topimage

まったく見どころなしで惨敗 ノースショアビーチ 内房Sは10着 - 2015.10.04 Sun

ノースショアビーチ(父キングカメハメハ 母ビーチフラッグ)
の久々の復帰戦は10着大敗でした。

OPでの実績、前走の圧勝もありてっきり1番人気だと思っていたのに
6番人気という低評価。少し嫌な予感しながらの応援でした。

スプリンターズS(G1)の後の静まり返ったパドックにて久々の再会。
north15100401.jpg
north15100402.jpg
north15100403.jpg
north15100404.jpg
馬体は悪くみえませんでしたが、やや入れ込んでいるような気が。
久々の分だったかもしれません。

レースではスタートもそこまで悪くないですが中段につける展開に。
最終コーナではすでにばて気味で直線ではまったくよいところなく惨敗。
ハンデもあったかもしれませんが、なくても今日の1着馬には完敗だったでしょう。

田中調教師は人柄はよい先生でほほえましいですが、
なぜあまり勝利できないのかよく分かったような気がします。
まず今回の敗戦は、
①ハンデが高くなるのは明白だったのになぜわざわざハンデ戦を使うのか?
②怪我でもないのに休み期間が多すぎる。
  叩いてよくなるといいつつ、前もその前も1,2戦ですぐ放牧にだしている。
  関西馬のように遠征させながら強くしないとダメ。
③調教が軽すぎる。今回のメンバーはそんなに甘くなかった。
  しかも長期の休み明けで息がはいっていなかった。
ということでしょう。

過去2回もくだしているストロングサウザーがあっさりOPに返り咲いたうえに勝利している
のをみると厩舎力の重要さが身にしみました。

次走東京ダート1600mは
10/24(土)秋嶺ステークス ハンデ
11/21(土)銀秋ステークス
とあるがハンデ戦だとまたハンデ重くなりそうなうえに長い直線の東京で苦戦が予想される。
11/8(日)銀嶺ステークス ダート1400mは関西への定量戦の遠征を考えてほしい。

10/24(土)だとグランシルクの富士S(G3)とかぶるのでそれはそれでよいのだが。。。

今日はショックを通り越してガッカリの敗戦でした。

レース結果:10月4日(日)中山・内房S(ダート1800m・ハンデ)
1 4 7 モンドクラッセ 牡4 56.0 三浦皇成 1:51.7   38.2 522 -2 清水英克 3
2 8 16 ミヤジタイガ 牡5 56.0 大野拓弥 1:52.5 5 38.6 502 +4 岩元市三 10
3 1 1 フォローハート 牝4 54.0 M.デムーロ 1:52.6 1/2 38.8 460 -2 河内洋 5
4 7 13 スノーモンキー 牡5 56.0 戸崎圭太 1:52.9 2 38.6 448 0 相沢郁 13
5 2 3 バンズーム 牡4 57.5 川田将雅 1:52.9 アタマ 38.2 470 0 久保田貴士 2
6 7 14 ショウナンアポロン 牡5 56.0 横山典弘 1:52.9 クビ 39.4 504 +8 古賀史生 9
7 6 11 キープインタッチ 牡5 57.0 北村宏司 1:53.0 クビ 38.2 504 0 古賀慎明 4
8 3 6 ドラゴンフォルテ 牡6 55.0 柴田善臣 1:53.2 1 1/4 38.7 480 -2 戸田博文 14
9 5 10 マイネルバウンス 牡6 55.0 柴田大知 1:53.4 1 1/2 38.4 492 0 伊藤大士 16
10 3 5 ノースショアビーチ 牡4 58.0 蛯名正義 1:53.5 クビ 39.2 490 0 田中剛 6
11 1 2 センチュリオン 牡3 54.0 吉田豊 1:53.7 1 1/2 39.6 510 -2 田村康仁 8
12 4 8 トウショウギフト 牡6 54.0 岩部純二 1:53.7 ハナ 38.7 536 +8 萱野浩二 15
13 2 4 アルタイル 牡3 55.0 松岡正海 1:53.8 クビ 39.2 482 0 手塚貴久 1
14 8 15 キネオイーグル 牡4 55.0 岩田康誠 1:54.1 2 40.1 504 -2 高柳瑞樹 7
15 6 12 セブンフォース 牡5 55.0 C.ルメール 1:54.2 クビ 39.8 552 -2 高野友和 11
16 5 9 コアレスキング 牡5 55.0 酒井学 1:54.4 1 40.2 534 -4 尾形充弘 12


2015年10月04日 美浦TC 10月4日(日)中山・内房S(ダート1800m・ハンデ)に58kg蛯名騎手で出走し、馬体重は前走7月の福島戦から増減なしの490kgでした。
レースでは、多少ゆっくりとしたスタートになり、押していきましたが、外の馬のダッシュが早く、中団前めのポジションからとなりました。道中は好位グループを見ながらレースを進め、3コーナー過ぎでは右ムチを入れて進出を開始。インの利を生かして徐々に順位を上げながら直線へ。前をいく先行勢を捉えに掛かりましたが、ジリジリとした脚色で伸びを欠き、勝ち馬から1.8秒差の10着でゴールしています。
「斤量が影響したのか、久々の分なのか、モサモサしてまるで進んで行かなかったです。道中は押してもハミをくわえず、上ずって走っているような印象を受けました。勝負どころを含めてサッと反応できず、直線でも広いところに出したわりに伸びませんでした。けっしてバテているわけではないのですが…。休み明けの今回を叩かれて良くなるはずで、また次走に期待してください」(蛯名騎手)
「久々の分もありましたし、腹回りはドッシリしていましたが、多少、馬体がこじんまり映りました。元々、使って良くなるタイプですから、次は上積みが期待できるはずです。次走については、状態を確認してからになりますが、東京のダート1600mを視野に入れていきたいと思います」(田中剛調教師)
その後、田中剛調教師から連絡があり、「右後肢蹄球の上、繋の付近に外傷が見つかりました。どうやらレース中に、他馬に引っ掛けられて、切れてしまったようです。すぐにケアして様子を見たいと思います」とのことでした。




ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uma1kuti.blog106.fc2.com/tb.php/4098-3031f4f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シルクの満口馬発表!すごいことに。。。 «  | BLOG TOP |  » 見せ場は作った!レッドオーヴァルがスプリンターズS(G1)7着

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ

一口馬主 ブログランキングへ My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR