topimage

毎年恒例!主要クラブ 12年産通信簿(サンデーキャロが圧勝。シルクはがんばれ!) - 2015.10.12 Mon

12年産もスーパー未勝利が終了し1クール終了しましたので、
昨年同様主要クラブの通信簿をつけてみました。
(数値は微妙にずれがあるかもしれませんがご容赦ください。)

hikaku12san.gif

上記の表は各クラブの平均値や勝上り率などです。
青が7クラブで1番よかったもの、赤が1番目に悪かったものです。
薄青は2番目によかったもの、薄赤が2番目に悪かったものです。
参考までに昨年と1昨年のデータも載せておきます。

今年はサンデー・キャロが圧勝しています。
1億円ホースがでているというのもありますが獲得賞金が全然違います。
同じノーザン系のシルクは値段は変わらないくらい高騰していますが成績がついていってないです。
なぜここまで差がでるのか?ノーザンが意識して馬を選別しているなら少しやばい数字です。

キャロットは400口クラブですが、値段と比べて成績がよいです。
しかし、クラブ(馬主)毎の入厩制限にかかるのか出走数は少ないです。
キャロは成績もよいうえにサービスもよいので少頭数出資したい人にはベストでしょう。
人気ありすぎて出資できないというのが唯一の欠点です。

ちなみに勝ち上がりが悪いクラブは未勝利に大量出走するので出走数が
多くなりますので単純に喜べないです。

出資クラブは、どこもぱっとせずクラブ選びを再考したほうがいいかもしれません。
東サラは2頭以上率が高く、バイヤー系にしては貢献しているでしょう。
このクラブはサービスがかなり悪いのが難点で、この点が解消してくれればいいのにと思います。

G1は昨年は値段も高いし成績も悪いという最悪の状態でした。
今年は値段は下がりましたが、勝ち上がり率は悪く、値段半分のラフィアンと変わりません。
キャロより募集価格が高いってどういう値付けロジックかと心配になります。
成績が振るわないなら値段を大きくさげないとダメだと思います。
ただ菊花賞に3頭だしの可能性もあるし少しは光が見えてきている状況です。
初年度から購入し続けているクラブなので何とか頑張ってほしいです。

シルクは募集価格は急上昇ですが、出走数や勝ち上がり率は下がるという
あまり面白くない展開です。なぜノーザンの中でぱっとしないのか?
クラブが主導的に馬を選ぶ機会を与えられているなら少し納得できます。
どちらかというとディープの半妹のようにPOGで人気の高齢馬を募集して
成績ふるわずのパターンのような気がします。
馬を走らせるよりも、お客に売れるか?を最優先にしているような気が。
収益も大事ですがそれだけだと長期で顧客ビジネスをするのは厳しいのではと少し思います。

13年産はどういう成績になるのか?来年もやりたいと思います。

参考:
11年産の記事
10年産の記事

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uma1kuti.blog106.fc2.com/tb.php/4111-20e01954
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シルク追加出資は? «  | BLOG TOP |  » シルク2015 追加出資検討馬

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ

一口馬主 ブログランキングへ My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR