topimage

こちらもそろそろ入厩へ ヴェルトゥアル近況(5/15) - 2017.05.15 Mon

ヴェルトゥアル(父スマートファルコン×母シルクユニバーサル)の近況が更新されました。

こちらも順調でそろそろ入厩しそうです。
馬体はパワフルでいかにもダート馬ぽい。こちらも芝には浮気せず
ダートで上を目指してほしいです。
新潟デビューかな?



下記はシルクホースクラブホームページ掲載の情報です。
ブログへの掲載は事前に許可をとっております。

2017/05/15 <近況>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,700m

担当者「引き続き、坂路での乗り込みを中心にトレーニングを行っています。休まず調教を行っていますが、脚元を含めて馬体に疲れが出ることもなく、順調に進めることができています。変わらず走りはしっかりとしていて良いのですが、少しハミにモタれるところがあるので、しっかりと体を起こしてトモを使って走れるように教えていきたいと思います。さらに乗り込みを強化し、入厩に向けて状態を整えていきたいと思います」馬体重473kg


5月写真
d_02650024.jpg

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

そろそろ入厩!!ハウナニ近況(5/15) - 2017.05.15 Mon

命名馬のハウナニ(ユキチャンの15 父ロードカナロア)の近況が更新されました。

具体的な入厩プランがでました。
動画でみてもまっずぐ力強く坂路をはしっていますし能力高そうです。
芝には浮気せず最初からダートで女王めざしてほしいところです。



下記はシルクホースクラブホームページ掲載の情報です。
ブログへの掲載は事前に許可をとっております。

2017/05/15 <近況>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,400m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間から坂路入りを再開し、ハロン14秒まで脚を伸ばして乗り込んでいます。短期間のリフレッシュを挟んだことにより疲れも取れ、心身ともにフレッシュな状態に戻りました。またリフレッシュしたことによる超回復の効果により、坂路での力強いキャンターはさらにパワーアップしています。馬の状態に合わせて休養を挟みながら調教を行っている効果から、馬の全体的な雰囲気は明らかに良化していますし、調教の負荷が上がってもその良い状態を保てており頼もしい限りですね。手塚調教師とは5月末か6月上旬に入厩する方向で調整しています」馬体重498kg


5月写真
d_02650017.jpg

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

コメント急上昇!プリモシーン近況(5/15) - 2017.05.15 Mon

プリモシーン(父ディープインパクト×モシーン)の近況が更新されました。

今まで近況は必ずしもポジティブでなかったですがここへきて急上昇ですね。
6月中入厩ということで新潟デビューとかでしょうか。
期待の1頭ですのでこのままさらに鍛えてもらいましょう。



下記はシルクホースクラブホームページ掲載の情報です。
ブログへの掲載は事前に許可をとっております。

2017/05/15 <近況>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週1回トレッドミルでキャンターを3分、残りの日はウォーキングマシン

担当者「この中間は成長を促すためにリフレッシュに充てています。ここまで順調に進められてきましたが、元々備わっているセンスのある身のこなしに力強さも加わり、よりパワフルなフットワークで走れるようになってきました。ただ走りに対する気持ちに相変わらずムラがあるので、頑張るときには常に頑張れるように教えていきたいと思います。精神的にも成長が窺え、どっしりと構えられる場面が増えてきましたが、まだやんちゃぶりを出して、言うことを聞かない時もあります。馬体的には筋肉量が増してきて以前よりも更にバランスのとれた体つきになってきました。ここに来て体力面・精神面ともに成長が窺えますが、まだまだ大きな伸びしろがあることを感じさせられます。6月中には入厩の目途が立ってくると思います」馬体重462㎏


5月写真
d_02650003.jpg

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

今年のG1tcの価格は頑張っている3つの証拠 - 2017.05.15 Mon

先日G1tcの2017年募集馬の価格が発表されました。
ディープの種付け料が3000万になり、日本の景気も悪くない状況でどこまで
高くなるのかという思いがありましたが、ぱっとみは安いなというのが第一印象でした。

下記の表は3兄弟の各クラブの募集価格の昨年比です。
g1tc2017kakaku.gif

昨年G1tcは募集価格が平均3000万をこえ、さすがにありえないだろうと思いましたが
案の定大量に売れ残りました。
そこと比較するとなんと500万近く下がってます。これはディープ産駒の頭数が減ったというのも
影響していますが4000万以下の価格の馬が多いというのもあるでしょう。

社台、サンデーも同じように下がってますがそれぞれ200万ほどということもあり、
G1tcの値下げ幅が大きいというのがよくわかります。

では価格が妥当か下記の表で検討してみます。
下記はそれぞれ募集の前年となる2015年、2016年の各クラブの成績です。
g1tc2017hikaku.gif
G1tcは活躍馬もでてきたこともあり、前年に比べて成績は上昇しています。
サンデーは横ばい、調子が悪いというイメージのある社台はかなり成績が下がってます。
G1tcは1走当たりの獲得賞金でいえば、社台をこえているんですね。
もちろん頭数のわりに走る回数が多い少ないもあるので一概に比較できないですが。。

この表をみるとサンデーと比較してG1tcは約78%ほどの賞金の魅力です。
ということは募集価格も約78%くらいであれば妥当ですが、2017年の募集馬の平均価格はそれ以下
なので妥当あるいはやや割安といった感じでしょう。

おさらいとして、
今年のG1tcの価格は頑張っている3つの証は、
①昨年と比べると約500万も平均価格が下がっている。
②G1tc自体の成績は上昇傾向である。
③サンデーや社台の1走当たりの獲得賞金を考えると妥当あるいはやや割安

であるといえます。

価格の妥当性はあたり前の話ですが、ブランドというプレミア分が上乗せされます。
サンデーや社台は何十年もの実績、活躍馬がいる土壌のうえにブランドができています。
そのブランドがあるから高くでも出資するのであり、何のブランドもないG1tcの価格は、
常識的に考えれば安くて当たり前であり、実績でてから高くするのが常識でした。

昨年はG1tcのブランド=社台グループのブランドと思ったのかかなりの強気の値付けでしたが、
実態はG1tc=追分のブランドであり、売れ行きは苦戦していました。
今年は適正になりつつあり出資も増えるのではないでしょうか。
昨年社長以下体制が変わったと思いますが、売り上げ状況をみて適切に軌道修正しているので
今後のクラブ運営にも期待できるとも思いました。

今年の募集馬見学ツアーも楽しみにしたいと思います。

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ

一口馬主 ブログランキングへ My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR