topimage

ルンバロッカ13選定理由 - 2014.08.21 Thu

東サラで新たに出資したルンバロッカ13の選定理由です。

貴重なハーツクライ産駒、
初出資となる鹿戸厩舎というのがポイントです!!


ルンバロッカ13 
b_p_main_RumbaLoca13.jpg
3600万円 ◎・・・思ったより安かったです。旬かつ募集頭数が少ないハーツ産駒なのでお買い得。
3/16生 ◎・・・ベストに近い誕生日。
父:ハーツクライ産駒 ◎ ・・・成長力があり大物も出現。ディープを超せそうな種牡馬。
母:ルンバロッカ(2001生) 母父スライベカン ○・・・12歳の時の子供。 母父はあまり実績なし。
近親実績:半兄ロッカヴェラーノはOP勝など勝ち上がり率の高い血統 ○
生産:社台ファーム生産 ◎ 
育成:社台ファーム育成 ◎
美浦・鹿戸厩舎 ○ ・・・関東厩舎では馬の質に比べてうまく勝たせている印象。
馬体重428 体高153 胸囲169  管囲20 ◎・・・ちょうどよいサイズ。
DVD:胴が長くて長距離向き。おしりがあがっており少しバランス悪いが成長で変わってきそう。〇

選定理由:
ハーツクライ産駒であるというのが大部分の理由。
今年のハーツ産駒はジャスタウェイにはじまりオークス・ダービーも制覇するなど絶好調。
そのわりにこの年の出産数が少なくクラブで募集されるハーツ産駒は希少という状況です。

兄弟の活躍馬が多く、2,3勝くらいは堅実に望めそうな血統です。
半兄ロッカヴェラーノはOP勝ち。全兄アウトオブシャドウも3勝。堅実な血統です。

その上、鹿戸厩舎は東サラと非常に相性がよく、そこそもの血統でも上位クラスまで持っていくなど
腕は確かです。この馬でクラシックという夢をみても不思議ではなさそうです。

抽選落ちしたイタリアンレッド13に勝つような馬になってほしい!!


配合診断
母ルンバロッカは伊1000ギニー(G2・芝1600m)の勝ち馬。繁殖牝馬としても悪くなく、これまでにJRAで出走した6頭の産駒のうち5頭が勝ち上がり、そのうちクロスカップリング(父ダイワメジャー)が毎日杯5着、ロッカヴェラーノ(父マンハッタンカフェ)が皐月賞6着、アウトオブシャドウ(父ハーツクライ)が青葉賞8着と、産駒はコンスタントに重賞で上位に食い込んでいます。母の父Sri PekanはRoberto系ながら早熟のスプリンターとして活躍し、種牡馬としても成功しました。本馬はアウトオブシャドウの全弟。2代母の父Fabulous Dancerは父ハーツクライと相性がよく、この血の組み合わせを持つJRA出走馬わずか6頭から、ギュスターヴクライ、カポーティスターという重賞勝ち馬を送り出しています。芝中距離を得意とするアウトオブシャドウも現時点で3勝を挙げており、父ハーツクライが晩成型であることを考えると、この先まだまだ伸びしろがあるでしょう。兄以上の活躍を期待したいところです。

馬体解説
ハーツクライ産駒の特徴である、芝適性の高い長い繋が遺伝。幼少期は柔らかすぎてトモが緩い感じの歩きになりますが、体幹が強化されると疲れにくい長所を発揮します。肩甲骨の角度は中長距離向きで、胴も伸びやか。全体にスタミナが豊富なタイプです。細面の顔は父系で皮膚の質感もサンデー系ならではの薄さがあり、伸縮力を完備。父の産駒は前脚を開き気味に出す馬が多いのですが、本馬にその傾向はありません。後駆を形成する骨は長く、現状トモ高に見せますが、父は股関節が柔らかく、本馬も筋力がついて後脚の引きつけが速くなると総合力が大幅にアップします。父の産駒はバイオリズムが安定するのがやや遅い傾向にありますが、欧州の重厚な母系のサポートで体重が安定すれば、成長は早くなります。

クラブ調教師インタビュー
3勝をあげたロッカヴェラーノ、いずれも中央競馬で勝ち鞍を記録している現役馬のクロスカップリング、アウトオブシャドウ、ロッカバラードらを兄に持つルンバロッカ13は、父が2013年クラシック戦線において、ダービー馬ワンアンドオンリー、オークス馬ヌーヴォレコルトを送り出し大旋風を巻き起こしたハーツクライということも手伝い、極めて血統的注目度が高い若駒となっています。ルンバロッカ13の入厩予定先となっている鹿戸雄一調教師も、この馬の血統には、大きな期待を寄せています。

「ロッカヴェラーノ、クロスカップリング、そして全兄となるアウトオブシャドウといった兄たちがしっかりと走っている点は、非常に頼もしいですよね。もちろん、ルンバロッカ13には、兄たちをさらに超えるような大活躍を願っています」

「血統面だけではなく、馬体面でも高い素質を感じさせる馬」と、鹿戸調教師が続けます。

「好馬体を誇っていますし、見る度に良くなっている印象も受けています。気性も落ち着いた若駒ですし、調教も順調に積んでいけそうです。当然、クラシック路線に乗せたい馬ですし、デビュー時期は2歳秋、距離は芝1800mあたりからというイメージを持っています」

「ハーツクライ産駒でクラシックを」という想いを、鹿戸調教師は強く抱いているそうです。

「ハーツクライ産駒のレッドセシリア(阪神JF3着)のときは、クラシックに出走することが出来なくて、非常に悔しい思いをしました。同じ父を持つルンバロッカ13では、2歳G1戦、そしてクラシックレースと、大きな勲章となるビッグタイトルを貪欲に狙っていきたいと考えています」



にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
にほんブログ村 応援クリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 応援クリックお願いします!
関連記事

● COMMENT ●

出資おめでとうございます

Mayaさんこんにちは。
イタリアンレッド13は残念でしたが、ルンバロッカ13へ無事確定おめでとうございます。牡馬では一番欲しい馬でしたが、牝馬優先という事情があって見送りましたが、この馬は出資チャンスがなかなかない非常に希少な社台F生産のハーツクライ牡馬ってのがいいですね。っ注目しています。

Re: 出資おめでとうございます

マタさん こんばんわ
イタリアンレッド13は本当に残念でした。ここ今までで一番残念です。。。
その分ルンバロッカ13には頑張ってもらいたいと思います!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uma1kuti.blog106.fc2.com/tb.php/3248-b3008812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最終決戦!レッドリベリオン近況(8/24) «  | BLOG TOP |  » 障害OPに向け復帰!レッドキングダム近況(8/20,21,27,28)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ

一口馬主 ブログランキングへ My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR