topimage

レッドレイヴン 函館記念(G3)は掲示板がやっと。。 - 2015.07.19 Sun

レッドレイヴン(スマートストライク×ワンダーアゲイン)
の函館記念(G3)は掲示板まででした。

G1をとる器と思っていたんでこのメンバーでのこの結果はかなしいです。

何がわるいのか。。
やはり厩舎が問題かなぁ。。
調教が馬なり調教なのが悪いのか、一流騎手と喧嘩して乗ってもらえないのが悪いのか。。

期待が大きいだけにつらい結果ですがいつか大きな花を咲かせてくれると
あきらめずに応援したいと思います。

レース結果:15.07.19 (日) 函館 / 11R 函館記念 芝2000 柴山雄一
1 3 5 ダービーフィズ 牡5 54.0 岩田康誠 1:59.1   35.5 448 -6 小島太 3
2 2 3 ハギノハイブリッド 牡4 56.0 藤岡康太 1:59.1 アタマ 35.7 446 -6 松田国英 10
3 1 1 ヤマカツエース 牡3 53.0 池添謙一 1:59.7 3 1/2 36.6 478 -10 池添兼雄 7
4 6 11 エアソミュール 牡6 57.5 M.デムーロ 1:59.8 1/2 35.9 496 0 角居勝彦 1
5 7 13 マル外レッドレイヴン 牡5 56.0 柴山雄一 2:00.3 3 36.4 518 +4 藤沢和雄 5
6 8 15 ツクバコガネオー せん7 54.0 勝浦正樹 2:00.3 アタマ 36.1 534 +4 尾形充弘 15
7 4 8 アーデント 牡6 56.0 武豊 2:00.5 1 1/4 36.2 476 -2 加藤征弘 8
8 8 16 マイネルミラノ 牡5 56.0 丹内祐次 2:00.6 1/2 38.3 478 +2 相沢郁 2
9 7 14 ヴァーゲンザイル せん7 54.0 田辺裕信 2:00.6 クビ 36.1 452 +4 田村康仁 12
10 4 7 ラブイズブーシェ 牡6 57.0 古川吉洋 2:00.7 1/2 37.0 460 0 村山明 6
11 6 12 デウスウルト せん7 55.0 川田将雅 2:01.1 2 1/2 37.4 470 0 平田修 4
12 5 10 リベルタス 牡7 54.0 吉田隼人 2:01.7 3 1/2 37.9 502 -2 角居勝彦 9
13 1 2 サイモントルナーレ 牡9 49.0 井上敏樹 2:02.0 1 1/2 37.3 454 -2 田中清隆 16
14 2 4 エックスマーク 牡6 55.0 三浦皇成 2:02.1 3/4 38.6 486 +2 角居勝彦 11
15 5 9 ホーカーテンペスト 牡6 54.0 四位洋文 2:03.2 7 39.1 506 -4 藤沢和雄 13
16 3 6 サトノプライマシー せん6 55.0 丸山元気 2:06.2 大差 42.6 532 +6 堀宣行 14


15.07.19

7月19日レース後コメント(5着)
柴山騎手「パドックでは煩い感じでしたが、返し馬に入ってからは前回より落ち着いているように思いました。道中、外を通るのは避けたかったので内に入りたかったのですが、上手くいかなかったです。できれば、もう一例前での競馬がしたかったのですが・・・。あの位置だったぶん、前回よりは脚が溜まってはいましたが、外を通らされたのもあったのか、弾けるところまではいかなかったですね。乗り方ひとつで何とかなったとは思うのですが、上手く乗ることができなかったです。結果が出せず、すみません」

15.07.22

(函館競馬場→ファンタストクラブ)
レース後、ファンタストクラブへ放牧に出ました。

15.07.23

(函館競馬場→ファンタストクラブ)
火曜日にファンタストクラブへ放牧に出ました。
藤沢調教師「前走はトモの感じも良かったので、もう少しやってくれると思ったのですが、まだ勝ち切るにはいろいろ条件がつくということでしょう。もどかしい競馬が続きますが、何とかもうひとつ上に行けるように進めていきたいと思います。中1週で使いましたし、トモがガクッときても困るので、一度放牧に出しました。少し様子を見てから次どうするかを考えていきます」

15.07.31

(ファンタストクラブ)
入場時の馬体重506キロ。
マシン運動30分、常歩2400m、角馬場調整、キャンター調整。
担当スタッフ「レース後の疲れもそこまでひどくはないようです。すぐに運動を開始できましたし、すぐに坂路にも入れています。まだこの後の予定は決まっていませんが、徐々に馬もしっかりしてきているので、そこまで間隔を空けずに出走の目もあるかもしれませんので、しっかり疲れを取って体調を整えていきたいです」

15.08.07

(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「キャンターに加え今週から坂路でも乗り出しています。馬は元気いっぱいですね。この元気をレースでも生かしてくれればいいのになんてことも思ってしまうくらい元気ですが、レースは枠や展開もありますから仕方ないですね。幸いトモがガタッとくることはないですし、馬も徐々にしっかりしてきていますね。うちでは頭を下げて走る馬装具を付けて、よりトモを鍛えられるような工夫をしているので、そういう効果も出てくれたらと思います。トレセンの速い時計だとこうした馬装具を付けての調教はできないですから、牧場だからこそできる調整でもう一段上に上がれるよう頑張ります。次は秋になると思うので、しっかり立て直していきます」
馬体重516キロ


巴賞写真
album_redraven_17.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uma1kuti.blog106.fc2.com/tb.php/3949-8337e129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一口馬主のイロハを教えてくれたレッドデイヴィス引退を振り返る «  | BLOG TOP |  » 福島競馬場命名馬応援ツアー2日目 レーヌドオリエントは芝で弾けず11着。。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ

一口馬主 ブログランキングへ My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR