topimage

うまなび11でプリモシーンが期待の新馬で放送されました!! - 2017.09.11 Mon

プリモシーン(父ディープインパクト×モシーン)の近況が更新されました。

グランシルクを推奨してくれた吉岡さんが、うまなび11で期待の新馬として
プリモシーンを推奨してくれました。

まとめると、
トーセンブレスとかダイワスカーレットの仔がでる好カードになるが、
この馬は確勝級という評価で、将来的にも楽しみにしたい馬。

血統配合もとてもよい。
攻め馬も動くし、いい体している、馬体重は460~470kgでデビュー。
どんな競馬してくれるか、勝ち方を期待したい。

とのこと。

調教やグリーンチャンネルの天栄特集でもかなり取り上げられているので
だんだん期待度が高まっています。
今週レースですので、できれば現地で応援、そして新馬勝ちを見たいと思います!!

出資馬としてはグランシルクのエースの座を引き継ぐ馬、そしてレッドオーヴァルの
忘れ物の桜花賞優勝を狙うだけの馬だと感じているので本当に期待しています!!!



下記はシルクホースクラブホームページ掲載の情報です。
ブログへの掲載は事前に許可をとっております。

2017/09/11 <調教タイム>
 助 手 9.10南坂良 54.1- 39.0- 25.0- 11.9 馬なり余力
2017/09/11 <出走予定>
17日(日)中山5R・芝1,600m〔戸崎圭太〕


8月写真
d_02680280.jpg

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

サマーマイルシリーズ チャンピオン!! - 2017.09.11 Mon

グランシルク(父:ステイゴールド×母:ルシルク)
がサマーマイルシリーズとなりました。

今まで全く縁がなかったサマーシリーズ。

■サマーシリーズチャンピオンの決定について
  サマースプリントシリーズ・サマー2000シリーズ・サマーマイルシリーズ
      各シリーズ対象競走における着順に応じて、下表のとおり点数を1競走毎に与え、その合計得点がサマースプリントシリーズおよびサマー2000シリーズについては13点以上、サマーマイルシリーズについては12点以上であり、かつ、各シリーズ対象競走において1勝以上した馬の中から、合計得点が最上位の馬をシリーズチャンピオンとする。
 なお、合計得点が最上位の馬が複数頭いる場合は、それぞれの馬をシリーズチャンピオンとする。

結果として、中京記念優勝、関谷記念2着のウインガニオンとわけあい、
グランシルクが15ptで優勝となりました。

サマーマイル順位
1 ウインガニオン 15
1 グランシルク 15
3 マルターズアポジー 13
4 ダノンリバティ 10
5 ガリバルディ 5
5 ブラックムーン 5
7 アスカビレン 4
8 トーセンデューク 3
8 ヤングマンパワー 3
10 ウキヨノカゼ 2
10 オールザゴー 2
10 ダノンプラチナ 2
10 マイネルアウラート 2
10 レッドレイヴン 2
10 ロサギガンティア  2

賞金としては、褒賞金として馬主に2,400万円、厩舎関係者に600万円をそれぞれ交付するということで、
グランシルクは1200万円GETしてくれました!!

こういう追加ボーナス初めてなので本当にありがとうございました!!!



下記はシルクホースクラブホームページ掲載の情報です。
ブログへの掲載は事前に許可をとっております。

2017/09/11 <レース結果>
 9/10(日)中山11R 京成杯オータムH(GⅢ)〔芝1,600m・16頭〕優勝[1人気]

まずまずのスタートを決めると無理せず、道中は10番手辺りを追走、3,4コーナー中間辺りから大外を回って徐々に前との差を詰めに掛かり、直線に向いて追い出されると、1頭だけ際立つ伸び脚を見せて残り150m付近で差し切り、最後は騎手も流す余裕を見せる圧倒的な内容で、待望の重賞初勝利を挙げています。

田辺裕信騎手「スタートを上手く決めてくれましたし、前に行く組と後ろから競馬をする組に別かれると分かっていたので、慌てずに進めました。前がある程度引っ張ってくれて、周りを囲まれずに自分のリズムで走ることが出来たのも良かったと思います。これまでのレースを振り返ると、勝負どころで少しモタつく印象があったので、意識的に早めに上がって行きました。最後はしっかり脚を伸ばしてくれて、タイムも優秀ですし、やはり力がある馬ですね。年齢よりは馬に活気のある印象を受けましたし、まだまだこれから頑張ってくれると思います。いい馬に乗せていただき、ありがとうございました」

戸田博文調教師「馬がだいぶ完成されてきましたし、田辺騎手もあまり先入観を持たずに乗ってくれたことで、最高の騎乗をしてくれたと思います。前走も負けはしましたが、馬場の悪いところをグイグイ伸びてくれましたし、力があるのは分かっていました。でも、なかなか勝てなかったので調教師が自信を失いかけそうになっていたのですが、馬は自信を持ってくれていましたし、勝つときは本当にすべてが上手く行くものだと感じています。サマーマイルシリーズはあまり意識せずに、この馬が得意な中山のマイル戦を目標に関屋記念をパスさせてもらって今回のレースに臨みましたが、結果として同点ですがタイトルも獲れたので良かったです。3歳時にはGⅠで一番人気に支持されるほどの馬ですし、血統的にも期待しているのでなんとかもう一つ上のタイトルを目指したいです。この秋はマイルチャンピオンシップを最大の目標に調整していきたいですが、今回完璧に乗ってくれた田辺騎手で向かいたいものの、他のお手馬との兼ね合いもありますからね。もう一戦どこか挟んでから本番へ行きたいと思いますが、コロコロ騎手を替えたくないので、その辺りも踏まえて次走を考えたいと思います」


京成杯オータムハンデキャップ(GIII)優勝時写真
グランシルク170910京成杯2

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ

一口馬主 ブログランキングへ My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR