topimage

ボーンシスト続報!ステロイドの注入が難しいとは。。 - 2015.01.31 Sat

ルンバロッカ13(父ハーツクライ)のクラブ近況が更新されました。

続報でましたが様子見しかないという厳しい状況。。。
調教もできないならかなり厳しいような気もしますが。。
待つだけなのはつらいですね。



15.01.31

(社台ファーム)
マシン運動120分。馬体重450キロ。
この中間もマシン運動とパドック放牧を継続しています。マシン運動だけの現状では歩様は安定していますので、このままもうしばらく経過を見ることになります。申し訳ありませんが、お時間いただけますようお願いします。

獣医師の見解
「発症が分かってから2週間経過し、今のところ歩様の方は落ち着いています。ただ、かといって見切り発車で騎乗運動を開始することはできませんので、もうしばらく経過を見る必要があります。ボーンシストの治療としてはコルチコステロイドを注入するものもありますが、本馬の場合は部位的にステロイドの注入は難しいように思います。楽をさせてから歩様は改善していますので、もうしばらく現行メニューで経過を見ながら、定期的に患部の状態を確認していく必要があります」

15.02.13

(社台ファーム)
引き続きウォーキングマシンとパドック放牧で経過を観察しています。今のところ歩様の方は問題ありません。肩のボーンシストということで過去の症例は少ないのですが、四肢に比べると関節自体は小さいので、症状の度合いとしては軽度という見解です。筋肉に覆われている箇所なので、今後の筋肉の成長に伴い、患部をカバーしてくれる可能性もあるとのことです。いずれにしても、いま見切り発車で進めることはできませんので、ある程度時間をかけて進めていく必要があります。今後は徐々にマシンの時間を増やし、それを一定期間続けて問題なければ次のステップへといった形で段階を踏みながら進めていきたいと考えています。

15.02.27

(社台ファーム)
マシン運動120分。馬体重466キロ。
この中間もマシン運動の調整を続けています。マシン運動であれば歩様にも見せず、外見上の問題はありませんが、乗り出し開始まではまだ時間が必要です。その都度、状態を確認しながらメニューを検討していくことになりますので、いついつから騎乗開始と断定はできませんが、少なくとも、もう少し暖かくなってからになるかと思います。ご心配をお掛けしますが、何とか良い方に向かうよう努めていきますので、もうしばらく経過を見させて下さい。


2末写真
org_kinkyo_RumbaLoca13_9.jpg

1月写真
org_kinkyo_RumbaLoca13_7.jpg

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uma1kuti.blog106.fc2.com/tb.php/3597-741ff8de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

馬名申込 «  | BLOG TOP |  » 3年8か月ぶりの勝利!!レッドジョーカー強い勝ち方!

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ

一口馬主 ブログランキングへ My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR