topimage

レッドレイヴン大惨敗 - 2017.06.12 Mon

レッドレイヴン(スマートストライク×ワンダーアゲイン)
のエプソムCのレースは大惨敗でした。

期待してましたがまったくだめでした。
また巴賞ですか、、、。それなら直接函館記念のほうがまだましのような。。


レース結果:17.06.11 (日) 東京 / 11R エプソムC 芝1800

1 6 12 マル外ダッシングブレイズ 牡5 56.0 浜中俊 1:45.9   34.2 500 0 吉村圭司 5
2 5 10 アストラエンブレム 牡4 56.0 M.デムーロ 1:46.0 1/2 34.2 470 +4 小島茂之 1
3 4 7 マイネルハニー 牡4 56.0 柴田大知 1:46.0 ハナ 34.6 478 -2 栗田博憲 6
4 7 13 クラリティシチー 牡6 56.0 川田将雅 1:46.1 3/4 34.2 498 0 上原博之 12
5 2 3 バーディーイーグル 牡7 56.0 吉田豊 1:46.2 3/4 33.9 492 +2 国枝栄 17
6 7 14 タイセイサミット 牡4 56.0 戸崎圭太 1:46.3 クビ 34.2 490 +2 矢作芳人 2
7 1 1 マイネルミラノ 牡7 58.0 丹内祐次 1:46.3 クビ 34.8 490 +6 相沢郁 8
8 3 6 デンコウアンジュ 牝4 54.0 蛯名正義 1:46.4 1/2 34.3 442 -2 荒川義之 3
9 1 2 フルーキー 牡7 58.0 北村宏司 1:46.6 1 1/4 34.6 492 -6 角居勝彦 9
10 8 18 ナスノセイカン 牡5 56.0 丸山元気 1:46.8 1 1/4 33.9 470 +6 矢野英一 11
11 6 11 ベルーフ 牡5 56.0 大野拓弥 1:46.8 クビ 34.1 486 -4 池江泰寿 10
12 2 4 ヒストリカル 牡8 57.0 横山典弘 1:46.9 3/4 34.5 458 +2 音無秀孝 7
13 3 5 カムフィー 牡8 56.0 吉田隼人 1:47.0 クビ 34.4 464 -2 池上昌和 18
14 8 16 メドウラーク 牡6 56.0 石橋脩 1:47.1 1/2 34.9 500 -6 橋田満 15
15 5 9 クラリティスカイ 牡5 56.0 田辺裕信 1:47.2 3/4 34.9 496 0 斎藤誠 4
16 8 17 マル外レッドレイヴン 牡7 56.0 内田博幸 1:47.4 1 1/2 35.0 520 0 藤沢和雄 13
17 4 8 トーセンレーヴ 牡9 57.0 石川裕紀人 1:47.5 クビ 35.5 478 -10 池江泰寿 16
18 7 15 パドルウィール 牡6 56.0 池添謙一 1:48.0 3 35.9 494 +2 中尾秀正 14



7.06.11

6月11日レース後コメント(16着)
内田騎手「今週の調教の感じが良かったので、密かに期待していましたが、さすがに長い休み明けで甘くはなかったですね。以前自分が乗っていたときや最近の競馬をみても道中力むところがあるので、そこを一番気にして乗りましたが、今日は上手に走れましたね。外で壁のないところでも抜けて楽に走れていたのは良かったと思います。さすがにまだ体が動き切れないようでしたし、この状態でガンガンに追っても馬のためにならないので無理はしませんでした。この一戦で本調子とまではいかないかもしれないですが、馬体の感じなどまだまだ衰えていないというのはわかったので、このまま大事に続けて使っていければいずれ大きいところも取れるはずですよ」

藤澤師「いきなりからと思っていましたが、競馬はまた違いますね。長い休み明けにはペースも展開も厳しかったです。騎手は無理せず上手に乗ってきてくれたので、大きなダメージもないでしょうし、トモがガクッとこずに続けて使えれば次は変わってくるでしょう。様子を見てからですが、巴賞も視野に入れていくつもりでいます」

17.06.14

(藤澤厩舎)
運動のみ。
藤澤調教師「いかにも休み明けといった競馬になってしまいましたが、無理させなかったのもあって、ここまでは大きくガクッとはきていないようですね。ここからトモがくたっとしてこなければ続けていけるかと思っています。一度使って馬体などは良くなるはずなので、できればこのまま使いたいですね。どこを使うかはこの後の様子も見てもう少し考えたいと思います」

17.06.15

(藤澤厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日から馬場に出して乗ってみました。トモの感じは気を付けていましたが、使う前と変わらず、大きなダメージはなさそうですね。少し元気がないかなという感じはあるので使ったぶんの疲れはありそうですが、目一杯という競馬でもなかったので、またすぐに回復してくると思います。巴賞を使うかどうかはまだ分かりませんが、この感じなら間隔が詰まっても大丈夫そうですよ」

17.06.21

(藤澤厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。
6/21(水) 坂路 62.9-45.5-29.4-14.7 馬なり
助手「坂路を普通キャンターで上がりました。先週は使ったなりの疲れはあるかなという感じでしたが、だいぶ戻ってきていますね。相変わらずテンションは高めですが、ひどくなってもいないので、うまく付き合いながらやっていきます。予定が先になりそうなので、トモに疲れを残さないように気を付けて進めていきます」
藤澤調教師「気性面を考えると滞在の競馬のほうがいいかとも思うのですが、一度マイルでの競馬も見てみたいので、次は中京記念に向かおうかと思っています。ハンデもそれほど背負わされないでしょうし、中京のコース形態も合っている気がします」

17.06.22

(藤澤厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。
6/22(木) 坂路 64.6-47.7-31.1-15.3 馬なり
助手「今日も坂路を上がりました。なるべく馬の少ない時間を狙って走らせているのもあって、使った後もそれほどテンションも上がらずにきていますよ。トモの入りも特に気にならないですし、使った疲れは気にしなくて大丈夫そうですね。ここからまた背腰がガクッとくる可能性はなくはないですが、次の競馬まで時間ができましたし、またじっくり上げていくつもりで進めていく予定にしています」

17.06.28

(藤澤厩舎)
乗り運動、ダク、ハッキングの後、ウッドコースで追い切り。
6/28(水) ウッド
内タワーオブロンドン 53.7-39.5-12.8 馬なり
外レッドレイヴン 54.1-39.9-12.8 馬なり
助手「2歳馬を誘導する感じで追い切りました。相手の様子を見ながらという形でしたが、折り合いは問題なく、我慢もできていましたね。使ってしばらくはテンションも高めでしたが、いつもくらいには戻ってきたと思います。本当にいい時はもっと走りが弾んでいたと思うので、まだ本調子とまではいかないですが、競馬まで時間もできましたし、トモには注意して進めていきたいと思っています」

17.06.29

(藤澤厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「昨日少しやったので軽く乗っておきました。昨日の感じだとまだ競馬のダメージがあるかなという動きでしたが、トモも含めどこか悪いというわけではないですよ。ここから乗っていけばまた動きもパンとしてくるでしょうし、気性面もこの馬なりに落ち着いているので、進めていくのに支障はないと思います。前回も状態は悪くなかったとは思うのですが、次は条件も変わりますし、力を発揮できる状態にもっていってあげたいですね」

17.07.05

(藤澤厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。
7/5(水) 坂路
内レッドレイヴン 53.8-39.3-25.9-13.3 馬なり
外ダノンゴールド 54.0-39.4-26.0-13.3 馬なり
助手「坂路で最後併せて追い切りました。まだあまりびっしりはやりたくなかったので最後の100mくらいだけ併せましたが、動き自体は問題なかったですね。必要以上に前を追いかけることもなく折り合っていましたし、併せてからもムキになることなくスムーズに走ってくれました。前回も感じは良かっただけに大きく変わったわけではないですが、悪いほうにいっているということはなさそうです。完全に落ち着いているわけではないのでだいぶ汗はかいていますが、このくらいのテンションで我慢してほしいところですね」
※次走、中京記念の鞍上はホワイト騎手を予定しています。

17.07.06

(藤澤厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日は軽い調整です。今日は1頭で馬場入りしましたが、それでも上がりは汗びっしょりでしたし、相変わらずのテンションではありますね。もう少し普段からのんびりするところが出てくるといいとは思いますが、そのあたりはこちらもうまく付き合っていきたいと思います。トモの感じなどは引き続き悪くないですし、あまり疲れを溜めないように競馬まで調整していきたいですね」

17.07.12

(藤澤厩舎)
乗り運動後、ウッドコースにて単走で追い切り。
7/12(水) ウッド 72.5-55.6-41.3-13.3 馬なり
助手「今日はウッドコースで追い切りました。単走なのであまりピリピリさせないようにゆっくり行かせ、道中もこの馬なりに走らせて、時計が速くならないよう心掛けました。併せ馬ではない分、ハミをがっちり取るようなところはなかったのですが、トモの感じも悪くなく、息も良かったので、この後週末来週とやって行けば問題ないと思います。相変わらず上がって来てから鳴いたりはしていますが、それでも以前に比べると落ち着いて来ていますよ。飼葉もしっかり食べていますし、今週追い切る前の時点で馬体重は522キロだったので、輸送を考えれば問題ないと思います」
藤澤調教師「前走後もバテる事無く、今日の追い切りでもしっかり走っていましたし、順調に来ていると思います。この後も来週に向けてしっかり仕上げて行きますよ」

17.07.13

(藤澤厩舎)
乗り運動後、北のCコースをダクで1周。
攻め厩務員「昨日追い切ったので、今日はダクだけ乗って調整しました。歩様に硬さはなかったのですが、ここに来て暑くなってきたせいか、少しトモに疲れがあるようです。どうしても気負うところのある馬なので汗もかきますし、今日はダクだけだったので気が緩んだせいもあるかもしれませんね。ただ、体全体の感じは久々を使って引き締まって来ているので、何とか来週良い形で出走できるよう、しっかりケアして進めて行きたいと思います」


エプソムC写真
album_redraven_24.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

2017 社台サンデーG1 北海道 募集馬 見学ツアー3 早来ファームメス - 2017.06.12 Mon

今年も社台サンデーG1の3クラブ合同の北海道 募集馬 見学ツアーに参加してきました。
第3回目は、早来ファームのメス。主に白老ファーム生産の馬が繋養されています。

今回はG1tc所属馬のみご紹介します。
ここでは、レクレドールの16が気になりますね。



G8 ワーキングウーマンの16メス 父ルーラーシップ 439kg 1800万 小島茂之厩舎
2017_G8_01.jpg
2017_G8_02.jpg
2017_G8_03.jpg
馬体だけなら早来メスのG1募集馬で一番よいかも。

G12 レクレドールの16メス 父ハービンジャー 391kg 2400万 堀厩舎
2017_G12_01.jpg
2017_G12_02.jpg
2017_G12_03.jpg
今の時期からきれいにまとまりすぎている気もするが。
トモの黒い斑点は黒い毛がのこったようです。

G21 アルーリングボイスの16メス 父ディープインパクト 445kg 5000万 矢作厩舎
2017_G21_01.jpg
2017_G21_02.jpg
2017_G21_03.jpg
繋ぎがたち気味以外はかなりよいと思います。

G26 サマーナイトシティの16メス 父ハーツクライ 403kg 3200万 西園厩舎
2017_G26_01.jpg
2017_G26_02.jpg
2017_G26_03.jpg
姉も馬体はよくみえませんでしたが走りました。その姉よりは今の時期ではよくみえます。

G30 ケイトの16メス 父オルフェーヴル 404kg 2000万 岡田厩舎
不覚にも写真とれていない。。。

G40 バブリームードの16メス 父ゴールドアリュール 390kg 1200万 千田厩舎
2017_G40_01.jpg
2017_G40_02.jpg
2017_G40_03.jpg
ゴールドアリュール産駒らしい毛色、馬体でした。

G42 レティセントガールの16メス 父へ二ーヒューズ 405kg 1000万 梅田厩舎
2017_G42_01.jpg
2017_G42_02.jpg
2017_G42_03.jpg
1000万の割には馬体も、血統もよい気がします。お買い得かも。

G43 クラックシードの16メス 父ワークフォース 400kg 1200万 西村厩舎
2017_G43_01.jpg
2017_G43_02.jpg
2017_G43_03.jpg
トモも大きくよさそうですね。

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

2017 社台サンデーG1 北海道 募集馬 見学ツアー2 早来ファーム牡) - 2017.06.12 Mon

今年も社台サンデーG1の3クラブ合同の北海道 募集馬 見学ツアーに参加してきました。
第2回目は、早来ファームの牡。主に白老ファーム生産の馬が繋養されています。

今回はG1tc所属馬のみご紹介します。
ここでは、スキッフル16、ラリーズン16が気になりますね。



G9 プラージュの16牡 父ノヴェリスト 415kg 1800万 萩原厩舎
2017_G9_01.jpg
2017_G9_02.jpg
2017_G9_03.jpg
ノヴェリストは馬体はよいですよね。どこまで走ってくるか。

G13 ダイナズクラブの16牡 父ゴールドアリュール 465kg 1800万 田村厩舎
2017_G13_01.jpg
2017_G13_02.jpg
2017_G13_03.jpg
ダート馬らしい馬体。母が超高齢でなければ。。

G16 ストレートラブの16牡 父クロフネ 376kg 2000万 久保田厩舎
2017_G16_01.jpg
2017_G16_02.jpg
2017_G16_03.jpg
今一つ結果のでていないタキオン母父。

G17 アナンジュパスの16牡 父ワークフォース 380kg 1600万 小笠厩舎
2017_G17_01.jpg
2017_G17_02.jpg
2017_G17_03.jpg
クラブ出身馬の子供が初めて募集にかかりましたね。

G24 タンタスエルテの16牡 父ハーツクライ 385kg 6000万 池江厩舎
写真とれず。。痛恨のミスです。

G29 スキッフルの16牡 父オルフェーヴル 430kg 5000万 池江厩舎
2017_G29_01.jpg
2017_G29_02.jpg
2017_G29_03.jpg
この馬は実馬がさらによいですね。オーラもあり人だかりもできてました。
高いけどほしい一頭です。

G33 ラリーズンの16牡 父トー度カナロア 378kg 2400万 平田厩舎
2017_G33_01.jpg
2017_G33_02.jpg
2017_G33_03.jpg
この馬もよかったですね。トモがくっきりあり短距離かもしれませんが
走ってきそうですよ。

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

2017 社台サンデーG1 北海道 募集馬 見学ツアー1 (ノーザンファームYearling空港) - 2017.06.12 Mon

今年も社台サンデーG1の3クラブ合同の北海道 募集馬 見学ツアーに参加してきました。
5年連続5回目になります。
毎年6月おなじみのイベントになってきました。

天気予報では数日前まで雨が心配されてましたが当日は快晴!
かなりほっとしました。

第一回目は超良血馬がそろうノーザンファームYearling空港での写真です。
2017G1tcopning.jpg

今回はG1tc所属馬のみご紹介します。
ここでは、ダイワオンディーヌ16かトップモーション16が気になりますね。



G19 ダイワオンディーヌの16牡 父スマートファルコン 398kg 1800万 加藤厩舎
2017_G19_01.jpg
2017_G19_02.jpg
2017_G19_03.jpg
これは実馬が数段上でした。
トモの迫力がすごい。これがゴールドアリュール産駒なら即決でしたが、
まだ未知数のスマートファルコンというところがネックでしょうか。

G25 トップモーションの16牡 父ハーツクライ 385kg 3600万 藤岡厩舎
2017_G25_01.jpg
2017_G25_02.jpg
2017_G25_03.jpg
遅生まれなのでやはり小さく映りました。
それでもノーザンがこの値付けをしているということはポテンシャルが高いのでしょう。
人気が下がれば逆に出資しやすく面白い存在かもしれません。

G32 ファーゴの16牡 父ロードカナロア 361kg 2000万 渡辺厩舎
2017_G32_01.jpg
2017_G32_02.jpg
2017_G32_03.jpg
まだ冬毛がモフモフしていて写真のほうがよく映りました。
まだこれからでしょうが、楽しみな1頭です。

G44 シルバーチャリスの16牡 父トーセンホマレボシ 380kg 1400万 高橋厩舎
2017_G44_01.jpg
2017_G44_02.jpg
2017_G44_03.jpg
牡馬のノーザン産駒がこの値段。馬体も毛艶もよくはえました。
種牡馬が未知数なのでいけませんが、2頭目、3頭目にはよいかもしれませんね。

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ

一口馬主 ブログランキングへ My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR