FC2ブログ
topimage

中京競馬ライブ観戦 直線のびそうで伸びずインヘリットデール5着 - 2019.07.07 Sun

インヘリットデール(父ルーラーシップ 母フサイチエアデール 高野厩舎)の近況です。

禁止薬物騒動で延期になりましたが戦前の調教師コメントでは調子がよいとのこと。
ただ体重が増えていて、少しぽちゃっとみえました。

inheri20190707 (1)
inheri20190707 (2)
inheri20190707 (3)
inheri20190707 (4)

レースではスタートいまひとつで中段くらいにつけますが、そこからじょじょに
ポジションをあげていきます。先頭にむいたときは間をわって出るかと思いましたが
最後はのびず、はがゆい5着でした。

前々から懸念としてある、どう考えても早い脚がないのでマイルがむいてない、
また牡馬混合をなぜ使うのか調教師の采配がよくわからないです。
勝利した条件に近いレースを選んでほしいのに、勝ち負けになっていない距離
短縮ばかり。ストレスたまりますが、できれば続戦してほしいですね。

2年前は重賞とかいわれていた馬ですが、なんとか1勝できればという
感じになってしまいましたが、最後まで応援したいとおもいます。

レース結果:中京7月7日 有松特別〔川田将雅〕
1 枠1白 2 ムーンチャイム 牝4 52.0 武 豊 1:34.0 34.5 460(+28) 千田 輝彦 11
2 枠4青 7 ロケット 牝4 53.0 幸 英明 1:34.1 3/4 35.4 484(+6) 石橋 守 2
3 枠8桃 16 ライオネルカズマ ブリンカー 牡5 56.0 北村 友一 1:34.2 クビ 35.8 520(+8) 安田 隆行 4
4 枠6緑 11 イダエンペラー 牡4 54.0 岩田 望来 1:34.2 ハナ 35.0 482(-6) 藤原 英昭 9
5 枠5黄 9 インヘリットデール 牝5 54.0 川田 将雅 1:34.2 クビ 35.4 474(+8) 高野 友和 3
6 枠1白 1 スラッシュメタル 牡4 54.0 西村 淳也 1:34.4 1 34.8 452(-4) 西村 真幸 5
7 枠2黒 4 ナムラムツゴロー 牡4 54.0 鮫島 良太 1:34.5 1/2 35.4 482(-8) 長谷川 浩大 10
8 枠8桃 15 スパイクナード 牝5 51.0 小崎 綾也 1:34.5 クビ35.0 440(+8) 佐々木 晶三 14
9 枠7橙 14 コスモヨハネ 牡7 54.0 国分 優作 1:34.6 3/4 35.6 498(+2) 高橋 裕 13
10 枠5黄 10 サンクロワ 牡6 55.0 斎藤 新 1:34.7 クビ 36.1 472(-6) 斎藤 誠 8
11 枠6緑 12 クリアザトラック 牡5 57.0 松若 風馬 1:34.7 クビ 36.3 456(-4) 角居 勝彦 7
12 枠3赤 6 ショウボート 牡7 55.0 松山 弘平 1:34.8 クビ 35.2 486(-2) 石坂 正 6
13 枠2黒 3 エイシンルカーノ 牡5 55.0 M.デムーロ 1:34.9 1/2 35.5 470(0) 渡辺 薫彦 1
14 枠3赤 5 マルチエアシーラン 牡7 50.0 酒井 学 1:34.9 ハナ 35.6 488(+2) 小崎 憲 15
15 枠7橙 13 ヴァイザー 牡4 54.0 中谷 雄太 1:35.1 1 1/4 36.3 448(-8) 高橋 亮 12
除外 枠4青 8 エメラルスター 牡5 55.0 田辺 裕信 462(+10) 相沢 郁


下記はシルクホースクラブホームページ掲載の情報です。
ブログへの掲載は事前に許可をとっております。

2019.07.08 レース結果

 7/7(日)中京10R 有松特別〔芝1,600m・15頭〕5着[3人気]

まずまずのスタートを切りますが、行き脚が付かず促しながらの追走となります。徐々にポジションを押し上げて行き、最後の直線で追い出しに掛かると、ジワジワ脚を伸ばしましたが、僅かに届かず勝ち馬とは0.2秒差の5着に敗れています。

川田将雅騎手「跨った瞬間に急にスイッチが入り、馬場入りをゴネてなかなか進んでいかず、返し馬でも自分から進んで走って行こうとする気持ちが見られませんでした。レースも同じで、促しながらやっと流れに乗っていくことが出来たぐらいでしたし、勝負どころで追い出しに掛かるとフォームが上擦って推進力に欠けた走りでした。そんな中でも5着に来るぐらいですし、ポテンシャルの高い馬なのは間違いないので、気難しさをどう改善していけるかに尽きますね」

担当助手「パドックでは大人しくしていますが、ジョッキーが跨るとスイッチが入ってしまうために、後出しで地下馬道を出てから川田騎手に跨ってもらいました。パドックから地下馬道を歩いている間は落ち着いていましたが、ジョッキーが跨った瞬間に気難しさを出して、馬場に入るのを嫌がってしまいました。返し馬も自分から進んで走って行こうとしていませんでしたし、走りに対して嫌気が差しているような感じでした。ジョッキーの話ではレース中も同じような感じだったと言っていましたし、力をしっかり出し切っていない感じですね。それでも大きく負けていないですし、力があるのは分かっているだけに、何とか改善出来るようにしていかないといけませんね。今後についてはトレセンに戻って調教師に状態を見てもらってから検討することになっています」

2019.07.10 近況

在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽めの運動
次走予定:未定

高野友和調教師「トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、レースの疲れが少しある程度で、脚元などに大きなダメージはありませんでした。本当なら先出をするつもりだったのですが、他の馬との兼ね合いで最後に返し馬を行いました。それが影響したかどうかはっきり分からないですが、地下馬道から出た瞬間に煩いところを見せてしまって、そこからレースに集中出来ていなかったようです。勝ち馬とはそこまで負けていないだけに、あとはいかに穏やかな精神状態でレースに向かえるように工夫していくかが厩舎としての課題だと思っています。もう少しこちらで様子を見させていただき、このまま続戦させるか一旦牧場へ戻させていただくか検討させていただきます」

2019.07.12 最新情報

 13日(土)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出る予定です。

2019.07.19 近況

在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター
次走予定:未定

厩舎長「こちらに移動した後も目立った疲れは見られなかったので、今週から周回コースで乗り出しています。跨った感触も悪くなかったですし、乗り込みを強化しても問題なさそうなので、週末から坂路にも入れていきたいと考えています。飼い葉をよく食べていますし、普段の様子を見ても穏やかに過ごしているので、気になるところはありませんよ。馬体重は482kgです」

2019.08.09 近況

在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒
次走予定:第4回阪神開催

厩舎長「坂路でハロン15秒まで脚を伸ばすようにしてからは順調に調教が進められており、暑さの影響もなく元気いっぱいに登坂していますよ。飼い葉食いが良く、良いコンディションを保っていますし、順調そのものですよ。高野友和調教師から第4回阪神開催で復帰させたいと連絡を受けているので、帰厩に備えながら乗り込みを続けていきたいと思います。馬体重は498kgです」

2019.08.16 近況

在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒
次走予定:第4回阪神開催

厩舎長「ペースを上げた後も順調に進められていましたので、この中間から坂路で15-15からラスト1ハロン14秒まで脚を伸ばすようにしています。ペースを上げても息が乱れることもなく、最後まで力強く走っていますよ。飼い葉食いは変わりないですし、良い状態を維持しています。馬体重は493kgです」


7/7レース写真
IR190707.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ


にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

中京競馬ライブ観戦もサラミス崖っぷち継続。。。 - 2019.07.07 Sun

サラミス(父:ディープインパクト 母:サロミナ シルク所属)
の近況です。

中京競馬ライブ観戦 2戦目です。1番勝てそうな馬だと思ってました。
しがらきで3カ月調整し落ち着いて調教ができるようになりました。
不安は鞍上と、帰厩後結構池添厩舎で調教したので調子くずしてないかということ。。

パドックでは落ち着いてますが、相変わらず目がすわっているというか、
あんまお利口そうにみえないとか。。。
saramisu20190707 (1)
saramisu20190707 (2)
saramisu20190707 (3)

レースでは稍重で前にいきたいところですが、なんと中段後ろ。
この時点で嫌な予感しましたが、直線向いた段階で位置取りでアウトでした。
北村 友一騎手に厩舎は指示もしないのでしょうか。
直線もじりじりしか伸びず、なんとか掲示板を確保するのが精いっぱい。

続戦するにしても厩舎で調整できるのか不安しかありません。
むしろ地方にいって別厩舎に変えてもらったほうが良い気がしてきました。

レース結果:中京7月7日 芝1,400m
1 枠2黒 3 ジューンシルフィア 牝3 54.0 鮫島 克駿 1:21.8 34.3 436(+4) 松下 武士 8
2 枠8桃 18 ラッキーバローズ 牡3 53.0 ▲岩田 望来 1:21.8 クビ 34.9 420(-4) 角田 晃一 6
3 枠8桃 16 ウェーブクリスタル 牝3 54.0 秋山 真一郎 1:21.9 クビ 34.2 398(+4) 中尾 秀正 1
4 枠4青 7 アルバリズム 牝3 54.0 松若 風馬 1:22.3 2 1/2 36.1 514(+10) 河内 洋 10
5 枠8桃 17 サラミス 牡3 56.0 北村 友一 1:22.4 3/4 34.4 486(+6) 池添 学 2
6 枠1白 2 マルガイベストピクチャー 牝3 54.0 松山 弘平 1:22.4 ハナ 36.2 450(+10) 藤岡 健一 7
7 枠2黒 4 マルガイクロスオブヴァロー 牡3 56.0 小牧 太 1:22.7 1 1/2 34.6 454(-6) 武 幸四郎 5
8 枠6緑 11 マイネルカゲツ 牡3 56.0 藤井 勘一郎 1:22.8 3/4 36.1 454(0) 長谷川 浩大 16
9 枠7橙 14 ベストチャーム 牝3 54.0 川田 将雅 1:22.9 1/2 34.0 416(-4) 松下 武士 3
10 枠1白 1 ハニエル 牝3 54.0 武 豊 1:23.0 3/4 35.3 420(0) 吉村 圭司 9
11 枠7橙 13 サンクビジュー 牝3 51.0 ▲斎藤 新 1:23.0 アタマ 36.3 446(-2) 平田 修 11
12 枠3赤 5 ルーシー 牝3 54.0 高倉 稜 1:23.2 1 1/4 35.0 426(-8) 渡辺 薫彦 15
13 枠5黄 9 ワンダーグロウス 牝3 54.0 国分 優作 1:23.2 クビ 34.9 488(+12) 森田 直行 17
14 枠5黄 10 レイナローサ 牝3 52.0 △西村 淳也 1:23.3 クビ 34.9 370(+6) 清水 久詞 14
15 枠7橙 15 テイエムダイリン 牝3 54.0 酒井 学 1:23.6 2 37.3 468(-4) 五十嵐 忠男 4
16 枠6緑 12 マルガイフルオブドリームズ 牝3 54.0 中井 裕二 1:23.8 3/4 36.3 430(+4) 長谷川 浩大 18
17 枠3赤 6 オーバーザシード 牡3 56.0 田辺 裕信 1:25.0 7 36.6 490(-6) 中竹 和也 13
中止 枠4青 8 ガバナンスコード 牡3 56.0 太宰 啓介 500(+14) 昆 貢 12


下記はシルクホースクラブホームページ掲載の情報です。
ブログへの掲載は事前に許可をとっております。

2019.07.08 レース結果

 7/7(日)中京6R 3歳未勝利〔芝1,400m・18頭〕5着[2人気]

互角のスタートから無理せず後方に控え、人気馬を見ながら折り合いをつけていきます。3コーナーを過ぎたあたりでペースが上がると、スッと反応し切れず、最後の直線もジリジリとしか脚を伸ばせずに5着に上がったところでレースを終えています。

北村友一騎手「返し馬はムキになることもなく良い感じに行うことが出来ました。ゲートの出は悪くなかったですし、道中も人気馬のウェーブクリスタルをマークする形で勝負どころに差し掛かることが出来ました。ただ、ペースが上がったところで同じように上がって行くことが出来ず、最後の直線もジリジリとしか伸びてくれませんでした。この距離だと淡々とペースが流れてしまうために、自分から動いて行かざる得ない分、そこまで良い脚が使えないのだと思います。折り合いに関しては進展が見られたので、今なら1,600mぐらいの方がレースはし易いと思います」

池添学調教師「心身ともに良くなってきていると感じていただけに、良い競馬を期待していましたが、折り合い面には進展が見られたものの、この距離だと淡々とペースが流れてしまうために、もう一つ脚が溜まり切らなかったですね。無理にポジションを取りに行こうとするとガツンとハミを噛んでしまう恐れがありますし、勝負どころへ差し掛かるまで上手くレースを運んでくれたと思います。何とか最低限の優先出走権は確保してくれましたので、トレセンに戻って状態が変わりなければ、このまま続戦させたいと考えています」

2019.07.10 近況

在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽めの運動
次走予定:中京7月21日 芝1,600m、もしくは第2回小倉開催

池添学調教師「トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、目立ったダメージはなく、体調も変わりありませんでした。前走後にジョッキーからマイルから1,800mまでの距離が丁度良いと進言もありましたし、私自身もレースを見て同じように感じました。今週いっぱい状態を確認させていただき、それでも問題がなければ7月21日の中京・芝1,600m、もしくはもう1週待って第2回小倉開催を目標に調整していきたいと思います」

2019.07.17 近況

在厩場所:栗東トレセン
調教内容:角馬場、周回コースでキャンター
次走予定:小倉7月27日 芝1,800m〔福永祐一〕

池添学調教師「今週の出走も視野に入れていましたが、中京の馬場がかなり悪くなっていることもありますし、中1週でレースに向かうより、もう1週空けてあげる方が馬にとっても良いでしょうから、今週は回避させていただくことにしました。今週は普通キャンターで調整し、週末にいくらか時計を出そうと思います。小倉までの輸送が控えていますので、体調には気を配りながら調整していきたいと思います。7月27日の小倉・芝1,800mに福永騎手で向かう予定です」


7/7レース写真
saramis190707.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

中京競馬場ライブ観戦もウェストエッジほろ苦デビュー - 2019.07.07 Sun

ウェストエッジ(G1tc 父:オルフェーヴル 母:ヨナグッチ)の近況です。

本日は3頭関西馬が中京競馬で出走するので現地観戦してきました。
中京競馬は出資馬ウインドストリームのデビュー戦以来ですね。
2012/7/21(土)だったので、7年前になります。そんなに時間たったのですね。

パドック時点でオッズ40倍ということであまり期待もできませんでした。
それでも馬体だけみるとそんなに悪くはみえませんでした。
westege20190707 (2)
westege20190707 (3)
westege20190707 (4)
ただ暑さなのかよだれがだらーとしてましたね。

westege20190707 (1)

レースではスタートから暴れて、スタミナ勝負のはずで前にいきたいところですが
後方から。最終コーナーも大外ぶんまわしで、勝負ありました。
それでも、まずまずは伸びてきたので、ここからかなり鍛えてもらえば勝ち上がることも
できるかと思います。めちゃくちゃ鍛えて鍛えてもらいましょう。

レース結果:7月7日(日)中京・新馬戦(芝2000m)
1 枠5黄 5 マイラプソディ 牡2 54.0 武 豊 2:06.0 34.0 502(初出走) 友道 康夫 1
2 枠3赤 3 ルリアン 牡2 54.0 川田 将雅 2:06.1 3/4 34.4 496(初出走) 佐々木 晶三 4
3 枠1白 1 ブルーミングスカイ 牡2 54.0 M.デムーロ 2:06.2 3/4 34.4 450(初出走) 角居 勝彦 3
4 枠2黒 2 ルールオブサム 牡2 54.0 田辺 裕信 2:06.6 2 1/2 35.1 454(初出走) 笹田 和秀 6
5 枠8桃 10 サングレデクリスト 牡2 54.0 北村 友一 2:06.9 1 1/2 35.1 506(初出走) 清水 久詞 2
6 枠6緑 6 クリノティファニー 牝2 54.0 藤井 勘一郎 2:07.0 3/4 35.2 420(初出走) 須貝 尚介 9
7 枠7橙 7 ウェストエッジ 牡2 54.0 松山 弘平 2:07.0 ハナ 34.8 460(初出走) 石坂 正 7
8 枠7橙 8 ランクアップ 牡2 54.0 中谷 雄太 2:07.1 クビ 35.2 482(初出走) 矢作 芳人 8
9 枠8桃 9 パラジウムリボン 牝2 54.0 松若 風馬 2:08.4 8 36.8 388(初出走) 宮 徹 10
10 枠4青 4 シェイクスピア 牡2 54.0 幸 英明 2:08.7 2 37.2 480(初出走) 西浦 勝一 5



2019年07月07日 栗東TC 7月7日(日)中京・新馬戦(芝2000m)に54kg松山騎手で出走・デビューし、馬体重は460kgでした。
レースでは、頭を上げた格好でのスタートとなり、そこから体勢を整え、中団を追走。前半はそのままのポジションで運びました。向正面からは促しつついきましたが、思ったほど上がっていけず、3・4コーナーでは、前との差はそれほどないものの、最後方の位置どりとなりました。直線は外から追われると、少しずつ伸びて、前を交わしていきました。しかし、脚色はジリジリで大きく順位を上げられるほどではなく、勝ち馬から1.0秒差の7着まででした。
「返し馬やゲート裏からチャカついて若さを見せていました。攻め馬に乗せてもらったときは、そんなこともなかったのですが…。レースに行っても幼さを出していて、スタートも右を向いた格好でした。その後も集中して走れていませんでした。そんな中でも、終いは脚を使ってくれました。力はあると思います。なにをしていいか分からず、戸惑っているような部分も感じました。まだ2歳のこの時期ですし、馬具で矯正するというよりは使っていって、経験値を高めていく方が良くなってくると思います」(松山騎手)
「調教では割と大人しかったものの、今日はだいぶ若さを見せてしまいましたね。ただ、前半の感じだけで終わってしまうと、父の産駒の難しさかなということだけになってしまいますが、終いは伸びてきてくれたので、ホッとした部分もあります。ゲートからそのままデビューまできましたので、無理せず一旦リフレッシュを挟むつもりですが、これから競馬をどんどん経験していけば、もっといいところが出てくるはずです」(石坂正調教師)

2019年07月10日 吉澤SWEST 前走レース後も脚元を含め馬体に変わりはないものの、ここで一旦リフレッシュを挟みます。昨日7月9日(火)に吉澤ステーブルWESTへ放牧に出ました。
「終いの伸び脚はなかなかいいものがありました。若さを見せた部分は経験を積んでいけば、変わってくるでしょう。一旦リフレッシュを図ってから、また実戦経験を重ねていければと思います」(石坂正調教師)

2019年07月19日 吉澤SWEST 放牧後はリフレッシュを図りましたが、特に目立った疲れはなかったことから、すでに騎乗調教を再開しています。現在のメニューは、周回コースでハッキングキャンターを乗った後に、坂路コースをハロン17秒ペースで2本駆け上がるという内容です。気持ちの部分でも落ち着いており、動きに気になるところはありませんので、このまま徐々にピッチを上げていきます。飼葉も食べていて、最新の馬体重は476kgでした。

2019年08月02日 吉澤SWEST この中間は徐々にピッチを上げています。周回コースでハッキングキャンターを乗った後に、坂路コースをハロン17秒ペースで2本駆け上がるというメニューを基本として、先週には坂路コースで15-15を1本消化しました。特に大きく気になる部分はないものの、若干トモに緩さが残る印象です。しっかりと速めを重ねて、鍛錬を重ねていきます。最新の馬体重は488kgでした。

2019年08月14日 栗東TC 順調に乗り込み、コンディションも上向いてきたことから、本日8月14日(水)に栗東TCへ帰厩しました。こちらでさらにピッチを上げて出走態勢を作っていきます。


7/7 7着時写真
WE2019070701.jpg
WE2019070702.jpg



ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ
My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR