topimage

OP大将レッドレイヴンが3度目の正直で巴賞を制覇!! - 2016.07.03 Sun

レッドレイヴン(スマートストライク×ワンダーアゲイン)
の近況が更新されました。

出資馬唯一のOP馬レッドレイヴンが3年連続巴賞に挑戦し見事優勝しました。
5着→2着ときての優勝。勝因は騎手でしょう。
池添騎手が中段につけて、よい位置で先頭にたってもらえました。
これが柴田騎手とかでしたら後方待機、ぶん回しで届いてなかったでしょう。

次は函館記念(G3)にむかうようです。中1週ですが、よい騎手を確保してぜひ
悲願のタイトルホルダーになってほしい。

この勝利でOP3勝目。なんと重賞3勝のレッドデイヴィスを獲得賞金で上回り、
出資馬レッドオーヴァルに後少しまで迫り出資馬歴代賞金王にあと一歩。
記念すべき勝利は重賞勝利で飾ってほしい。
かなり回り道した馬ですが、素質は確かだと信じているのでなんとかお願いします。

レース結果:16.07.03 (日) 函館 / 11R 巴賞 芝1800
1 8 10 マル外レッドレイヴン 牡6 57.0 池添謙一 1:47.7   35.4 514 +4 藤沢和雄 1
2 6 6 マテンロウボス 牡5 56.0 岩田康誠 1:48.0 1 3/4 35.4 468 +2 昆貢 2
3 7 9 ツクバアズマオー 牡5 56.0 吉田豊 1:48.0 クビ 35.6 474 -6 尾形充弘 4
4 2 2 フェイマスエンド 牡5 56.0 三浦皇成 1:48.1 クビ 35.7 480 0 鮫島一歩 6
5 8 11 マイネグレヴィル 牝5 54.0 丹内祐次 1:48.5 2 1/2 36.6 470 -6 和田正道 5
6 3 3 ケイティープライド 牡6 56.0 藤岡佑介 1:48.5 クビ 36.4 484 -4 角田晃一 7
7 5 5 リベルタス 牡8 56.0 吉田隼人 1:48.7 1 1/4 36.0 496 0 角居勝彦 9
8 1 1 マル外ルグランフリソン 牡3 52.0 勝浦正樹 1:48.8 クビ 37.0 468 +10 中竹和也 3
9 6 7 マデイラ 牡7 56.0 古川吉洋 1:49.3 3 37.2 486 0 荒川義之 11
10 7 8 フレイムコード 牝7 54.0 菱田裕二 1:49.4 クビ 37.3 472 -4 谷潔 10
11 4 4 オツウ 牝6 54.0 加藤祥太 1:49.6 1 1/4 37.7 492 -6 須貝尚介 8



16.07.03

7月3日レース後コメント(1着)
池添騎手「ゲートで怪しいところがあると聞いていたので気を付けてはいたんですけど、ジッとしていい子でしたよ。もう少し後ろになるかなと思っていたのですが、スタートも出てくれてスッとスピードにも乗れたので、いい位置を取ることができました。道中は他の馬のことよりこの馬のリズムを大事に乗りました。ここのコースも好きなのか気分よく走ってくれましたし、直線でも手応え十分だったので楽勝かなと思ったんですけどね。いざ抜け出して一頭になったら、耳を絞って突っ張る感じになってしまいました。ちょっとマズいかなという感じだったんですが、後ろから馬が来たこともあって、何とか最後まで凌いでくれましたね。やはり能力がある馬ですよ。直線のように気難しいところはあるので、それが課題にはなりそうですが、スムーズな競馬ならもっと上までいけると思います。ありがとうございました」

藤澤調教師「牧場でもいい雰囲気でしたし、次に向けて今年はいい競馬ができましたね。気性的にまだ安心はできないですが、一時期を思えばだいぶ立ち直っていますよ。このままこちらに置いて、函館記念に向かうつもりでいます」

16.07.07

(函館競馬場)
軽い運動。
助手「結果が出せてホッとしました。直線でも目いっぱいではなかったようで、戻ってからも特にダメージは見られないですよ。ある程度余力を持って勝てたのは次に向けて良かったと思います。ゲートが心配だったのですが、この間の感じなら次も大丈夫そうですし、このまま練習はせずに向かうつもりでいます。中1週になりますが、上積みも期待できると思うので、次も勝てるようにしっかり進めていきます。次も池添騎手で行く予定になっていますよ」


Horse Topics
レッドレイヴン、新馬を勝った舞台でオープン完勝!

3年連続で出走した巴賞、
一昨年、昨年は共に苦杯を嘗めましたが、
今年は成長の証を見せつける走りで完勝しました。

3年とも一番人気の支持を集めたことは、
早い時期から素質を期待されてきたことの現れですが、
古馬になって尚残る気性の脆さ、体質面の弱さといった弱点が、
もうひとつ弾け切れない成績に繋がっていました。

しかし、6歳を迎えた今年のレイヴンはひと味違います。
着順こそひと息に映りますが、G1級のメンバーを相手に
差のない走りを見せた中山記念と大阪杯は立派なものでした。
そして、それだけ走っても以前ほどトモに疲労も残さず、
体質面でも着実に進歩がうかがえます。

満を持して出走した2016年の巴賞は、
初コンビとなる池添騎手との息もピッタリに、
早めに先団に取りつく横綱競馬で後続を完封しました。
次走は昨年も出走して5着と敗れた函館記念を予定。
当時以上の充実ぶりを示している今年なら
去年以上のみならず、重賞初制覇への期待が高まります。
引き続き次走もご声援よろしくお願いします。



ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uma1kuti.blog106.fc2.com/tb.php/4355-931815da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

次も中京ダート!ディライトクライ近況(7/4,6,14) «  | BLOG TOP |  » 切れ味鋭い末脚をみせ3着!ディライトクライ 勝ち上がれるぞ!

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ

一口馬主 ブログランキングへ My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR