topimage

ダート挑戦へ!レッドレイヴン近況(2/10,17,24) - 2017.02.10 Fri

レッドレイヴン(スマートストライク×ワンダーアゲイン)
の近況が更新されました。

なんとダート路線に変更するようです。
アメリカ産の馬ですしはまるかもしれませんが7歳での路線変更。
芝で結局重賞かてずと残念です。
ダートで勲章とってほしいな。



17.02.10

(ミホ分場)
乗り運動後、ダク1200m、軽いキャンター2400m。馬体重526キロ。
担当スタッフ「背腰の状態は良くなって、トモの踏み込みも良くなって来ていたのですが、自分でぶつけたのか、右前の蹄にヒビが入っており、このままだと裂蹄になるので、今はしっかり固めてペースを落として進めています。元々、爪は薄くて弱いところのあった馬。今の時期は乾燥していますし、もう少し暖かくなれば少しずつ良くなると思います」
藤澤調教師「状態が良くなってきていたので、近々トレセンに戻して東京開催を目標に進めていこうと考えていました。次走はダートになりますがオアシスS(D1600m)を予定。条件を変えて新しい面を引き出せればと楽しみにしていただけに…。もともと爪は強い馬ではありませんが、時期的なものもあって無理はできません。時間がかかってしまって申し訳ありませんが、いまは爪の状態回復を最優先に進めさせてもらえればと思います」

17.02.17

(ミホ分場)
マシン60分、ダク1200m、キャンター2400mを25-25秒。馬体重520キロ。
担当スタッフ「先週は少しペースを落として様子を見て、今週からひび割れた箇所をしっかり固定して、爪カバーをして乗っています。押したりすると少し気にはしますが、乗っていても歩様などに違和感はありません。爪が伸びるまではケアしながら進めて、体も緩めないようにして行きます」

17.02.24

(ミホ分場)
マシン60分、ダク1200m、キャンター2400mを25-25秒。馬体重530キロ。
担当スタッフ「爪は時間が経てば伸びてくるので、今はひび割れした箇所をしっかり固定して、酷くならないようにしています。乗っていても歩様には見せていないので、この後も緩めないように乗って行き、トモもしっかりするように調整して行きます」


函館記念
album_redraven_23.jpg

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

レックスレイノスの15は馬名がラプトレックスに決定! - 2017.02.10 Fri

レックスレイノスの15(父ダイワメジャー)
の馬名が決定しました。

レックスレイノスの15 ラプトレックス
Raptorex ティラノサウルス科の恐竜の一種。母名より連想(英語)

残念ながら応募した名前は不採用でしたが、名前もついたことですし
強い馬になってほしいです。



1/31  社台F
現在は週2日坂路コース1000mをハロン18~20秒のキャンターで1本、週2日周回ウッドコースでのキャンター走行2000mを主体に、残りの日はトレッドミルでのダク~キャンター調整を行っています。父の産駒らしく前進気勢が旺盛でスピード感のある走りを披露していますが、そのスピードに少し頼り過ぎている様子も見受けられます。調教に真面目に取り組む姿勢は本馬の長所でありますが、真面目が故、多少力みが出ていることもあるようで、余裕を持ってもう少し息をつくところを覚えさせていければ、より理想的と考えています。このまま伸ばしていくところと、改善していくところを明確に把握し、今後もメリハリをつけた調整で着実に良化を促していく方針です。

2/15  社台F
馬体重:490kg 
現在は週3日1000mの直線坂路コースに入りハロン18~20秒のキャンターで1本、うち1日は2本を登坂し、週2日周回ウッドコースでのキャンター走行2400m、残りの日はトレッドミルまたは軽めの騎乗運動を行っています。この中間から週1回は坂路を2本上がる日を組み込み、また周回コースで乗る距離も延長したりと、レベルアップを図るため徐々に負荷を高めたメニューへ移行をしています。しばらくはこの調教内容を続けていく予定ですが、メニュー強化に沿って強めの調教を行った翌日はダクまでの運動で身体をほぐしたりと、適宜緩急をつけながら対応していきます。

2/28  社台F
現在は週3日1000mの直線坂路コースに入りハロン18~20秒のキャンターで1本、うち1日は2本を登坂し、週2日周回ウッドコースでのキャンター走行2400mを主体とし、残りの日はトレッドミルまたは軽めの騎乗運動を行っています。ペースアップにも順応できているようで、この中間も順調に乗り込みを消化しています。今後は速めのラップを織り交ぜての走行をしてみたりと、多様な走り方を経験させつつ時計を出していければと考えています。春には更なるメニュー強化を目指していきたい1頭ですし、ここも堪えることなく乗り越えてほしいところです。負荷を高めてきてから、厩舎内では無駄な動きを見せなくなりました。気持ちのオン・オフを使い分けることができるようになったこと、そして、より走りに集中力を注ぐようになっている様子からも、良い成長を遂げてきていると言えるでしょう。


12/12写真
RL16122201.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
関連記事

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ

一口馬主 ブログランキングへ My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR