FC2ブログ
topimage

プリモシーン ダービー卿は何とか5着死守  - 2020.04.04 Sat

プリモシーン(父ディープインパクト×モシーン)のの近況です。

1番人気で期待しましたが最後の直線で思ったように伸びず。
根本としては中山はあわないのと、56kgのハンデが中山の坂だと厳しかったでしょうか。
5着が精いっぱいでした。なんとか上昇させてヴィクトリアマイル(G1)にむけ
調子を整えてほしいところです。

レース結果:4日(土)中山11R・ダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ)
1 枠2黒 4 クルーガー 牡8 57.0 石橋 脩 1:32.8 35.2 530(+2) 高野 友和 4
2 枠3赤 5 ボンセルヴィーソ 牡6 54.0 木幡 巧也 1:33.1 2 35.4 480(+2) 池添 学 13
3 枠3赤 6 レイエンダブリンカー 牡5 57.0 丸山 元気 1:33.1 ハナ 35.2 494(-2) 藤沢 和雄 5
4 枠6緑 11 ケイアイノーテック 牡5 57.0 津村 明秀 1:33.2 1/2 34.9 470(-4) 平田 修 6
5 枠4青 7 プリモシーン 牝5 56.0 M.デムーロ 1:33.3 1/2 35.2 500(-4) 木村 哲也 1
6 枠7橙 14 ドーヴァー 牡7 56.0 田辺 裕信 1:33.3 ハナ 35.0 506(+2) 伊藤 圭三 11
7 枠1白 2 ストーミーシー 牡7 56.5 横山 武史 1:33.3 クビ 36.1 552(+4) 斎藤 誠 3
8 枠8桃 15 カツジ 牡5 56.0 松山 弘平 1:33.3 アタマ 34.4 490(-2) 池添 兼雄 7
9 枠5黄 9 ブラックムーン 牡8 57.0 吉田 豊 1:33.5 1 34.9 498(0) 西浦 勝一 15
10 枠2黒 3 マルガイジャンダルム 牡5 56.0 藤井 勘一郎 1:33.6 3/4 36.2 508(-2) 池江 泰寿 2
11 枠4青 8 トーラスジェミニ 牡4 54.0 木幡 育也 1:33.9 1 3/4 36.6 482(-2) 小桧山 悟 9
12 枠7橙 13 エメラルファイト 牡4 56.0 石川 裕紀人 1:34.0 1/2 35.7 464(0) 相沢 郁 12
13 枠6緑 12 ペプチドバンブーブリンカー 牡5 54.0 松田 大作 1:34.7 4 36.8 508(-4) 武 英智 10
14 枠8桃 16 マイスタイル 牡6 57.5 横山 典弘 1:35.9 7 38.6 458(-10) 昆 貢 8
15 枠5黄 10 ムーンクエイクブリンカー せん7 56.0 北村 宏司 1:36.8 5 39.2 512(+8) 藤沢 和雄 14
16 枠1白 1 ナインテイルズ 牡9 54.0 野中 悠太郎 1:39.2 大差 42.1 484(-4) 長谷川 浩大 16


下記はシルクホースクラブホームページ掲載の情報です。
ブログへの掲載は事前に許可をとっております。




東京新聞杯G3優勝写真
pm20020902.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

ダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ)はハンデ56kg!!プリモシーン近況(4/1) - 2020.04.01 Wed

プリモシーン(父ディープインパクト×モシーン)のの近況です。

今週重賞挑戦です。昨年2着のレースですが、正直中山よりは東京があうので
少し心配ですが、オーストラリアや高松宮記念よりかはましでしょうか。
ハンデも56kgとトップハンデですが、東京新聞杯(G3)優勝時と同じハンデですし
克服可能と思います。真ん中あたりの枠がほしいですね。



下記はシルクホースクラブホームページ掲載の情報です。
ブログへの掲載は事前に許可をとっております。

2020.04.01 近況

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:1日に南Wコースで時計
次走予定:4月4日の中山・ダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ)〔M.デムーロ〕

木村哲也調教師「1日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はプリモシーンが追走して行き、直線では内に進路を取ると、最後は同入しています。時計的には70-40くらいを予定して、ほぼそれくらいのものを消化できましたし、最後はスッと反応できていて良い動きだったと思います。帰厩後は右前脚に疲れが出たものの、良化して以降は順調に調整を積めましたし、調教での身のこなしや馬体の感じからも、態勢は整ったと見ています。前走と同ハンデを背負わされることになりますが、実績的には仕方がないと思いますし、引き続きミルコさん(M.デムーロ騎手)が乗ってくれますから、ここでも良い走りを期待しています」
2020.04.01 調教タイム

 Mデム 4/1(水)南W稍 69.1- 54.3- 39.4- 12.1[3]馬なり余力
  エスタジ(古馬2勝)末強めの内0.4秒追走同入
2020.04.01 出走予定(想定)

 4日(土)中山11R・ダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ)〔56 M.デムーロ〕


東京新聞杯G3優勝写真
pm20020902.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

プリモシーン 東京新聞杯(GⅢ)優勝!! - 2020.02.09 Sun

プリモシーン(父ディープインパクト×モシーン)のの近況です。

正直馬体重が大幅増のときに厳しいかと思いましたが、M.デムーロ騎手が
うまく乗ってくれましたね。最後の直線も追い出しを我慢しつつ、進路を確保して
スムーズにさばいてくれました。

これでもう一度ヴィクトリアマイル(G1)制覇
に向けて再発進
できそうです。
関係者の皆様ありがとうございました。



下記はシルクホースクラブホームページ掲載の情報です。
ブログへの掲載は事前に許可をとっております。

2020.02.10 レース結果

 2/9(日)東京11R 東京新聞杯(GⅢ)〔芝1,600m・16頭〕優勝[4人気]

五分のスタートを切ると、道中は中団前目に位置します。持ったままの手応えで直線に向き、残り400m付近から追い出されると、馬場の中ほどから先団を豪快に差し切って、3つ目の重賞タイトルを手中に収めています。

M.デムーロ騎手「調教で乗せていただいてとても良い感触を掴んでいましたし、今日のレースをとても楽しみにしていました。内の良いポジションで流れに乗って進めることが出来ましたし、道中の手応えも良かったので自信を持って乗れましたね。直線で追い出すと、手応え通りに良い脚を使ってくれました。能力が高い馬だと感じていましたし、以前からずっと乗りたいと思っていたので、こうして勝つことが出来て本当に嬉しいです」

木村哲也調教師「昨年の秋は今思うと状態的にもう一つで、良い結果を残してあげることが出来ませんでした。今回は牧場サイドも上手く調整してくれて、良い状態でこちらへバトンタッチしてくれましたし、調教でも良い意味での煩さが出てきていたので期待はしていました。ただ、競馬ですし実際に走ってみないことには何とも言えない部分も同時に感じていたんです。そのような中で、最高の形で結果として残すことが出来たのは本当に良かったですし、ホッとしたというのが率直な感想です。また、牧場・厩舎スタッフともによく頑張ってくれましたが、何よりも馬の状態が万全でないとこうして結果を残すことが出来ないということを、改めて勉強させられました。まずは、トレセンに戻ってからよく状態を確認させていただきたいと思います」

なお、今後の選択肢を広げる意味で、4月4日にオーストラリア・ランドウィック競馬場で行われるドンカスターマイル、及び4月11日にオーストラリア・ランドウィック競馬場で行われるクイーンエリザベスステークスに予備登録(出走した場合のみ180豪ドル・約1万円徴収)させていただきました。

2020.02.14 最新情報

 先日、お伝えしました予備登録に関しまして、距離適性を考慮しドンカスターマイルのみ予備登録させていただきました。
2020.02.12 近況

在厩場所:美浦トレセン/近日中に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

木村哲也調教師「先週はありがとうございました。トレセンに戻ってから、念のためレントゲンを撮るなど詳しく馬体をチェックしましたが、脚元を含めて大きなトラブルは見当たらず一安心です。56㎏を背負いながらよく結果を残してくれましたし、この後は一旦ノーザンファーム天栄へお戻しさせていただき、心身ともにリフレッシュさせたいと考えています」

2020.02.21 近況

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンター
次走予定:未定

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元には特に問題ありませんでした。ただ、背腰には疲れが見られたため、その治療を施しました。今週半ばから周回コースでの運動を始めていますが、今後も状態に合わせたメニューを組んでいきたいと思います。馬体重は518㎏です」

2020.02.28 近況

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定

天栄担当者「周回コースでの運動開始後も背腰の状態には良い意味で変わりなかったので、今週から坂路コースでの調教を開始しています。1日1本だけですし、14-14ペースであれば軽快なフットワークで駆け上がれていますね。ここまでは順調に立ち上げられていると言えるでしょう。馬体重は509㎏です」

2020.03.06 近況

在厩場所:6日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:未定

木村哲也調教師「ノーザンファーム天栄での状態に問題はなく、順調に乗り込みを積めているということだったので、6日の検疫で帰厩させていただきました。馬体に問題なければ明日から乗り運動を開始していきたいと思いますが、次走の第一候補としては3月29日の中京・高松宮記念にチャレンジすることを考えています。状態についてはもちろんですが、乗り役のこと等を総合的に考えながら、最終的にどうするか決めさせていただきます」
2020.03.06 最新情報

 6日(金)に美浦トレセンへ帰厩しています。

2020.03.12 近況

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

木村哲也調教師「先週末に追い切りを行った後、右前脚に疲れが出てきたので、今週は大事を取って時計を出しませんでした。無理をさせなかったことで、疲れは徐々に抜けてきましたし、既に乗り運動は再開しているように大きな心配は要りません。ただ、次走予定の1つとして考えていた高松宮記念に関しては、納得のいく状態で挑むには時間的な余裕が無いこと、そして手の合う騎手が確保出来なかったことから、回避させていただく方向で考えています。それでも1週スライドさせれば、昨年2着のダービー卿チャレンジトロフィーがあり、今のところミルコさん(M.デムーロ騎手)が空いていると聞いていますので、来週の追い切りでの動きと馬の状態次第でそちらに向かうか判断したいと思います」

2020.03.18 近況

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:18日に南Wコースで時計
次走予定:4月4日の中山・ダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ)〔M.デムーロ〕

木村哲也調教師「18日に南Wコースで追い切りを行いました。単走ながらこの馬の良さである前向きが出ていましたし、走りもダイナミックで良い内容の調教だったと思います。また、先週末の坂路コースでの追い切り後も右前の疲れは問題無さそうで、これだけ動けていれば特に心配は要らないでしょう。ただ、選択肢の1つとして考えていた高松宮記念まではあと1週しかありませんから、馬のことを考えると無理に使いたくは無いので、ダービー卿チャレンジトロフィーに照準を定めて調整していきたいと思います。なお、鞍上は先週お伝えした通り、ミルコさん(M.デムーロ騎手)にお願いしています」
2020.03.18 調教タイム

 助 手 3/18(水)南W良 69.4- 53.8- 39.3- 12.0[4]馬なり余力

2020.03.26 近況

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:25日に南Wコースで時計
次走予定:4月4日の中山・ダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ)〔M.デムーロ〕

木村哲也調教師「先週末に坂路コースでサッと脚を伸ばしましたが、その後も歩様に異常は見られなかったため、25日に南Wコースで追い切りを行いました。単走で長めから時計を出しましたが、全体で85秒くらいを予定していて、それよりは速くなってしまったものの、最後まで馬なりのままゴールしています。フットワークも軽快でしたし、良い意味でいつも通りの動きを見せてくれたと思いますよ。皮膚感や毛艶等の見た目の印象は良いですし、今の感じで行ければ来週には態勢が整うと思いますが、引き続き運動後のケアはしっかりと行って硬さが出ないよう注意していきます」
2020.03.25 調教タイム

 助 手 3/25(水)南W良 83.0- 67.1- 52.7- 38.8- 12.1[3]馬なり余力


東京新聞杯G3優勝写真
PS20020901.jpg
pm20020904.jpg
pm20020903.jpg
pm20020902.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

今週東京新聞杯(G3)へ プリモシーン近況(2/6) - 2020.02.06 Thu

プリモシーン(父ディープインパクト×モシーン)のの近況です。

デムーロ騎手手配はうれしいですね。
プリモシーンとの相性がよいことをいのりつつ、もう一度ヴィクトリアマイルの
走りがみたいです。



下記はシルクホースクラブホームページ掲載の情報です。
ブログへの掲載は事前に許可をとっております。

2020.02.05 近況

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:5日に南Wコースで時計
次走予定:2月9日の東京・東京新聞杯(GⅢ)〔M.デムーロ〕

調教助手「5日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はプリモシーンが2馬身追走する形から、直線では内に入れて乗り手に促されると、1馬身ほど突き抜けて終えています。徐々に馬体が絞れてきたことで、動きは良くなってきましたし、良い頃の活気は感じますね。今朝はレースでも騎乗予定のM.デムーロ騎手に跨っていただきましたが、感触は良かったと言ってもらえましたし、本番前に癖を掴んでくれたことは良かったと思います。近走の結果は物足りませんが、得意の東京のマイルで復活の兆しを掴みたいですね」

M.デムーロ騎手「5日の追い切りに乗せていただきました。木村調教師からは『行きたがるような面があるので、前半はリラックスさせつつ少し溜めて欲しい』と指示を受けていましたので、焦らせずに道中は我慢させました。そして直線で軽く追い出すと、良い反応を見せてゴールまで長く良い脚を使ってくれましたね。前向きな面はありますが、抑えきれないほどではありませんし、このくらいであれば全然問題ありません。レースでの騎乗が非常に楽しみになりましたよ」
2020.02.05 調教タイム

 デムー 2/5(水)南W良 83.9- 67.8- 53.0- 39.7- 12.3[4]馬なり余力
  アーチキング(古馬2勝)強めの内0.4秒追走0.2秒先着
2020.02.05 出走予定(想定)

 9日(日)東京11R・東京新聞杯(GⅢ)〔56 M.デムーロ〕




ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

東京新聞杯へ!プリモシーン近況(1/17,22,30) - 2020.01.17 Fri

プリモシーン(父ディープインパクト×モシーン)のの近況です。

昨年後半は失速してしまいましたね。
なんとか復調してヴィクトリアマイルへ弾みをつけてほしいところ。



下記はシルクホースクラブホームページ掲載の情報です。
ブログへの掲載は事前に許可をとっております。

2020.01.17 最新情報

 17日(金)に美浦トレセンへ帰厩しています。
2020.01.17 近況

在厩場所:17日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:2月9日の東京・東京新聞杯(GⅢ)

木村哲也調教師「17日の検疫で帰厩させていただきました。まずはよく馬体を確認して、問題なければ明日から乗り運動を開始していきたいと思います。今のところ、東京新聞杯での出走を目標に調整していきたいと考えています」

2020.01.22 近況

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:22日に南Wコースで時計
次走予定:2月9日の東京・東京新聞杯(GⅢ)

調教助手「22日に南Wコースで単走で追い切りを行いました。長めから道中はじっくりと進めて終いを活かすようなメニューでしたが、それなりに動けていたのではないでしょうか。それに、ここ最近の雰囲気と比べると、かなり前向きさがありますね。乗り手は『やや冷静さを欠いたような走りになってしまいましたので、もう少し落ち着いて走れると良いかな』と言っていましたので、この前進気勢は維持しつつ、テンションを上げすぎないよう調整したいと思います。予定している東京新聞杯まで、更に状態を上げていきます」

2020.01.30 近況

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:29日に南Wコースで時計
次走予定:2月9日の東京・東京新聞杯(GⅢ)〔M.デムーロ〕

木村哲也調教師「29日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の最後方から追走し、直線では最内に入れて脚を伸ばしましたが、少し遅れてゴールしています。遅れはしたものの、水を含んで重いウッドチップを苦にすることなく走れていましたし、直線ではスッと反応できていて良い動きだったと思いますよ。今週長めから時計を出したことで、コンディションはさらに上向いてくると思いますし、あとはテンション面に気を付けながら来週のレースに向けて進めていければと思います。なお、鞍上はM.デムーロ騎手に依頼しています」




ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

プリモシーン マイルCS11着 - 2019.11.17 Sun

プリモシーン(父ディープインパクト×モシーン)のの近況です。

期待感のもてないG1でした。中段よい位置ですが
馬群につっこんでしまうと持ち味だせないですね。
上り3ハロンをみても復調には程遠い。
馬体重はしぼれましたが、中身がともなってなかったか。
放牧だし2月の東京新聞杯で復活してほしいですね。
お疲れ様でした。

レース結果:11/17(日)京都11R マイルチャンピオンシップ(GⅠ)〔芝1,600m・17頭〕
1 枠3赤 5 インディチャンプ 牡4 57.0 池添 謙一 1:33.0 33.9 472(-4) 音無 秀孝 3
2 枠7橙 14 ダノンプレミアム 牡4 57.0 川田 将雅 1:33.2 1 1/2 34.2 506(-2) 中内田 充正 1
3 枠4青 7 ペルシアンナイトブリンカー 牡5 57.0 O.マーフィー 1:33.3 クビ 33.7 498(+6) 池江 泰寿 6
4 枠2黒 3 マイスタイルブリンカー 牡5 57.0 田中 勝春 1:33.4 1/2 34.6 468(+4) 昆 貢 10
5 枠1白 1 ダノンキングリー 牡3 56.0 横山 典弘 1:33.4 クビ 34.1 452(-2) 萩原 清 2
6 枠6緑 11 カテドラル 牡3 56.0 武 豊 1:33.5 3/4 33.4 490(+10) 池添 学 13
7 枠5黄 9 クリノガウディー 牡3 56.0 藤岡 佑介 1:33.6 クビ 34.4 488(+4) 藤沢 則雄 12
8 枠1白 2 グァンチャーレ 牡7 57.0 松岡 正海 1:33.8 1 1/4 34.8 474(+2) 北出 成人 11
9 枠2黒 4 レッドオルガ 牝5 55.0 岩田 望来 1:33.8 クビ 34.2 452(-2) 藤原 英昭 15
10 枠8桃 15 ダイアトニック 牡4 57.0 C.スミヨン 1:33.8 クビ 34.0 472(-4) 安田 隆行 4
11 枠4青 8 プリモシーン 牝4 55.0 W.ビュイック 1:33.9 1/2 34.5 496(-10) 木村 哲也 9
12 枠7橙 13 タイムトリップ 牡5 57.0 幸 英明 1:34.1 1 33.8 504(+6) 菊川 正達 17
13 枠3赤 6 マルガイフィアーノロマーノ 牡5 57.0 藤岡 康太 1:34.1 クビ 35.2 552(+8) 高野 友和 14
14 枠6緑 12 マルガイモズアスコット 牡5 57.0 和田 竜二 1:34.2 クビ 34.8 498(0) 矢作 芳人 7
15 枠8桃 17 レイエンダブリンカー 牡4 57.0 C.ルメール 1:34.3 1/2 34.4 484(-2) 藤沢 和雄 8
16 枠5黄 10 アルアインブリンカー 牡5 57.0 R.ムーア 1:34.9 3 1/2 35.4 526(+10) 池江 泰寿 5
17 枠8桃 16 エメラルファイト 牡3 56.0 石川 裕紀人 1:35.0 3/4 35.2 450(0) 相沢 郁 16



下記はシルクホースクラブホームページ掲載の情報です。
ブログへの掲載は事前に許可をとっております。

2019.11.18 レース結果

 11/17(日)京都11R マイルチャンピオンシップ(GⅠ)〔芝1,600m・17頭〕11着[9人気]

まずまずのスタートを決めると、折り合いをつけながら中団8番手あたりを追走します。3~4コーナーから押し上げて行きますが、最後の直線では目立つほどの脚は見られず11着でレースを終えています。

W.ビュイック騎手「ゲートは問題なく出てくれましたし、調教師からの指示通りのいいポジションで進められたと思います。途中までは勝ち負けを期待出来る内容だったと思うのですが、3~4コーナーで後肢をぶつけてトモを落としてしまい、そこからリズムが崩れてしまいました。直線でも立て直すことが出来ず、最後までいい走りを続けることが出来ませんでした」

木村哲也調教師「この中間にしっかり乗ってきて、体重もそうですが、馬の精神面などきっちり仕上げました。ビュイック騎手の来日が遅れて調教には乗れませんでしたが、厩舎に来てもらって馬を見ながら、アグレッシブな騎乗をして欲しいとお願いしました。その通りの流れの中で競馬を進めてくれたのですが、後ろの馬に引っかけられたのか、あるいは自分で脚をぶつけたのかわからないのですが、ガクンとバランスを崩してしまいました。上りの歩様を見る限りは大丈夫そうでしたが、厩舎に戻ってから馬体を確認したいと思います」

2019.11.20 近況

在厩場所:美浦トレセン/22日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

木村哲也調教師「先週はここまでの調教の成果が結果に結びつかず、申し訳ございませんでした。脚元には多少の疲れはあるものの、大きな問題はありませんでしたが、レースが終わってこちらへ帰ってきた際に軽い熱発が確認されました。頑張って走ってきてくれましたし、ここは無理をさせずにひと息入れさせていただきたいと思います」
2019.11.20 最新情報

 22日(金)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出る予定です。

2019.11.29 近況

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンター
次走予定:未定

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元を含めて大きな問題はありませんでした。ただ、トモには走ったなりの疲れがありましたのでショックウェーブを施し、今週半ばから乗り出しを開始しています。まずはしっかりと疲れを取ることに重点を置いて進めていきます。馬体重は516㎏です」

2019.12.06 近況

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定

天栄担当者「今週から坂路調教をスタートし、現在はハロン14秒まで脚を伸ばしています。14-14を1本だけと、この馬にとってはそこまで強い負荷ではないので、最後まで楽な感じで走り切れていますよ。健康面にも悪いところはありませんから、徐々に調教強度を上げていければと思います。馬体重は510㎏です」

2019.12.13 近況

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定

天栄担当者「今週から坂路コースのペースを終いハロン13秒まで上げています。ペースを上げてからも脚取りは最後までしっかりとしていますし、動きは良いですね。ただ、まだ中身の方は良化途上ですし、この感じで状態アップを図っていきたいですね。馬体重は514㎏です」

2019.12.20 近況

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定

天栄担当者「今週は週3回坂路コースで14-13ペースの乗り込みをこなしています。飼い葉食いが旺盛で、時期的にあまり体重が増えすぎるのは避けたいことから、トレッドミルでしっかりと動かしてから乗るようにしています。それだけ体調が良いということなのだと思いますし、今後もメニューを工夫しながら進めていきたいですね。馬体重は521㎏です」

2019.12.27 近況

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンター、トレッドミルで軽めのキャンター
次走予定:未定

天栄担当者「今週はリフレッシュのために坂路入りを控え、周回コースとトレッドミルでの運動を行っています。トレッドミルでは強めのところを行って、心肺機能を下げないように努めていますが、馬体重も増えていませんし、良い感じで調整することが出来ていると思いますよ。馬体重は515㎏です」




ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

マイルCSへ プリモシーン近況(11/14) - 2019.11.14 Thu

プリモシーン(父ディープインパクト×モシーン)のの近況です。

前走の大敗のショックがまだいえません。
大きいことはいわないので、復調したところ、プリモシーンらしい末脚が
見れればと思います!



下記はシルクホースクラブホームページ掲載の情報です。
ブログへの掲載は事前に許可をとっております。

2019.11.14 近況

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:13日に南Wコースで時計
次走予定:11月17日の京都・マイルチャンピオンシップ(GⅠ)〔W.ビュイック〕

木村哲也調教師「13日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の2番手を追走して行き、直線で真ん中に入れて追い出すと、最後は馬体を並べてゴールしています。直線では両サイドからプレッシャーの掛かる形を作りましたが、最後まで集中力を切らさず走れていましたし、時計的にも5ハロンから70-40と予定通りのものを消化できました。動きの質に関しても、道中はしっかりと乗り手との折り合いが付いていましたし、走りには以前よりも躍動感が出てきて、追い切りをこなす毎に上向いてきているように感じます。前走の反省を生かして、これまでよりも時間・量ともに運動の中身を濃いものに変えて調整してきましたが、馬は疲れを見せずそれにしっかりと応えてくれていて、特に今週に入ってからは良い意味で馬体をフックラ見せるようになってきています。前走は彼女(プリモシーン)らしい走りをお見せすることが出来ませんでしたが、何とか復権できるようにと思い進めてきましたので、改めて良い走りを期待しています」
2019.11.14 出走情報(確定)

 11/17(日)京都11R マイルチャンピオンシップ(GⅠ)〔芝1,600m・17頭〕55 W.ビュイック 発走15:40


府中牝馬S15着写真
PS1901111.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

わくわくしない挑戦 プリモシーン近況(11/7) - 2019.11.07 Thu

プリモシーン(父ディープインパクト×モシーン)のの近況です。

前走1番人気最下位でまったくわくわくしないG1挑戦になりました。
騎手も昨年のターコイズを飛ばしてますしあまりよい印象はないですね。
前走がぽかだったことを祈りたいです。



下記はシルクホースクラブホームページ掲載の情報です。
ブログへの掲載は事前に許可をとっております。

2019.11.07 近況

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:6日に南Wコースで時計
次走予定:11月17日の京都・マイルチャンピオンシップ(GⅠ)〔W.ビュイック〕

木村哲也調教師「6日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の先頭を走り、直線で大外に出して脚を伸ばすと、最後は同入しています。時計的にはそれほど速くはありませんが、自らしっかりとハミを取って走れており、動きは良かったと思いますよ。前走は乗り込み不足が敗因の一つだったと捉えていますので、先週末には坂路コースで55-40くらいのところを行っていますし、普段もしっかりと乗り込んで全体的な調教量を増やすよう心掛けています。来週のレースに向けて、このまま良い状態で向かえるよう努めていきます。鞍上は短期免許で来日予定のビュイック騎手に依頼しています」
2019.11.06 調教タイム

 助 手 11/6(水)南W良 71.3- 56.6- 42.1- 13.2[6]馬なり余力
  ニジュッケンドーロ(二未勝)馬なりの外0.4秒先行同入


府中牝馬S15着写真
PS1901111.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ
My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

03 ≪│2020/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR