画:歩様がきびきびしており推進力があり歩かせてなおよい。◎

総評:
小さい母だったので初仔が心配ですが、立派な馬体になりました。
エピファネイアもどこまでやれるか半信半疑ですが、新馬リーディングをみていると
かなりがんばってますね。成長力を加味すると上位種牡馬になりそう。
血統は問題ないどころかNo1くらいの評価ですが、厩舎が母を育てたとはいえ、
あまりいけているとは思えません。ここだけが課題ですね。


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uma1kuti.blog106.fc2.com/tb.php/6387-b5f4d411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キャロット 最優先候補馬 徹底分析!!!(後編) «  | BLOG TOP |  » キャロットツアー

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ
My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR