topimage

久々も見所あまりなし ピッツィカート7着。 - 2017.02.26 Sun

ピッツィカート(父ゼンノロブロイ×母ディクシージャズ 音無厩舎)
の近況が更新されました。

長距離で期待しましたが終始後ろ後ろでだめですね。
北海道競馬無理に使われてから調子が激減です。
未勝利勝ちの脚が使えればもう少しやれてもいいですが。。

レース結果:2/26(日)小倉7R 4歳上500万下〔芝2,600m・13頭〕

1 4 4 ダノンアローダ 牡4 55.0 ☆ 鮫島克駿 2:41.2   35.4 538 +14 佐々木晶三 1
2 5 6 ダンツペレット 牡4 56.0 松山弘平 2:41.8 3 1/2 35.1 502 -6 山内研二 4
3 3 3 バレエダンサー 牝4 54.0 黛弘人 2:42.2 2 1/2 35.8 446 0 尾関知人 6
4 2 2 マル地マコトガラハッド せん4 56.0 北村友一 2:42.3 クビ 35.3 482 -2 鮫島一歩 12
5 1 1 ラッシュアワー 牡4 56.0 丸田恭介 2:42.3 アタマ 35.3 490 -6 木村哲也 2
6 6 9 ディスピュート 牡4 56.0 吉田隼人 2:42.3 アタマ 34.8 432 0 牧田和弥 9
7 5 7 ピッツィカート せん4 53.0 ▲ 荻野極 2:42.4 3/4 35.2 476 +10 音無秀孝 5
8 8 13 アドマイヤガスト 牡5 57.0 丸山元気 2:42.7 1 3/4 35.4 542 +4 上原博之 3
9 4 5 マル地タガノグリズリー 牡6 57.0 藤懸貴志 2:42.8 1/2 36.3 478 -10 千田輝彦 7
10 8 12 スパツィアーレ 牝4 54.0 藤岡康太 2:42.9 1/2 36.6 502 0 堀宣行 8
11 6 8 クリノクレオパトラ 牝6 53.0 △ 木幡初也 2:43.7 5 37.0 462 -10 高橋義博 13
12 7 11 マル地レッドラミア 牝5 53.0 △ 坂井瑠星 2:44.1 2 1/2 37.1 432 -6 寺島良 11
13 7 10 マル地スターペスカンタ 牡5 56.0 ☆ 岩崎翼 2:46.9 大差 40.6 502 +2 千田輝彦 10


下記はシルクホースクラブホームページ掲載の情報です。
ブログへの掲載は事前に許可をとっております。

2017/02/27 <レース結果>
ピッツィカート
 2/26(日)小倉7R 4歳上500万下〔芝2,600m・13頭〕7着[5人気]

スタート直後にややバランスを崩す場面もあり、後方から3番手でレースを進めます。勝負処から仕掛けつつ前を追いかけ、直線は大外に出して追われると、まずまずの伸び脚を見せますが、上位には及ばず7着でゴールしています。

荻野極騎手「スタート後に躓いたのですが、元々後ろで控えて終いを活かす競馬をするように言われていたので、そのまま自分のリズムで進めました。初めての距離のせいか前半は少し力むところもありましたが、終いはしっかりと伸びてくれました。力んだと言っても、すぐに落ち着きましたし、道中は気の悪さを見せることなく、すごく乗りやすかったです。この距離のペースに慣れてくれば、もっとうまく立ち回れるようになると思います」

音無秀孝調教師「ジョッキーには脚を溜めながら、徐々に押し上げていくように伝えていました。勝負処で少し置かれてしまったものの、最後は差を詰めてきましたから、同じようなレースを続けていけば、流れに対応してくれるようになるでしょう。暫くは同じぐらいの距離を使いながらレースを覚えさせていきたいと思います。優先出走権が獲れなかったので、どれぐらいで使えそうか確認してから、そのまま厩舎で調整するか、節を空ける意味で短期放牧に出すか検討したいと思います」


2017/03/01 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽め調整
次走予定:阪神3月19日 芝2,400m

音無秀孝調教師「小倉から戻ってきた後も状態は特に変わりありません。流れがゆっくりだったことで、少し気負うところがあったようですが、すぐに折り合って走っていました。終いはしっかり脚を伸ばしてきましたし、同じぐらいの距離を経験していけば、競馬の形が出来てくるようになると思います。今週いっぱい状態を確認して、このまま次走に向けて進めていけるようであれば、3月19日の阪神・芝2,400mに向かいたいと思います」

2017/03/09 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:
次走予定:阪神3月19日 芝2,400m〔荻野極〕

助手「中2週の競馬になるので、今週は週末に時計を出して、来週しっかり強めを行う予定です。前回レースを終えた後に曳き運動を行っていると、4着馬は横でフウフウと疲れを見せていましたが、ピッツィカートはケロッとして全く疲れがなく、2,600mを使った後なのに、飼い葉を完食していたぐらいです。以前のように、運動中に立ち上がることはなくなりましたが、周りに馬がいると尻っぱねをして元気の良いところを見せています。状態は変わらず良いので、次走はもっと頑張ってくれると思いますよ」


2月写真
d_02620223.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

● COMMENT ●

合わない北海道コースに送り込み
極めつけの去勢と、やりたい放題やってくれたなって感じです。
あの末脚はどこにいってしまったのでしょうね。
立て直しすには可及的速やかに転厩しかないような気がします。

Re: タイトルなし

出資者さん
コメントありがとうございます
音無厩舎は騎手をあんまり考えてくれないのでストレスたまりますね。
おっしゃるとおり転厩でもよいと思います!!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uma1kuti.blog106.fc2.com/tb.php/4706-6ab0a949
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

古馬をあおったカルペディエムが古馬になる前に骨折引退。 «  | BLOG TOP |  » 1番人気を6連続で裏切る3連続2着!!

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ

一口馬主 ブログランキングへ My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR