topimage

レックスレイノスの15は馬名がラプトレックスに決定! - 2017.02.10 Fri

レックスレイノスの15(父ダイワメジャー)
の馬名が決定しました。

レックスレイノスの15 ラプトレックス
Raptorex ティラノサウルス科の恐竜の一種。母名より連想(英語)

残念ながら応募した名前は不採用でしたが、名前もついたことですし
強い馬になってほしいです。



1/31  社台F
現在は週2日坂路コース1000mをハロン18~20秒のキャンターで1本、週2日周回ウッドコースでのキャンター走行2000mを主体に、残りの日はトレッドミルでのダク~キャンター調整を行っています。父の産駒らしく前進気勢が旺盛でスピード感のある走りを披露していますが、そのスピードに少し頼り過ぎている様子も見受けられます。調教に真面目に取り組む姿勢は本馬の長所でありますが、真面目が故、多少力みが出ていることもあるようで、余裕を持ってもう少し息をつくところを覚えさせていければ、より理想的と考えています。このまま伸ばしていくところと、改善していくところを明確に把握し、今後もメリハリをつけた調整で着実に良化を促していく方針です。

2/15  社台F
馬体重:490kg 
現在は週3日1000mの直線坂路コースに入りハロン18~20秒のキャンターで1本、うち1日は2本を登坂し、週2日周回ウッドコースでのキャンター走行2400m、残りの日はトレッドミルまたは軽めの騎乗運動を行っています。この中間から週1回は坂路を2本上がる日を組み込み、また周回コースで乗る距離も延長したりと、レベルアップを図るため徐々に負荷を高めたメニューへ移行をしています。しばらくはこの調教内容を続けていく予定ですが、メニュー強化に沿って強めの調教を行った翌日はダクまでの運動で身体をほぐしたりと、適宜緩急をつけながら対応していきます。

2/28  社台F
現在は週3日1000mの直線坂路コースに入りハロン18~20秒のキャンターで1本、うち1日は2本を登坂し、週2日周回ウッドコースでのキャンター走行2400mを主体とし、残りの日はトレッドミルまたは軽めの騎乗運動を行っています。ペースアップにも順応できているようで、この中間も順調に乗り込みを消化しています。今後は速めのラップを織り交ぜての走行をしてみたりと、多様な走り方を経験させつつ時計を出していければと考えています。春には更なるメニュー強化を目指していきたい1頭ですし、ここも堪えることなく乗り越えてほしいところです。負荷を高めてきてから、厩舎内では無駄な動きを見せなくなりました。気持ちのオン・オフを使い分けることができるようになったこと、そして、より走りに集中力を注ぐようになっている様子からも、良い成長を遂げてきていると言えるでしょう。


12/12写真
RL16122201.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

レックスレイノスの15近況(11/30,12/22,1/13,31) - 2016.12.01 Thu

レックスレイノスの15(父ダイワメジャー)
の近況が更新されました。

ダイワメジャー産駒らしい馬体でコメントも順調です。
NHKマイル(G1)を目指してがんばってもらいましょう。



11/30  社台F
馬体重:468kg 
初期馴致期間を経て、現在は直線坂路コースでのキャンター調整を行っています。実にスムーズな育成過程を歩んでおり、すでにハロン20秒程度のペースまで調教メニューを進めることができています。また、休みなく乗り進めてきたことから、この中間には一度心身のリフレッシュを図るべく騎乗運動を控える期間も設けました。馬体を見ると、肩幅があり胸も深くて随所に父の産駒の良さを感じさせます。気性面はまだ遊びたい盛りで、落ち着きのない所作が見られたりと幼さが目立つ現状ですが、現2歳の兄もかなり活発なタイプでしたし、焦らず成長を促していきたいと思っています。脚元を含めコンディションは良好ですので、今後のペースアップにも難なく対応してくれそうです。

12/22  社台F
馬体重:480kg 
現在は週2日坂路コース1000mをハロン18~20秒のキャンターで走行し、残りの日は周回ウッドコースでのキャンター調整、もしくはトレッドミル調整を行っています。坂路コースでは後傾ラップを心掛けてしっかり負荷を課しつつ、合間には軽めの運動の日を設定するなど、メリハリをつけたメニューで取り組んでいます。馬体重にも表れている通り、先月取り入れたリフレッシュ期間がプラスに働き、馬体の発育が促されて充分なサイズになりました。父の産駒らしくやや頭が大きめなので、あまり前に突っ込まないようにしっかり身体を起こして走らせることを意識しながら動かしてます。背中の伸縮が良く、後肢の踏み込みが正確で前肢の伸びも申し分ありません。また、見た目の印象よりも脚捌きが素軽く、乗り手の評価も上々です。少し臆病な面があって牡馬としては感度が高いようですので、気性面の成長に期待したいところです。

1/13  社台F
馬体重:486kg 
年末年始の数日間はウォーキングマシンのみの運動でしっかりとリフレッシュを促し、騎乗調教再開後は週2日坂路コース1000mをハロン18~20秒のキャンターで走行するメニューを主体に、残りの日は周回ウッドコース、またはトレッドミルでのダク~キャンター調整を行っています。引き続き、体を起こして、しっかり動かすことを心がけて騎乗運動に取り組んでいますが、背腰の力が充分にあって、乗り味については一貫して高い評価を得ています。気性に関しては相変わらず感度の高さを持ち合わせてはいますが、この点は本馬の長所でもあるように感じています。また、最近では普段の所作は以前よりも落ち着いてきた印象です。脚元を含めて健康状態は良好で、明け2歳を迎えて益々充実の一途を辿っていけそうです。

1/31  社台F
現在は週2日坂路コース1000mをハロン18~20秒のキャンターで1本、週2日周回ウッドコースでのキャンター走行2000mを主体に、残りの日はトレッドミルでのダク~キャンター調整を行っています。父の産駒らしく前進気勢が旺盛でスピード感のある走りを披露していますが、そのスピードに少し頼り過ぎている様子も見受けられます。調教に真面目に取り組む姿勢は本馬の長所でありますが、真面目が故、多少力みが出ていることもあるようで、余裕を持ってもう少し息をつくところを覚えさせていければ、より理想的と考えています。このまま伸ばしていくところと、改善していくところを明確に把握し、今後もメリハリをつけた調整で着実に良化を促していく方針です。


12/12写真
RL16122201.jpg
RL16122202.jpg

10/31写真
a8f540dc2016103182629ec132b6d5b3.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

社台馬!レックスレイノス出資理由! - 2016.10.13 Thu

レックスレイノスの15(父ダイワメジャー)です。

あえての社台馬です。
お買い得価格ですのでよい意味で期待をうらぎってほしい!

64.レックスレイノスの15牡 栗毛
64_yokophoto_16.jpg
1600万円 ◎ ・・・ダイワメジャー牡馬としては格安。
3月2日生 ◎・・・理想的な誕生日
父:ダイワメジャー産駒 ○ ・・・2歳から全開のお買い得種牡馬。
母:レックスレイノス(2006生) 母父インティカーブ △・・・9歳の時の子供で適齢期。 産駒実績はいまひとつ。
近親実績:母は北米G1 3着。 △
生産:白老ファーム生産 ○ 
育成:社台ファーム育成 ○
栗東・宮本博厩舎 △・・・なじみはないですが勝ち星はまずまず。ウインフルブルーム、ボールライトニングなど。
体高155.0 胸囲174.0  管囲21.3  馬体重463 ○・・・がっちりした馬体でダイワメジャー産駒らしい。
動画:ダイワメジャー産駒らしく力強い歩様。○
最新の写真:
ade8dc86201693082629ec112f88676.jpg


出資理由
血統はいまいちだが格安でダイワメジャー産駒としてはお買い得かと。
社台ファームにも1頭は出資したかったですし。
馬体推薦枠なので走ってほしいですね。



10/11  社台F
10日に社台Fへ移動しました。
9/30  社台ブルーグラスF
馬体重:476kg 
現在は夜間放牧を継続しながら、一度終えた馴致の復習を行う日々を送っています。ハミ付け、装鞍から人が跨るところまでといった一通りの初期馴致は既に終了しており、現在は馬自身が忘れないように確認作業を取り入れています。10数頭の群れの仲間たちと放牧地を駆けまわる姿は実に頼もしく、これまで大きな怪我、病気等も一切ありません。ここまでの歩みは順調そのものですし、育成厩舎からいつ移動の声が掛かっても対応できるよう、引き続き態勢を整えていきます。
8/25  社台ブルーグラスF
馬体重:463kg 体高:155.0cm 胸囲:174.0cm 管囲:21.3cm 
予定育成牧場:社台F

10/31  社台F
馬体重:484kg 
現在はウォーキングマシン、トレッドミル、馴致場での騎乗といった基本的な運動を行いながら、育成厩舎の環境に慣らしている最中です。新しい環境にもすんなり適応し、人が出した指示を素直に受け入れています。ほどなく調教コースに入ってのメニューへ移行していく予定ですが、移動前の放牧地では活発に動き回り、前向きな気性の持ち主という本馬が、成長していきどんな走りを披露してくれるのか、これからの育成過程が楽しみです。


10/31写真
a8f540dc2016103182629ec132b6d5b3.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ

一口馬主 ブログランキングへ My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR