topimage

逆噴射!プリンシパルスターは闇の中 - 2017.05.14 Sun

プリンシパルスター(父ダイワメジャー×母シルクプリマドンナ)
の近況が更新されました。

同じく矢作厩舎からの転厩組のコートオブアームズが勝利。
こちらにも期待しましたが、直線にむいてから見事な逆噴射でした。
これはもはや闇の中かと思えるほど希望の光はみえませんでした。

オークス馬の子供ですし新馬勝ちしたのでもう少しやれると思うんですけど。。。
どうなってしますんでしょうか。。


レース結果: 5/14日(日)京都8R 4歳上500万下〔芝1,600m・18頭〕
1 1 1 ランウェイ 牝5 53.0 △ 荻野極 1:34.6   35.7 476 +2 小崎憲 5
2 5 10 グランノーブル 牡4 54.0 ▲ 森裕太朗 1:34.8 1 1/4 37.0 498 +6 佐々木晶三 2
3 2 3 ファンタサイズ 牡4 57.0 藤岡佑介 1:34.9 1/2 35.3 434 +2 矢作芳人 4
4 2 4 キャノンストーム 牡4 57.0 小牧太 1:35.0 3/4 35.1 502 +2 笹田和秀 7
5 8 17 マテラアリオン 牡4 57.0 高倉稜 1:35.0 ハナ 36.0 482 +2 浜田多実雄 8
6 7 14 メイショウカクオビ 牡4 57.0 古川吉洋 1:35.0 ハナ 35.8 490 -2 南井克巳 14
7 3 5 ゼーリムニル 牝4 55.0 川須栄彦 1:35.2 1 35.6 480 +6 鮫島一歩 6
8 8 18 サウンドバーニング 牡5 57.0 福永祐一 1:35.2 ハナ 35.8 426 +2 安達昭夫 1
9 8 16 マル地キセキノケイフ 牡4 57.0 松若風馬 1:35.3 1/2 36.6 468 0 杉山晴紀 11
10 4 7 ウインクレド 牡4 57.0 松山弘平 1:35.3 クビ 35.9 482 -6 西園正都 3
11 3 6 アスターサムソン せん4 57.0 川島信二 1:35.4 クビ 35.2 478 +2 中竹和也 13
12 1 2 マイネルサグラ 牡4 57.0 国分優作 1:35.9 3 36.6 474 -16 中村均 9
13 6 12 コンクエストシチー せん5 57.0 国分恭介 1:36.0 クビ 36.1 456 0 村山明 17
14 7 15 マル地メイショウミソラ 牝5 52.0 ▲ 三津谷隼人 1:36.1 3/4 36.8 460 -2 河内洋 10
15 4 8 マル外アイアンヒロイン 牝4 52.0 ▲ 富田暁 1:36.2 1/2 36.1 502 +7 浜田多実雄 15
16 6 11 プリンシパルスター せん4 57.0 和田竜二 1:36.3 3/4 37.2 438 -18 斉藤崇史 12
17 5 9 カノヤパリティ 牝4 55.0 田中健 1:36.7 2 1/2 36.6 456 -2 坂口正則 16
18 7 13 マル地アイファーヴリル 牡4 57.0 藤懸貴志 1:38.3 10 39.8 442 -10 柴田光陽 18




下記はシルクホースクラブホームページ掲載の情報です。
ブログへの掲載は事前に許可をとっております。

2017/05/15 <レース結果>
 5/14日(日)京都8R 4歳上500万下〔芝1,600m・18頭〕16着[12人気]

まずまずのスタートを決めると、道中は5番手辺りを追走、勝負どころから徐々に前を窺いに行きますが、直線に差し掛かる辺りで反応が鈍くなり、そのままズルズルと後退し、16着に敗れています。

和田竜二騎手「返し馬では力むところを見せていたものの、すぐに収まって落ち着いてくれました。好スタートを決めてくれましたし、もう少し良い競馬ができると思いましたが、終始力み通しでしたね。それに勝負どころから促していくと、自分で走るのを止めてしまいました。どこかで息を入れるところができれば良いのかもしれませんが、短い距離を使ってきただけに、1本調子なところが体に染みついてしまっているのかもしれません」

斉藤崇史調教師「追い切り前に馬体を測った時は450kg台を維持していたので、まさかここまで馬体重が減っているとは思いませんでした。発汗は酷くなかったですし、見た目も細くは映らなかったので、レースには問題なかったと思います。これまで短い距離で余裕のないレースをしていたように感じたので、この中間はコース主体で長めからゆったり追走し、終いを活かせるような調教を行ってきました。だいぶリラックスして走るようになりましたが、いざレースに行くと終始力み通しでしたね。あえて出遅れ気味に出して、じっくり構えるのも手かもしれませんが、それより少しでも力むところを改善しないといけませんから、できる限り調教で工夫していきたいと思います。トレセンに戻って状態を確認してから、このまま厩舎で調整するか、一旦放牧に出して立て直すか検討したいと思います」

2017/05/18 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽め調整
次走予定:未定

斉藤崇史調教師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、すぐに飼い葉を食べているものの、やはり馬体が減ったことで、少し余裕がないように感じます。輸送で減ったものではなく、力みからくる馬体減だと思うので、落ち着けばすぐ回復すると思います。ただ、このまま続戦させるよりは一旦心身ともにリフレッシュさせてあげる方がいいと思うので、近日中にノーザンファームしがらきへ放牧に出す予定です。調教では終いを活かすような形でだいぶ落ち着いて走ってくれるようになっていますから、競馬でもそれを活かす意味で、あえて出遅れ気味にゲートを出していけば、力まずにフワッと折り合ってくれるかもしれませんね」

2017/05/26 <近況>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター
次走予定:未定

厩舎長「こちらに戻って状態を確認しましたが、特に気になるところはなく、飼い葉食いも悪くなかったことから、今週から周回コースで乗り出しています。ひと叩きしたことで、トレセンに送り出す前より馬体を良く見せています。減った馬体もすぐに戻っていますし、出来るだけしっかり立て直して、いい状態で帰厩できるように進めていきたいと思います。馬体重は457kgです」


5月写真
d_02650219.jpg

4月写真
d_02641156.jpg

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

2017年29連敗でストップ!2017年初勝利!コートオブアームズよくやった! - 2017.05.14 Sun

コートオブアームズ(父:ディープインパクト×:母:アーマイン)
が500万下を勝利しました!

1度勝利して降級になった500万下。レベルの低くなるこの時期に狙いすまして
番組選択して、1番人気で確実にかってくれました。
パドックでは調子よく見えましたね。
レースでは他の馬が故障して除外になりましたが、これは未勝利勝ちのときと
同じシチュエーション。よい予感はしました。

レースは先行を期待していましたが、まさかのしんがり後方からのレース。
相当嫌な展開でしたが、大外の馬場の良いところをせめて最後は辛くも
勝ちました。それでも勝ちは勝ち。うれしいですね。

2017年は昨日まで29連敗と泥沼でしたが、見事に勝利して連敗ストップです。
同じく昨年から続く36連敗も止まりました。
これで流れが変わればいいですね!!


レース結果:2017/5/14 新潟8R500万下(若手限定)芝2000m
1 3 6 コートオブアームズ 牡5 55.0 △ 坂井瑠星 2:00.3   34.9 460 0 角田晃一 1
2 6 12 レッドアルカナ 牝4 55.0 杉原誠人 2:00.4 3/4 35.2 482 +8 国枝栄 8
3 6 11 コメットシーカー 牡7 57.0 原田和真 2:00.4 クビ 35.4 496 +2 西村真幸 3
4 4 7 ビクトリーミノル 牡5 57.0 森一馬 2:00.5 クビ 35.1 480 -8 北出成人 10
5 5 9 モンテエベレスト せん7 54.0 ▲ 菊沢一樹 2:00.8 2 35.5 498 -8 二ノ宮敬宇 7
6 2 4 マル地ブランダルジャン 牝5 53.0 △ 木幡初也 2:01.1 1 1/2 35.7 474 +2 勢司和浩 6
7 4 8 ヴレ 牡4 57.0 中井裕二 2:01.2 3/4 36.1 520 +4 加用正 14
8 7 13 ラハトケレブ 牡4 56.0 ☆ 加藤祥太 2:01.4 1 1/4 36.3 478 0 牧田和弥 5
9 8 15 タルトオポム 牡6 54.0 ▲ 藤田菜七子 2:01.8 2 1/2 36.9 456 +4 尾形和幸 9
10 7 14 ベストレート 牝4 54.0 ☆ 小崎綾也 2:02.2 2 1/2 37.3 502 +4 牧光二 2
11 1 2 トライブキング 牡4 56.0 ☆ 鮫島克駿 2:02.5 1 3/4 37.4 444 +2 中竹和也 4
12 5 10 ユッセ 牝4 53.0 △ 井上敏樹 2:02.8 1 3/4 37.9 476 0 奥平雅士 12
13 3 5 マル地ポップスキャット 牝5 55.0 嶋田純次 2:02.8 ハナ 37.2 430 -4 池上昌和 15
14 1 1 マル地ヴォーチェ 牝4 52.0 ▲ 横山武史 2:03.3 3 37.9 470 0 星野忍 11
15 2 3 マル地アートハルキ 牡4 55.0 △ 伴啓太 2:04.3 6 38.6 460 -2 本間忍 13
除外 8 16 マル地エイユービリーヴ せん5 54.0 ▲ 木幡育也   472 +8 作田誠二



下記はシルクホースクラブホームページ掲載の情報です。
ブログへの掲載は事前に許可をとっております。


2017/05/15 <レース結果>
 5/14日(日)新潟8R 4歳上500万下〔芝2,000m・16頭〕優勝[1人気]

ブリンカー着用。スタートを互角に出て、道中は後方でじっくりと脚を溜めます。直線で大外に進路を取り追い出されると、徐々に前との差を詰め、最後は全馬交わし切り、自身3度目となる勝利を挙げています。なお、枠内駐立不良(立上る)により平成29年5月15日から平成29年6月4日まで出走停止となり、停止期間の満了後に発走調教再審査を課されました。

坂井瑠星騎手「気を付けていたゲートは中で3回ほど立ち上がっていましたが、タイミング良く出ることができました。道中は折り合っていましたし、どこかのタイミングで早めに動くことももちろん考えていましたが、馬群が凝縮して前との差もそれほどなかったので、無理に押し上げては行かずに徐々にポジションを上げて行きました。直線に向いた時は手応え十分でしたし、追ってからもモタれること無く最後までしっかり伸びてくれました。ハミを替えた効果で以前乗せていただいた時よりも乗りやすかったですし、ブリンカーもはっきりとした効果は何とも言えませんが、最後まで気を抜くことはなかったので良かったのかもしれませんね」

角田晃一調教師「この中間はブリンカーや、あたりの強いハミに替えて矯正してきましたが、レースではしっかり走ってくれたものの、やはりゲート内で3度ほど立ち上がってしまいました。担当者が中にいる間は大人しくしていたようですが、外に出た瞬間にソワソワしたようです。ちょうど態勢が落ち着いたところで扉が開いてくれたので、タイミングよくゲートを出ることができましたが、2度目の発走調教再審査となってしまいました。ゲート練習では全く大人しくしているのに、実戦に行くとやってしまうのが一番厄介ですね。左回りコースの方がモタれることなくスムーズに走ってくれますし、1000万クラスに上がれば色々と番組の選択肢が広がるので、馬の状態を見ながら今後の予定を決めていくつもりです。この後はガス抜きをする意味で一旦放牧に出して、帰厩してから発走調教再審査を受ける方が良いと思いますから、トレセンに戻って状態を確認した後は、ノーザンファームしがらきへ放牧に出す予定です」

2017/05/17 <近況>
在厩場所:栗東トレセン/18日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
調教内容:軽め調整
次走予定:未定

角田晃一調教師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、特に疲れは見られません。このまま厩舎で調整しても良いのかもしれませんが、一度心身ともにリフレッシュしてから、発走調教再審査を受ける方がいいと思うので、この後は一息入れることにしました。練習では全く大人しくしているので、まず落ちることはないと思いますが、実戦に行くと気の悪いところを見せてしまうだけに、歯痒いところがありますね。実戦ではブリンカーの効果は窺えましたし、走る方はだいぶ改善出来ているので、ゲートの対策を考えていかないといけませんね。18日にノーザンファームしがらきへ放牧に出す予定です」
2017/05/17 <最新情報>
 18日(木)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出る予定です。

2017/05/26 <近況>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター
次走予定:第3回中京開催

厩舎長「こちらに到着後も元気いっぱいだったので、普通キャンターで調教を開始しています。先日、角田調教師が状態を確認し、『このまま変わりなければ、7月の中京開催を目標に進めましょう。発走調教再審査を受けないといけないので、少し早めに戻すことを考えています』と言っていました。来週か再来週には帰厩することになりそうなので、坂路調教も取り入れながらピッチを上げていきたいと思います。馬体重は470kgです」


4月写真
d_02641079.jpg

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

早く戻してほしい レーヌドオリエント近況(5/14) - 2017.05.14 Sun

レーヌドオリエント(父キングカメハメハ×母アルスノヴァ)
の近況が更新されました。

今日戻るかと思いましたがまだ態勢を整えるみたい。
いつまで整えるのか。。。
2カ月前にはリフレッシュ放牧で福島・新潟といっていたがそれも終わり、
東京のクラス編成になります。

降級前のこの時期は500万クラスは手薄になります。
6月に入れば1000万下の降級待ち馬がおりてきてレースレベルがあがります。
今使わないでいつ使うのよという感じです。。




2017年05月14日 山元TC
この中間も、しっかりと乗り込みを続けています。現在のメニューは、週2回坂路コースをハロン16秒ペースで1本、ハロン14秒ペースで1本の計2本、週2回周回コースをハッキングキャンターで2000mと、坂路コースをハロン17秒ペースで1本駆け上がるという内容が中心です。負荷を強めていますが、特に問題なく進めており、軽快な動きを見せています。普段も運動中もリラックスした様子で、メンタルの状態も問題ありません。今後も整体やショックウェーブなどでケアを施しながら調教を行い、移動に向けて態勢を整えていきます。最新の馬体重は546kgでした。


3/28写真
RO17032803.jpg

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ

一口馬主 ブログランキングへ My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR