topimage

レッドレイヴン大惨敗 - 2017.06.12 Mon

レッドレイヴン(スマートストライク×ワンダーアゲイン)
のエプソムCのレースは大惨敗でした。

期待してましたがまったくだめでした。
また巴賞ですか、、、。それなら直接函館記念のほうがまだましのような。。


レース結果:17.06.11 (日) 東京 / 11R エプソムC 芝1800

1 6 12 マル外ダッシングブレイズ 牡5 56.0 浜中俊 1:45.9   34.2 500 0 吉村圭司 5
2 5 10 アストラエンブレム 牡4 56.0 M.デムーロ 1:46.0 1/2 34.2 470 +4 小島茂之 1
3 4 7 マイネルハニー 牡4 56.0 柴田大知 1:46.0 ハナ 34.6 478 -2 栗田博憲 6
4 7 13 クラリティシチー 牡6 56.0 川田将雅 1:46.1 3/4 34.2 498 0 上原博之 12
5 2 3 バーディーイーグル 牡7 56.0 吉田豊 1:46.2 3/4 33.9 492 +2 国枝栄 17
6 7 14 タイセイサミット 牡4 56.0 戸崎圭太 1:46.3 クビ 34.2 490 +2 矢作芳人 2
7 1 1 マイネルミラノ 牡7 58.0 丹内祐次 1:46.3 クビ 34.8 490 +6 相沢郁 8
8 3 6 デンコウアンジュ 牝4 54.0 蛯名正義 1:46.4 1/2 34.3 442 -2 荒川義之 3
9 1 2 フルーキー 牡7 58.0 北村宏司 1:46.6 1 1/4 34.6 492 -6 角居勝彦 9
10 8 18 ナスノセイカン 牡5 56.0 丸山元気 1:46.8 1 1/4 33.9 470 +6 矢野英一 11
11 6 11 ベルーフ 牡5 56.0 大野拓弥 1:46.8 クビ 34.1 486 -4 池江泰寿 10
12 2 4 ヒストリカル 牡8 57.0 横山典弘 1:46.9 3/4 34.5 458 +2 音無秀孝 7
13 3 5 カムフィー 牡8 56.0 吉田隼人 1:47.0 クビ 34.4 464 -2 池上昌和 18
14 8 16 メドウラーク 牡6 56.0 石橋脩 1:47.1 1/2 34.9 500 -6 橋田満 15
15 5 9 クラリティスカイ 牡5 56.0 田辺裕信 1:47.2 3/4 34.9 496 0 斎藤誠 4
16 8 17 マル外レッドレイヴン 牡7 56.0 内田博幸 1:47.4 1 1/2 35.0 520 0 藤沢和雄 13
17 4 8 トーセンレーヴ 牡9 57.0 石川裕紀人 1:47.5 クビ 35.5 478 -10 池江泰寿 16
18 7 15 パドルウィール 牡6 56.0 池添謙一 1:48.0 3 35.9 494 +2 中尾秀正 14



7.06.11

6月11日レース後コメント(16着)
内田騎手「今週の調教の感じが良かったので、密かに期待していましたが、さすがに長い休み明けで甘くはなかったですね。以前自分が乗っていたときや最近の競馬をみても道中力むところがあるので、そこを一番気にして乗りましたが、今日は上手に走れましたね。外で壁のないところでも抜けて楽に走れていたのは良かったと思います。さすがにまだ体が動き切れないようでしたし、この状態でガンガンに追っても馬のためにならないので無理はしませんでした。この一戦で本調子とまではいかないかもしれないですが、馬体の感じなどまだまだ衰えていないというのはわかったので、このまま大事に続けて使っていければいずれ大きいところも取れるはずですよ」

藤澤師「いきなりからと思っていましたが、競馬はまた違いますね。長い休み明けにはペースも展開も厳しかったです。騎手は無理せず上手に乗ってきてくれたので、大きなダメージもないでしょうし、トモがガクッとこずに続けて使えれば次は変わってくるでしょう。様子を見てからですが、巴賞も視野に入れていくつもりでいます」

17.06.14

(藤澤厩舎)
運動のみ。
藤澤調教師「いかにも休み明けといった競馬になってしまいましたが、無理させなかったのもあって、ここまでは大きくガクッとはきていないようですね。ここからトモがくたっとしてこなければ続けていけるかと思っています。一度使って馬体などは良くなるはずなので、できればこのまま使いたいですね。どこを使うかはこの後の様子も見てもう少し考えたいと思います」

17.06.15

(藤澤厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日から馬場に出して乗ってみました。トモの感じは気を付けていましたが、使う前と変わらず、大きなダメージはなさそうですね。少し元気がないかなという感じはあるので使ったぶんの疲れはありそうですが、目一杯という競馬でもなかったので、またすぐに回復してくると思います。巴賞を使うかどうかはまだ分かりませんが、この感じなら間隔が詰まっても大丈夫そうですよ」

17.06.21

(藤澤厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。
6/21(水) 坂路 62.9-45.5-29.4-14.7 馬なり
助手「坂路を普通キャンターで上がりました。先週は使ったなりの疲れはあるかなという感じでしたが、だいぶ戻ってきていますね。相変わらずテンションは高めですが、ひどくなってもいないので、うまく付き合いながらやっていきます。予定が先になりそうなので、トモに疲れを残さないように気を付けて進めていきます」
藤澤調教師「気性面を考えると滞在の競馬のほうがいいかとも思うのですが、一度マイルでの競馬も見てみたいので、次は中京記念に向かおうかと思っています。ハンデもそれほど背負わされないでしょうし、中京のコース形態も合っている気がします」

17.06.22

(藤澤厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。
6/22(木) 坂路 64.6-47.7-31.1-15.3 馬なり
助手「今日も坂路を上がりました。なるべく馬の少ない時間を狙って走らせているのもあって、使った後もそれほどテンションも上がらずにきていますよ。トモの入りも特に気にならないですし、使った疲れは気にしなくて大丈夫そうですね。ここからまた背腰がガクッとくる可能性はなくはないですが、次の競馬まで時間ができましたし、またじっくり上げていくつもりで進めていく予定にしています」


エプソムC写真
album_redraven_24.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uma1kuti.blog106.fc2.com/tb.php/4871-57c70a2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

やっぱり放牧 早期デビュー血統に暗雲が。。。 «  | BLOG TOP |  » 2017 社台サンデーG1 北海道 募集馬 見学ツアー3 早来ファームメス

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ

一口馬主 ブログランキングへ My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR