FC2ブログ
topimage

騎手が下手すぎた リビングマイライフ大敗 - 2019.06.30 Sun

リビングマイライフ(G1tc 父:ダイワメジャー×母:アルーリングライフ)の近況です。

調教そこそこ動けていたので期待していましたが、大敗ということです。
不良馬場であそこまで後ろ待機で、大外ぶんまわしだから無理でしょうが
馬も弱いですね。
もうこの木幡一家の騎手はいいです。

これでまた放牧でしょうから、転厩。それも関西に移籍とかどうでしょうか。

レース結果:6/30(日)福島12R1勝クラス 芝1200m
1 枠5黄 9 バーミーブリーズ 牝5 55.0 西田 雄一郎 1:11.5 36.3 460(-6) 青木 孝文 7
2 枠4青 7 ノーブルプルート 牝5 55.0 嶋田 純次 1:11.6 1/2 36.6 492(+8) 水野 貴広 5
3 枠1白 1 マルガイヨークテソーロ 牝3 49.0 ▲木幡 育也 1:11.7 3/4 37.4 432(-4) 高木 登 4
4 枠8桃 15 スティルネス 牝3 52.0 M.デムーロ 1:11.7 ハナ 36.9 424(+10) 小島 茂之 2
5 枠6緑 11 マルチサウンドオブビット 牡6 54.0 ▲山田 敬士 1:11.7 ハナ 35.6 480(+6) 松永 康利 14
6 枠6緑 12 グリニッチヴィレジ 牝6 55.0 江田 照男 1:11.7 ハナ 36.6 436(-4) 岩戸 孝樹 9
7 枠7橙 13 マルチココリモアナ 牝4 55.0 内田 博幸 1:11.7 ハナ 36.2 454(+20) 古賀 慎明 13
8 枠3赤 5 ジャッキー 牡5 57.0 丸山 元気 1:11.7 ハナ 36.1 488(+4) 高橋 祥泰 11
9 枠8桃 16 タンレイ 牝3 50.0 △野中 悠太郎 1:12.0 1 3/4 37.6 432(+4) 伊藤 大士 3
10 枠4青 8 プログレスシチー せん6 54.0 ▲小林 凌大 1:12.1 3/4 36.6 484(+4) 中野 栄治 12
11 枠1白 2 マルチショーストーム 牡6 54.0 ▲大塚 海渡 1:12.1 ハナ 37.2 496(+20) 加藤 和宏 16
12 枠5黄 10
リビングマイライフ  牝4 54.0 ☆木幡 巧也 1:12.3 1 36.7 500(+2) 久保田 貴士 6
13 枠7橙 14 マルチモアナブルー 牝5 55.0 武士沢 友治 1:12.5 1 1/4 37.3 464(-2) 稲垣 幸雄 15
14 枠2黒 3 ロードシュタルク 牡3 54.0 田辺 裕信 1:12.6 1/2 37.2 438(-6) 高柳 瑞樹 10
15 枠3赤 6 ボナデア 牝4 55.0 宮崎 北斗 1:12.9 1 3/4 38.0 500(+2) 中川 公成 8
16 枠2黒 4 フィルムフェスト 牝3 52.0 戸崎 圭太 1:13.1 3/4 38.5 426(-2) 尾関 知人 1




2019年06月30日 美浦TC 6月30日(日)福島・芝1200m戦に54kg☆木幡巧也騎手で出走し、馬体重は前走から+2kgの500kgでした。
レースでは、五分のスタートを切るも、他馬を行かせて控えました。道中は後方3番手の外を追走。3コーナー過ぎから手が動き始めると、あまり手応えが良くなく、最後方までポジションを下げて直線を向きました。馬場の大外から脚を伸ばしましたが、数頭を交わすにとどまり、勝ち馬から0.8秒差の12着に敗れています。
「スタート後に前の馬に挟まれてしまい、位置取りが悪くなってしまいました。最後もチョロチョロとは脚を使っていますが、気の悪さがあるのか、ギアが上がり切りませんでした。もう少し前めでレースを運びたかったところですが…申し訳ございませんでした」(木幡巧也騎手)
「雨の影響でだいぶ馬場が重くなっており、こういう馬場が合うタイプではありませんので、なるべく馬場の良いところを通るようにと事前に話をしていました。終いで少しは伸びていますが、いずれにせよ、もう少し流れに乗った位置で競馬がしたかったところです。前走でいいキッカケが掴めたと思っていただけに、申し訳ございませんでした」(久保田調教師)

2019年07月03日 山元TC 前走レース後も脚元を含めて特に変わりありませんが、一旦リフレッシュを挟みます。今日7月3日(水)山元TCへ放牧に出ています。
「馬場や位置取りなど色々と噛み合わず、かわいそうな競馬になってしまいました。一旦リフレッシュを挟んで、新潟戦を視野に入れていければと思います」(久保田調教師)

2019年07月14日 山元TC 山元TC到着後はウォーキングマシンやトレッドミルでのリフレッシュを図ったのち、騎乗調教を再開しました。現在のメニューは、坂路コースをハロン18-17秒ペースで1本駆け上がるという内容です。両前脚の球節部分に少し疲れが感じられるものの、歩様は気になりません。念のためケアを施しながら、このまま乗り込んでいきます。最新の目方は514kgでした。

2019年08月14日 山元TC この中間はハロン15秒ペースの調教へ移行しました。現在のメニューは、週2回坂路コースをハロン17・15秒ペースでそれぞれ1本の計2本、週1回坂路コースをハロン16秒ペースで1本、週1回周回コースをキャンターペースで2000m、その他の日はフラットワークでの運動という内容です。歩様の硬さは少し残しているものの、体がほぐれてくれば柔らかい動きを見せるようになり、いい手応えで駆け抜けています。両前蹄を含む脚元の状態は安定していますので、今後も乗り進める方針です。最新の目方は534kgでした。


6/30レース写真
RM19070101.jpg
RM19070102.jpg

5末写真
RM190530.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uma1kuti.blog106.fc2.com/tb.php/6244-4f299678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ティアラトウショウ18出資理由 «  | BLOG TOP |  » ハウナニ昇級戦8着ももう少し追ってほしい

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ
My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

03 ≪│2020/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR