FC2ブログ
topimage

東サラ2019年募集馬 徹底分析Part1 - 2019.07.14 Sun

東サラの2019年募集も来週の月曜には締め切りと1週間前となりました。
東サラは最優先制度と母馬優先制度があります。
母馬優先は最優先よりもうえのほぼ無敵の制度なので安心できます。
最優先も3~4頭以外は一般で出資できることからここの票読みが重要になります。

全頭はさすがに大変なので、母馬優先、最優先候補、一般優先候補の候補馬12頭を
3回にわけて様々な角度から見てみたいと思います。

Part1
レッドクラウディア18 母馬優先対象
レッドジゼル18 母馬優先対象
ココロノアイ18 最優先対象
レッドソンブレロ18 最優先対象

Part2
スタイルリスティック18 最優先対象
レッドファンタジア18 最優先対象
ジョリージョコンド18 1次出資候補
レッドリヴェール18 1次出資候補

Part3
フラニーフロイド18 1次出資候補
ドライヴンスノー18 1次出資候補
リュズキナ18 1次出資候補
ジェイム18 1次出資候補

今回はPart1です。母馬優先の2頭は出資確定です。

レッドクラウディア18牡 栗
b_p_main_RedClaudia18.jpg
4600万円 〇 ・・・重賞馬のキンカメ牡馬としては妥当な価格。
2月17日生 〇・・・標準的な誕生日。
父:キングカメハメハ産駒 ◎ ・・・先日種牡馬引退しましたが、芝ダートとも一流馬多数の種牡馬。
母:レッドクラウディア(2009生) 母父アグネスタキオン 〇・・・9歳の時の子供で繁殖適齢期。2番仔。
近親実績:母は出資馬でクイーン賞(JPN3)。 〇
生産:ノーザンファーム ◎ 日本No1牧場 
育成:ノーザンファーム ◎  空港か早来かまだ未定ですがいずれもNo1
外厩:ノーザンファームしがらき ◎ 天栄に追い上げられるも一流厩舎との連携は良。
栗東・安田隆行厩舎 ◎・・・昨年48勝で6位。今年は1位近辺。代表馬ロードカナロア。
体高152 胸囲170  管囲20  馬体重411 〇・・・ダート馬なのでもう少し体重欲しいが筋肉量は豊富。
動画:ややおっとり感はあるが力強い踏み込み。○

総評:
出資馬だった母クラウディアにそっくりで一定の馬体もあるので出資確定です。
厩舎も今年のリーディング厩舎ですし、短距離、ダートは信頼性高いです。
母父アグネスタキオンもダート馬だと思えばよしとします。
馬体は確かにもう少し成長してほしいところ。ここからどこまで増加できるかがカギですね。

レッドジゼル18メス 鹿
b_p_main_RedGiselle18.jpg
1800万円 ◎ ・・・超お買い得な価格設定。
3月16日生 ◎・・・理想的な誕生日。
父:ハービンジャー産駒 〇 ・・・大物が続々と誕生し急上昇中。
母:レッドジゼル(2010生) 母父アグネスタキオン 〇・・・8歳の時の子供で繁殖適齢期。2番仔。
近親実績:叔父レッドアンシェルはCBC賞(G3)勝ち、近親ナサニエルは史上最強馬エネイブルの父親 ◎
生産:ノーザンファーム ◎ 日本No1牧場 
育成:ノーザンファーム ◎  空港か早来かまだ未定ですがいずれもNo1
外厩:ノーザンファームしがらき ◎ 天栄に追い上げられるも一流厩舎との連携は良。
栗東・安田隆行厩舎 ◎・・・昨年48勝で6位。今年は1位近辺。代表馬ロードカナロア。
体高150  胸囲171 管囲20  馬体重402 ◎・・・トモの筋肉が素晴らしく今年募集馬1,2の出来。
動画:踏み込みが力強く、活気もあってよい歩様。◎

総評:
これは非常によい出来の産駒で、兄レッドアダンもそうですが、馬体の筋肉が豊富で
よい仔だしをする母馬のようです。血統に活力があり、近親のナサニエルはじめ、欧州の
G1や重賞馬多数。その中で日本に輸入されたスタイルリスティックは堅実性のある
繁殖でしたが、レッドアンシェルがつい先日重賞を勝ち、日本での実績をさらにうわのせしました。
そのスタイルリスティックの後継繁殖がレッドジゼルなので、この馬に出資できていた幸運を
感謝したいと思います。
課題は安田厩舎は短距離厩舎なので、本馬と相性的にあうかはありますが、贅沢な悩みでしょう。
それでも、馬体、血統、厩舎でこの価格はおそらく全クラブ募集でも有数のコストパフォーマンス
なので間違いなく最優先で申し込まなければいけない馬と思います。

ココロノアイ18メス 鹿
b_p_main_KokoronoAi18.jpg
5400万円 △ ・・・想像よりも割高。人気が下がると思えばよしか。。
4月6日生 ◎・・・理想的な誕生日。
父:ロードカナロア産駒 ◎ ・・・ポストディープインパクト種牡馬。
母:ココロノアイ(2012生) 母父ステイゴールド 〇・・・6歳の時の子供で繁殖適齢期。初仔。
近親実績:母はチューリップ賞、アルテミスSなどG3 2勝 〇
生産:酒井牧場 △ ノーザンと比べればだが主力繁殖なので大事にされてそう 
育成:ファンタストクラブ △  ノーザンと比べれば差は歴然か。
外厩:未定 △ 天栄と比べれば差は歴然か。
栗東・国枝厩舎 ◎・・・昨年45勝で9位。今年は6位近辺。代表馬アーモンドアイ。
体高152  胸囲173 管囲19  馬体重405 〇・・・やや小さいもバランスはよい。腰高で成長しそう。
動画:活気、歩様の推進力がありかなり運動神経がよさそう。◎

総評:
これがノーザンファーム育成で、天栄が利用できればという出来。
かなり割高で、netkeibaの検討数をみても最優先で申し込めば確実で、
一般でもいくつかまわってくるかなという感触。
厩舎がよいので、ノーザンファーム天栄でなくともある程度やれるという
わりきりで一般で申し込んでみるかどうか。

レッドソンブレロ18牡 黒鹿
b_p_main_RedSombrero18.jpg
1800万円 ◎ ・・・近親血統とNF牡馬からすると割安。
5月2日生 〇・・・遅生まれも今後の成長に期待。
父:マジェスティックウォリアー産駒 △ ・・・ベストウォリアーなどダート適性高そう。
母:レッドソンブレロ(2012生) 母父キングカメハメハ 〇・・・6歳の時の子供で繁殖適齢期。3番仔。
近親実績:叔父ヴァーミリアンはダートG1 9勝、他叔父に重賞馬3頭。 ◎
生産:ノーザンファーム ◎ 日本No1牧場 
育成:ノーザンファーム ◎  空港か早来かまだ未定ですがいずれもNo1
外厩:ノーザンファームしがらき ◎ 天栄に追い上げられるも一流厩舎との連携は良。
栗東・須貝厩舎 ◎・・・昨年42勝で13位。今年は23位近辺。代表馬ゴールドシップ、ジャスタウェイ。
体高153 胸囲168  管囲20.5  馬体重392 〇・・・ダート馬なので体重が足りないが遅生まれで成長期待。
動画:芝馬のような脚のさばきが軽いのが+にでるかどうか。○

総評:
圧倒的なダート馬を期待しているので体重が軽いことや動画の動きをみると
少し不安にもなります。5月生まれなので成長することに賭けるのもあり。
厩舎は一流でだが、ダートで大物がまだでていないのが気になるところ。
それでもこの金額は2勝くらいすれば十分もとをとれるので、最優先で間違いなく
抽選になるでしょう。

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uma1kuti.blog106.fc2.com/tb.php/6270-503deede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ローヌグレイシア 圧倒的1番人気をふっとばす!池添学ばない厩舎はさすがの厩舎力!! «  | BLOG TOP |  » シルクついに8連勝!!どこまで続くのか?

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ
My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR