FC2ブログ
topimage

プロキシマ 令和出資馬初出走を殿から上り最速で勝利で飾る!! - 2019.05.04 Sat

プロキシマ(父ステイゴールド 母ノーブルステラ 池江厩舎 G1tc)の近況です。

心機一転令和時代の初出走となりました。
パドックでは踏み込みも深く、これはよい出来だと思いましたね。
レースでは、最後方を殿からじっとついていきます。
大丈夫かと思いましたが、直線、のびのびとはしらせて、上り最速の
末脚で全頭抜き去りました。横山 武史騎手、ナイス騎乗ありがとうございました。

およそ2年ぶりの勝利ということで、喜びもひとしおです。
プロキシマお疲れ様でした!!


レース結果:2019/5/4 新潟9R500万下芝2000m牝馬限定
1 枠7橙 9 プロキシマ 牝5 54.0 ☆横山 武史 1:59.4 34.2 474(-2) 池江 泰寿 4
2 枠2黒 2 ルナステラ 牝4 55.0 中谷 雄太 1:59.4 クビ 34.9 436(+2) 石坂 正 2
3 枠6緑 7 アオイプリンセス 牝6 53.0 △西村 淳也 1:59.5 クビ 34.7 454(-14) 大久保 龍志 1
4 枠7橙 8 デサフィアンテ 牝4 55.0 津村 明秀 1:59.6 3/4 34.4 482(+26) 稲垣 幸雄 6
5 枠3赤 3 アドマイヤクィーン 牝4 55.0 勝浦 正樹 1:59.9 1 3/4 35.1 470(-2) 須貝 尚介 8
6 枠8桃 11 クライベイビー 牝5 55.0 菱田 裕二 2:00.1 1 1/4 35.1 478(+8) 菊沢 隆徳 7
7 枠8桃 10 ロックザボート 牝4 52.0 ▲斎藤 新 2:00.2 1/2 35.2 498(-6) 石坂 公一 10
8 枠4青 4 マセラシオン 牝4 54.0 ☆富田 暁 2:00.4 1 35.4 450(+10) 平田 修 9
9 枠1白 1 カーロバンビーナ 牝4 52.0 ▲岩田 望来 2:00.7 1 3/4 36.2 400(0) 戸田 博文 3
10 枠6緑 6 マルチシンボリブーケ 牝5 52.0 ▲団野 大成 2:01.0 1 3/4 36.9 474(-4) 高橋 祥泰 11
11 枠5黄 5 ナルハヤ 牝5 52.0 ▲藤田 菜七子 2:01.2 1 1/4 37.1 490(+4) 梅田 智之 5



2019年
05月04日 栗東TC 5月4日(祝・土)新潟・芝2000m(牝馬限定戦)に54kg☆横山武史騎手で出走し、馬体重は前走から-2の474kgでした。
レースでは、五分のスタートを切りましたが、控えて後方から。前半は最後方でじっくりと運びました。3・4コーナーからジワッと動き、直線ではそれほど差のないところまで押し上げて、追い込みを図りました。大外で他馬と併せるような形で伸び、どんどん前を交わしていきました。残り200mを切ったあたりで、併せていた相手を振り切って先頭に立つと、内めで盛り返してきたライバルも抑えてゴール。約2年ぶりとなる待望の2勝めを飾りました。勝ち時計は1:59.4、2着馬とはクビ差でした。
「前走で乗せていただいて、いい脚を使ってくれることはわかっていました。ただ、力みやすいところがあるので、道中はこの馬のリズムで走らせることを優先して運びました。直線の長いコースも合っていますね。本当にいい脚で最後まで伸びてくれました。いい競馬ができたと思います。ありがとうございました」(横山武史騎手)

2019年05月08日 栗東TC 前走快勝後も脚元を含め馬体に変わりはありません。もうしばらくトレセンで状態を確認してから、ひと息挟むか、このまま次走へ向かうか判断します。
「ありがとうございました。中距離の適性をはっきりと見せてくれましたし、鞍上も上手に導いてくれました。いい結果を出すことができて良かったです。平坦コースの良馬場という本馬に合った条件で走ることができたのも大きかったですね。レース後も特に異常は見られません。しばらく様子を見てから予定を立てたいと思います」(池江調教師)

2019年05月15日 グリーンW 先週(金)より坂路コース入りを再開して、状態を確かめてきました。週末5月12日(日)には坂路コースを68.4-48.3-30.6-14.8秒のタイムで駆け上がっています。動きは問題ないものの、若干飼葉食いが細くなっているため、ここは無理せずリフレッシュを挟むことになりました。本日5月15日(水)にグリーンウッドTへ放牧に出ています。


2019年05月24日 グリーンW 放牧後も目立った疲れはないことから、今週より騎乗調教を再開しています。現在のメニューは、ハロン17秒ペースで周回コースを2000mと坂路コースを1本という内容です。動きはスムーズで、問題ありません。ただ、飼葉は食べるようになっているものの、馬体重は最新の計測で471kgともう少し欲しいところです。フックラと回復させるよう意識しながら調整していきます。

2019年06月07日 グリーンW この中間は徐々にピッチを上げています。ハロン17秒ペースで周回コースを3000mと坂路コースを1本乗り、今週からは坂路コースで15-15を取り入れ始めました。回復途上だった目方は498kgと増え、動きもしっかりとしています。この調子で速め調教もコンスタントに重ねながら帰厩の態勢を作っていく方針です。

2019年06月14日 栗東TC 本日6月14日(金)に栗東TCへ帰厩しています。状態を見ながら次走目標を決めていきます。

2019年06月17日 栗東TC 6月16日(日)より時計を出し始め、坂路コースで60.3-44.3-29.6-15.2秒をマークしています。

2019年06月19日 栗東TC 先週(金)栗東TCへ帰厩後も順調に乗り込んでいます。本日6月19日(水)はポリトラックコースで追い切り、6Fから83.8-67.8-52.8-38.8-12.6秒の時計をマークしました。7月14日(日)中京・シンガポールターフクラブ賞(芝2000m)への出走を目指していきます。
「単走で追い切りました。問題ない動きでしたね。いくぶん馬体は細く映りますが、体調は良いですし、いい雰囲気ではありますね。この調子で追い切りを重ねて、出走態勢を作っていきます」(兼武助手)

2019年06月24日 栗東TC 6月23日(日)坂路コースで時計を出しており、60.2-44.0-28.7-14.3秒をマークしています。


2019年06月26日 栗東TC 再来週7月14日(日)中京・シンガポールターフクラブ賞(芝2000m)への出走に向けて調整しています。この中間の調整も順調で、本日6月26日(水)は坂路コースを68.1-50.4-33.2-16.1秒のタイムで駆け上がりました。今週は明日6月27日(木)に追い切る予定です。

2019年06月27日 栗東TC 本日6月27日(木)にポリトラックコースで追い切りました。6Fから84.8-69.1-53.6-39.3-13.1秒の時計をマークしています。再来週7月14日(日)中京・シンガポールターフクラブ賞(芝2000m)への出走を予定しており、鞍上は松山騎手に依頼しました。
「落ち着きもありますし、なかなかいい動きでしたね。このまま仕上げていきます」(兼武助手)

2019年07月01日 栗東TC 6月30日(日)坂路コースで時計を出しており、59.7-43.2-28.5-14.2秒をマークしています。

2019年07月03日 栗東TC 来週7月14日(日)中京・シンガポールターフクラブ賞(芝2000m)に松山騎手で出走を予定しています。この中間も順調に乗り込んでおり、本日7月3日(水)は坂路コースを67.2-48.4-31.0-15.3秒のタイムで駆け上がりました。今週も明日4日(木)に追い切ります。

2019年07月04日 栗東TC 本日7月4日(木)にポリトラックコースで追い切り、6Fから80.6-66.1-51.9-37.9-12.5秒の時計をマークしました。
「単走で追い切り、なかなかいい動きでしたね。しっかりと調整して、徐々に状態は上がってきていると思います。この調子で来週のレースに備えていきます」(岩崎助手)

2019年07月08日 栗東TC 今週7月14日(日)中京・シンガポールターフクラブ賞(3歳上2勝クラス・芝2000m)に特別登録を行いました。フルゲート18頭のところ、本馬を含めて12頭の登録にとどまっています。


6月写真
PR190605.jpg

5/4 500万下優勝写真
PR19050401.jpg
PR19050402.jpg
PR19050403.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

シルク2018年追加募集馬 徹底分析Part2 関西編 - 2019.05.04 Sat

シルク追加募集馬の情報を様々な角度から分析してみました。
第二回目は関西馬です。

関東と比べると厩舎もよいですし、追加募集の第二回は関西に力いれているかな
と思わせます。どの馬も魅力的です。

なお最新の申し込み状況は下記です。

第2回追加募集馬への出資をご検討いただきましてありがとうございます。5月3日(金)午後4時時点の会員様向けインターネット先行期間におけるお申し込み状況は以下の通りです。

◆1,500口以上
76.ハルーワソングの17

◆950口以上
75.ローブティサージュの17

◆800口以上
72.マイティースルーの17
78.シーハングザムーンの17

◆500口以上
73.ティアラトウショウの17

※上記募集馬5頭は会員様向けインターネット先行受付期間内で満口となることが確定しておりますので、ご希望されるお客様は必ず先行期間内にお申し込みをお願いいたします。

◆450口以上
74.ポエティックリッチーズの17

◆400口以上
77.マチカネタマカズラの17

◆350口以上
71.レインボークォーツの17

75.ローブティサージュの17牡 栗
add75.png
5000万円 〇 ・・・G1馬の産駒なのでそんなものか。
1月22日生 △・・・やや早生まれ。
父:オルフェーヴル産駒 〇・・・初年度からG1馬2頭も当たりはずれが多い。
母:ローブティサージュ(2010生) 母父ウォーエンブレム ◎・・・7歳の時の子で繁殖適齢期。G1馬。初仔。
近親実績:母は阪神JF(G1)馬 〇
生産:ノーザンファーム ◎ 日本No1牧場
育成:ノーザンファーム空港  ◎ NF早来とNo1をあらそう
外厩:ノーザンファームしがらき ◎ 最近は天栄より勢いが下。
栗東 須貝厩舎 〇・・・昨年42勝で13位。今年は19位近辺。
体高158.0 胸囲179.0 管囲20.0 馬体重454 〇・・・少し幅が薄くトモが弱い。
動画:坂路はピッチもよく思った以上に動けてそう。〇
総評:
血統的には出資したい一頭。大人気ですね。
坂路の動きはよいですが、やや必死すぎるタイムのような気もします。
血統、動き、厩舎もよく、ご縁があれば出資したいところです。
気になるのは一次募集にでなかったのは小さいという理由だけだったのかだけですね。

76.ハルーワソングの17牡 鹿
add76.png
2000万円 〇 ・・・名繁殖の子供としては安いが超高齢出産。
6月8日生 △・・・かなりの遅生まれ。
父:ワールドエース産駒 △・・・ディープインパクト系種牡馬の初年度産駒。
母:ハルーワソング(1996生) 母父ヌレイエフ 〇・・・21歳の時の子で超高齢出産。
近親実績:兄弟にフレージュジャック、マーティンボロのG3馬、姪にシュバルグラン、ヴィブロス、ヴィルシーナのG1馬 ◎
生産:ノーザンファーム ◎ 日本No1牧場
育成:ノーザンファーム早来  ◎ 日本No1育成牧場
外厩:ノーザンファームしがらき ◎ 最近は天栄より勢いが下。
栗東 友道厩舎 〇・・・昨年43勝で12位。今年は34位近辺。
体高157.5 胸囲178.0 管囲19.5 馬体重433 △・・・牝馬のような馬体でまだ華奢。
動画:か弱そうだがディープ産駒らしい歩様。〇
総評:
超高齢出産かつ超遅生まれだが、名繁殖かつ調教師もよい。
冷静に考えると、ワナのような気もしますが、それでもこの牝系に
安い値段で出資できるのはよいですね。
しかし、まさかローブティサージュ17よりも人気があるとは予想外でした。

77.マチカネタマカズラの17牝 栗
add77.png
1600万円 〇 ・・・ゴールドアリュール産駒の牝馬としては妥当。
4月3日生 ◎・・・理想的な誕生日。
父:ゴールドアリュール産駒 〇・・・ダートではNO1もほぼラストクロップ世代。
母:マチカネタマカズラ(2003生) 母父キングマンボ △・・・14歳の時の子。
近親実績:半姉ホウオウパヒュームは3勝 △
生産:ノーザンファーム ◎ 日本No1牧場
育成:ノーザンファーム空港  ◎ NF早来とNo1をあらそう
外厩:ノーザンファームしがらき ◎ 最近は天栄より勢いが下
栗東 奥村厩舎 △・・・昨年18勝で81位。今年は10位近辺。
体高162.0 胸囲180.0  管囲19.5 馬体重446 〇・・・バランスのよい好馬体。
動画:歩様も力強くよい動き。〇
総評:
最大の課題はゴールドアリュール産駒の牝馬ということ。
牡馬と比較してやはりはしっていないですし、過去2頭出資しましたが
好馬体ですが勝ち上がれませんでした。
3度目の正直にするには躊躇しちゃいますね。


78.シーハングザムーンの17牡 黒鹿
add78.png
3200万円 △ ・・・未知の種牡馬としてはやや割高。
2月21日生 〇・・・標準的な誕生日。
父:カイロプリンス産駒 △・・・産駒は米国ではそこそこはしっている。
母:シーハングザムーン(2012生) 母父MalibyMoon △・・・5歳の時の子でやや若すぎる。初仔。
近親実績:祖母はカナダ古牝馬チャンピオン △
生産:海外 △ トレーニングセール出身
育成:ノーザンファーム早来  ◎ 日本No1育成牧場
外厩:ノーザンファームしがらき ◎ 最近は天栄より勢いが下。
栗東 松永厩舎 〇・・・昨年35勝で15位。今年は7位近辺。
体高162.0 胸囲195.0  管囲20.0 馬体重500 〇・・・迫力ある馬体。
動画:トレーニングセールの動画がまるで猟犬のような動き。〇
総評:
トレーニングセールをみると脚の可動域がすごく広く、ダートで
相当走ってくれそうな期待がありつつ、トレーニングセールに仕上がて
いるので日本にきて体調をくずすという心配もありますね。

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ
My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

04 ≪│2019/05│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR