FC2ブログ
topimage

シルクの実績制度に反対する人はシルクを辞めたほうがいい - 2019.07.06 Sat

シルク 一口馬主ブロガーのトップをいくまーくさんが、
とても面白い記事をかかれていたので本テーマを久々にかきます。
http://reinedebriller.blog.fc2.com/blog-entry-1496.html
これだけの長文をかく記事の内容の濃さ、熱意に敬意を称します。

まーくさん記事にあるように、私が入会したころは実績制度はなく、その翌年くらいから
開始されました。とはいえ、1位、2位の馬でも100万弱の実績があれば出資できるゆるい
もので特に違和感ありませんでした。

ところがそのあと、過去実績ではなく当年申し込み実績まで実績を加算とか、新規優遇とか
あきらかにストレスフルな状況になり、
1番人気の馬に実績で出資するのは今は1000万くらい実績がないと駄目という事態になってます。

何度か記事にも書いてますが、私個人としては実績制度に問題があるわけではなく、
実績制度が強すぎる点が課題です。

実績制度が一番うまく機能している一口クラブは同じノーザンのサンデーレーシングです。
このクラブも1位の馬に出資しようとすると4年で1000万超の実績がないとだめです。
シルクと同じように厳しい制度です。

ところが、サンデーの実績では、どれだけあっても、
全馬の中で実績で出資できるのはわずか1頭1口のみです。
例えば2位希望の馬は、実績1000万の人が実績0万にまけることもありえます。
実績1000万の人にとっては納得がいかないかもしれませんがおそらく大多数の人にとっては
合理的な条件でしょう。

ところが、シルクでは実績があれば、全馬MAX10口まで応募できます。
例えば今年の募集だと、全70頭に出資できますし、1人10口まで応募できますので、
全700口の優先度が与えられています。
サンデーが同じ実績でも1頭1口(シルク10口超相当)
程度なのに比べて、シルクの70頭700口はやりすぎでしょう。


どれくらい多くの会員が出資できないのかを考えると、
シルクは500口募集で実績が300口なので、70頭なら全3500口のうち2100口が実績ですが、
極端な話、実績上位30名で埋め尽くすことが可能です。
会員が1万人超はいるので、2100/3500を30人、残りを1400/3500で9970人で分け合うということも
おこりえます。

ふざけるなよ、どれだけストレスフルなんだよ。
と掲示板やブログに書きたいところですが、おそらくなかなかルールが変える事はないでしょう。

明らかにシルクは中途半端な実績を積むより、抽優馬をねらって年1頭欲しい馬に出資できればと
割り切り、それが嫌ならクラブを辞めたほうがいい
のかなぁと感じてます。

一時、私は東サラの退会を考えていて出資を辞めてましたが、シルクのこの状況を
みて昨年から再開しました。
母馬優先があるので、レッドクラウディアやレッドジゼルなど活躍した出資馬の人気のでる子供に
優先的に出資できるので、お金をがんがんつまなくても、愛ある一口馬主生活が可能です。
キャロットも同じ母馬優先があるので、長い目で楽しむには最適です。

逆にシルクはアーモンドアイやプリモシーンに出資しても、おそらくその子供にはほぼ出資
できないですが、
東サラやキャロは、レッドリヴェールやシーザリオの子供にも比較的容易に出資できます。

私は母馬優先があるほうがよいと思っているので、東サラやキャロを多めに買います。
でも、シルクも抽優馬をつかって、良い馬にピンポイントで出資したいと思います。

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uma1kuti.blog106.fc2.com/tb.php/6256-99039800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東サラ カタログ到着&動画公開&測尺公開!! «  | BLOG TOP |  » 天栄へ移動 ミスティックグロウ近況(7/5,12)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ
My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR