FC2ブログ
topimage

プロキシマ 昇級初戦シンガポールターフクラブ賞4着とがんばった。 - 2019.07.14 Sun

プロキシマ(父ステイゴールド 母ノーブルステラ 池江厩舎 G1tc)の近況です。

前走久々の勝ち上がりで昇級初戦も期待しましたが、重馬場かつ牡馬混合という
ことで甘くないレースと予想されました。
レースでは後ろからつけていき、いい手ごたえで直線むきましたが、なぜか馬群の
真ん中につっこんでいき、ここで勢いが大きくそがれました。
それでもそこから伸びて4着に入ったのはよくがんばりました。

本命は8/10の新潟三面川特別 牝馬限定芝1800M 外回りなので、ここにむけて
馬体回復させてほしいところですが池江調教師のコメントでは放牧でしばらく
戻れなそうですね。。。どうにかここ使ってほしいですが。。。
次もよろしくお願いします。

レース結果:7月14日(日)中京・シンガポールターフクラブ賞(芝2000m)
1 枠6緑 6 エスポワール 牝3 52.0 M.デムーロ 2:00.8 35.9 478(-8) 角居 勝彦 1
2 枠2黒 2 コーカス 牡5 57.0 川田 将雅 2:01.5 4 36.5 504(-2) 藤原 英昭 2
3 枠3赤 3 スズカフューラー 牡5 57.0 小牧 太 2:01.7 1 1/4 36.1 428(-4) 西橋 豊治 9
4 枠7橙 7 プロキシマ 牝5 55.0 松山 弘平 2:02.3 3 1/2 36.8 468(-6) 池江 泰寿 8
5 枠7橙 8 モザイク 牡5 57.0 鮫島 克駿 2:02.4 1/2 36.7 468(+2) 奥村 豊 6
6 枠8桃 10 ブラックジェイド 牡5 57.0 太宰 啓介 2:02.8 2 1/2 38.3 520(-6) 昆 貢 5
7 枠1白 1 アーデルワイゼ 牝4 55.0 藤岡 佑介 2:03.1 1 3/4 37.7 462(-2) 池添 学 7
8 枠5黄 5 ドンアルゴス 牡4 57.0 浜中 俊 2:03.5 2 38.9 510(0) 庄野 靖志 4
9 枠4青 4 スーパーフェザー 牡4 57.0 和田 竜二 2:03.6 1/2 38.5 476(+4) 友道 康夫 3
10 枠8桃 9 エイシンレーザー 牡4 57.0 松若 風馬 2:03.6 クビ 38.6 486(0) 川村 禎彦 10



7月14日(日)中京・シンガポールターフクラブ賞(芝2000m)に55kg松山騎手で出走し、馬体重は前走から-6の468kgでした。
レースでは、ほぼ五分のスタートを切り、馬なりで中団から。道中は後方3番手で脚を溜めていきました。4コーナーからジワジワと仕掛けて、差を詰めていったものの、直線に入ってすぐに前が狭くなる不利がありました。そこから体勢を整えて、内めで追われると、馬群の間からしぶとく脚を伸ばしました。スムーズに抜け出していたライバルで前の大勢は決していましたが、最後まで粘り強く追い上げて、4着。昇級戦から上位入線は果たしています。勝ち馬とのタイム差は1.5秒でした。
「馬場の外は芝丈が長く伸びにくいので、直線はできれば内へ潜り込みたいと考えていました。進路を内にとったちょうどそのときに前をカットされるようになってしまい…。それでも、そこからしっかり伸びて、よく頑張ってくれました。道中からノメるところもなく、いい走りでした。このクラスでも十分通用する力があると思います。それだけに、直線入ってすぐをもっとうまく捌けていれば…。悔やまれます。申し訳ありませんでした」(松山騎手)
「ごちゃついてしまったので、思い切って外を回しても良かったかもしれませんね。4コーナーから直線入口がスムーズなら、勝ち馬とは差があったものの、もっと上の着順も狙えたでしょう。今日の渋っている馬場をこなしてくれたのは収穫でした。権利はないので、リフレッシュを挟んで、間隔の調整をしましょう」(池江調教師)


6月写真
PR190605.jpg

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

今週昇級初戦のシンガポールターフクラブ賞 プロキシマ近況(7/10) - 2019.07.11 Thu

プロキシマ(父ステイゴールド 母ノーブルステラ 池江厩舎 G1tc)の近況です。

昇級初戦で人気もないでしょうが、少頭数ですし末脚がいかせれば
上位争いも可能でしょう。ステイゴールド産駒が今年調子よいので、
期待しています。



2019年07月10日 栗東TC
今週7月14日(日)中京・シンガポールターフクラブ賞(芝2000m)に55kg松山騎手で出走を予定しています。想定時点ではフルゲート18頭のところに本馬を含め10頭の出走表明となりました。
この中間も順調に乗り込んでおり、本日7月10日(水)はウッドチップコースで追い切って、半マイルから54.6-39.7-12.0秒の時計をマークしました。
「半マイルからサッとという感じでしたが、いい動きでした。馬体はいくぶん細めに映りますが、体調はいいので、問題ないでしょう。ここも楽しみにしたいと思います」(兼武助手)


6月写真
PR190605.jpg

ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

プロキシマ 令和出資馬初出走を殿から上り最速で勝利で飾る!! - 2019.05.04 Sat

プロキシマ(父ステイゴールド 母ノーブルステラ 池江厩舎 G1tc)の近況です。

心機一転令和時代の初出走となりました。
パドックでは踏み込みも深く、これはよい出来だと思いましたね。
レースでは、最後方を殿からじっとついていきます。
大丈夫かと思いましたが、直線、のびのびとはしらせて、上り最速の
末脚で全頭抜き去りました。横山 武史騎手、ナイス騎乗ありがとうございました。

およそ2年ぶりの勝利ということで、喜びもひとしおです。
プロキシマお疲れ様でした!!


レース結果:2019/5/4 新潟9R500万下芝2000m牝馬限定
1 枠7橙 9 プロキシマ 牝5 54.0 ☆横山 武史 1:59.4 34.2 474(-2) 池江 泰寿 4
2 枠2黒 2 ルナステラ 牝4 55.0 中谷 雄太 1:59.4 クビ 34.9 436(+2) 石坂 正 2
3 枠6緑 7 アオイプリンセス 牝6 53.0 △西村 淳也 1:59.5 クビ 34.7 454(-14) 大久保 龍志 1
4 枠7橙 8 デサフィアンテ 牝4 55.0 津村 明秀 1:59.6 3/4 34.4 482(+26) 稲垣 幸雄 6
5 枠3赤 3 アドマイヤクィーン 牝4 55.0 勝浦 正樹 1:59.9 1 3/4 35.1 470(-2) 須貝 尚介 8
6 枠8桃 11 クライベイビー 牝5 55.0 菱田 裕二 2:00.1 1 1/4 35.1 478(+8) 菊沢 隆徳 7
7 枠8桃 10 ロックザボート 牝4 52.0 ▲斎藤 新 2:00.2 1/2 35.2 498(-6) 石坂 公一 10
8 枠4青 4 マセラシオン 牝4 54.0 ☆富田 暁 2:00.4 1 35.4 450(+10) 平田 修 9
9 枠1白 1 カーロバンビーナ 牝4 52.0 ▲岩田 望来 2:00.7 1 3/4 36.2 400(0) 戸田 博文 3
10 枠6緑 6 マルチシンボリブーケ 牝5 52.0 ▲団野 大成 2:01.0 1 3/4 36.9 474(-4) 高橋 祥泰 11
11 枠5黄 5 ナルハヤ 牝5 52.0 ▲藤田 菜七子 2:01.2 1 1/4 37.1 490(+4) 梅田 智之 5



2019年
05月04日 栗東TC 5月4日(祝・土)新潟・芝2000m(牝馬限定戦)に54kg☆横山武史騎手で出走し、馬体重は前走から-2の474kgでした。
レースでは、五分のスタートを切りましたが、控えて後方から。前半は最後方でじっくりと運びました。3・4コーナーからジワッと動き、直線ではそれほど差のないところまで押し上げて、追い込みを図りました。大外で他馬と併せるような形で伸び、どんどん前を交わしていきました。残り200mを切ったあたりで、併せていた相手を振り切って先頭に立つと、内めで盛り返してきたライバルも抑えてゴール。約2年ぶりとなる待望の2勝めを飾りました。勝ち時計は1:59.4、2着馬とはクビ差でした。
「前走で乗せていただいて、いい脚を使ってくれることはわかっていました。ただ、力みやすいところがあるので、道中はこの馬のリズムで走らせることを優先して運びました。直線の長いコースも合っていますね。本当にいい脚で最後まで伸びてくれました。いい競馬ができたと思います。ありがとうございました」(横山武史騎手)

2019年05月08日 栗東TC 前走快勝後も脚元を含め馬体に変わりはありません。もうしばらくトレセンで状態を確認してから、ひと息挟むか、このまま次走へ向かうか判断します。
「ありがとうございました。中距離の適性をはっきりと見せてくれましたし、鞍上も上手に導いてくれました。いい結果を出すことができて良かったです。平坦コースの良馬場という本馬に合った条件で走ることができたのも大きかったですね。レース後も特に異常は見られません。しばらく様子を見てから予定を立てたいと思います」(池江調教師)

2019年05月15日 グリーンW 先週(金)より坂路コース入りを再開して、状態を確かめてきました。週末5月12日(日)には坂路コースを68.4-48.3-30.6-14.8秒のタイムで駆け上がっています。動きは問題ないものの、若干飼葉食いが細くなっているため、ここは無理せずリフレッシュを挟むことになりました。本日5月15日(水)にグリーンウッドTへ放牧に出ています。


2019年05月24日 グリーンW 放牧後も目立った疲れはないことから、今週より騎乗調教を再開しています。現在のメニューは、ハロン17秒ペースで周回コースを2000mと坂路コースを1本という内容です。動きはスムーズで、問題ありません。ただ、飼葉は食べるようになっているものの、馬体重は最新の計測で471kgともう少し欲しいところです。フックラと回復させるよう意識しながら調整していきます。

2019年06月07日 グリーンW この中間は徐々にピッチを上げています。ハロン17秒ペースで周回コースを3000mと坂路コースを1本乗り、今週からは坂路コースで15-15を取り入れ始めました。回復途上だった目方は498kgと増え、動きもしっかりとしています。この調子で速め調教もコンスタントに重ねながら帰厩の態勢を作っていく方針です。

2019年06月14日 栗東TC 本日6月14日(金)に栗東TCへ帰厩しています。状態を見ながら次走目標を決めていきます。

2019年06月17日 栗東TC 6月16日(日)より時計を出し始め、坂路コースで60.3-44.3-29.6-15.2秒をマークしています。

2019年06月19日 栗東TC 先週(金)栗東TCへ帰厩後も順調に乗り込んでいます。本日6月19日(水)はポリトラックコースで追い切り、6Fから83.8-67.8-52.8-38.8-12.6秒の時計をマークしました。7月14日(日)中京・シンガポールターフクラブ賞(芝2000m)への出走を目指していきます。
「単走で追い切りました。問題ない動きでしたね。いくぶん馬体は細く映りますが、体調は良いですし、いい雰囲気ではありますね。この調子で追い切りを重ねて、出走態勢を作っていきます」(兼武助手)

2019年06月24日 栗東TC 6月23日(日)坂路コースで時計を出しており、60.2-44.0-28.7-14.3秒をマークしています。


2019年06月26日 栗東TC 再来週7月14日(日)中京・シンガポールターフクラブ賞(芝2000m)への出走に向けて調整しています。この中間の調整も順調で、本日6月26日(水)は坂路コースを68.1-50.4-33.2-16.1秒のタイムで駆け上がりました。今週は明日6月27日(木)に追い切る予定です。

2019年06月27日 栗東TC 本日6月27日(木)にポリトラックコースで追い切りました。6Fから84.8-69.1-53.6-39.3-13.1秒の時計をマークしています。再来週7月14日(日)中京・シンガポールターフクラブ賞(芝2000m)への出走を予定しており、鞍上は松山騎手に依頼しました。
「落ち着きもありますし、なかなかいい動きでしたね。このまま仕上げていきます」(兼武助手)

2019年07月01日 栗東TC 6月30日(日)坂路コースで時計を出しており、59.7-43.2-28.5-14.2秒をマークしています。

2019年07月03日 栗東TC 来週7月14日(日)中京・シンガポールターフクラブ賞(芝2000m)に松山騎手で出走を予定しています。この中間も順調に乗り込んでおり、本日7月3日(水)は坂路コースを67.2-48.4-31.0-15.3秒のタイムで駆け上がりました。今週も明日4日(木)に追い切ります。

2019年07月04日 栗東TC 本日7月4日(木)にポリトラックコースで追い切り、6Fから80.6-66.1-51.9-37.9-12.5秒の時計をマークしました。
「単走で追い切り、なかなかいい動きでしたね。しっかりと調整して、徐々に状態は上がってきていると思います。この調子で来週のレースに備えていきます」(岩崎助手)

2019年07月08日 栗東TC 今週7月14日(日)中京・シンガポールターフクラブ賞(3歳上2勝クラス・芝2000m)に特別登録を行いました。フルゲート18頭のところ、本馬を含めて12頭の登録にとどまっています。


6月写真
PR190605.jpg

5/4 500万下優勝写真
PR19050401.jpg
PR19050402.jpg
PR19050403.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

令和初レース!プロキシマ近況(5/1,2) - 2019.05.01 Wed

プロキシマ(父ステイゴールド 母ノーブルステラ 池江厩舎 G1tc)の近況です。

今週レースで出資馬では令和初レースです。
ムードはいいので勝利目指して欲しい!




2019年
05月01日 栗東TC 今週5月4日(祝・土)新潟・芝2000m(牝馬限定戦)に54kg☆横山武史騎手で出走を予定しています。想定時点ではフルゲート16頭のところに本馬を含め12頭の出走表明に留まりました。
本日5月1日(水)はウッドチップコースで追い切り、半マイルから53.7-39.1-11.9秒の時計をマークしました。
「今週はサッと終い重点という感じでしたが、いい動きでしたね。先週・今週と続けて動けていますし、予定通りに仕上がりました。具合はいいので、期待したいと思います」(池江調教師)

2019年05月02日 栗東TC 5月4日(祝・土)新潟9R(14:15)・芝2000m(牝馬限定戦)に54kg☆横山武史騎手で出走が確定しています。このレースは11頭立てになりました。


3/24写真
PR19032401.jpg



ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

プロキシマは10番人気で4着 - 2019.03.25 Mon

プロキシマ(父ステイゴールド 母ノーブルステラ 池江厩舎 G1tc)の近況です。

久々のレースですが10番人気で4着とがんばりました。
ただ10番人気事態が体たらくでもありますので、次はもっと上の順位めざしてもらいましょう。

レース結果:3月24日(日)中京7R(13:25)・芝2000m(牝馬限定戦)
1 枠1白 1 アドラータ 牝4 55.0 丸山 元気 1:59.6 35.0 478(0) 石坂 公一 8
2 枠2黒 4 アオイプリンセス 牝6 55.0 C.ルメール 1:59.8 1 1/4 34.4 468(+6) 大久保 龍志 2
3 枠3赤 6 エレクトロニカ 牝5 55.0 川田 将雅 2:00.0 1 1/4 34.5 444(+6) 須貝 尚介 1
4 枠7橙 13 プロキシマ 牝5 54.0 ☆横山 武史 2:00.2 1 1/4 34.4 476(-14) 池江 泰寿 10
5 枠6緑 11 エリンズロマーネ 牝4 55.0 藤岡 康太 2:00.4 1 1/2 35.2 486(+4) 笹田 和秀 3
6 枠8桃 16 マルチミスマンマミーア 牝4 55.0 北村 友一 2:00.4 クビ 34.2 446(-13) 寺島 良 4
7 枠8桃 15 ファストライフ 牝4 55.0 横山 典弘 2:00.5 1/2 35.4 442(0) 青木 孝文 6
8 枠1白 2 ネオヴィットーリア 牝5 55.0 丸田 恭介 2:00.6 1/2 35.5 454(-10) 古賀 史生 12
9 枠4青 8 ピスカデーラ 牝5 52.0 ▲団野 大成 2:00.7 1/2 35.4 468(+4) 池添 学 9
10 枠6緑 12 エフティアテナ 牝4 52.0 ▲藤田 菜七子 2:00.7 ハナ 34.8 440(+4) 金成 貴史 5
11 枠5黄 10 アドマイヤローザ 牝5 55.0 岩田 康誠 2:00.7 クビ 34.8 468(-4) 梅田 智之 7
12 枠5黄 9 ワタシヲマッテル 牝4 52.0 ▲西村 淳也 2:01.0 2 35.3 464(-4) 粕谷 昌央 11
13 枠4青 7 マルチエスコフィオン 牝5 55.0 大野 拓弥 2:01.3 1 1/2 36.4 430(0) 和田 勇介 14
14 枠3赤 5 ウインプライマリー 牝4 52.0 ▲木幡 育也 2:01.4 1/2 35.7 414(-6) 杉山 晴紀 15
15 枠7橙 14 ショウナンサザナミ 牝5 55.0 池添 謙一 2:02.0 3 1/2 35.6 430(-2) 加藤 士津八 16
16 枠2黒 3 マルチパリスハート 牝4 55.0 幸 英明 2:03.0 6 36.5 450(+6) 小笠 倫弘 13


2019年03月24日 栗東TC 3月24日(日)中京・芝2000m(牝馬限定戦)に54kg☆横山武史騎手で出走し、馬体重は前走から-14kgの476kgでした。
レースでは、揃ったスタートから、馬の行く気に任せて中団馬群の後ろで1コーナーへ。そのまま2コーナーをカーブし、向正面では前の馬群とは少し離れた中団後方の外を追走しました。しっかりと力を溜めて、3・4コーナー中間あたりからジワッと前との差を詰めていきました。先行集団のすぐ後ろのポジションで直線に向くと、馬場のやや内めからしっかりと脚を伸ばしました。残り200m付近で外めに進路を切り替え、内のライバル勢を交わして4着に上がったところがゴール。勝ち負けの争いに加わることはできませんでしたが、久々に上位争いを繰り広げてくれました。逃げ切った勝ち馬との差は0.6秒でした。
「返し馬で少しムキになるようなところはありましたが、レースでは最初に少し行きたがる程度で、その後は問題ありませんでした。出たなりで運び、終いもしっかりと脚を使ってくれました。一気にギアを上げていくのはあまり良くないと感じていたので、ジワっと上げていけたのも最後の脚につながったのだと思います。また、ゆったりと運べる広いコースも合っていますね。距離も問題ありませんでした」(横山武史騎手)
「頑張ってくれましたね。馬体が絞れていたのも良かったのでしょう」(池江調教師)

2019年03月27日 グリーンW 前走レース後も脚元を含め馬体に変わりはありませんが、昨日3月26日(火)にグリーンウッドTへ放牧に出ています。次走は5月4日(祝・土)新潟・芝2000m(牝馬限定戦)を予定しています。
「ラストまでしっかりと脚を使っていました。巻き返しに目処の立つ内容だったと思います。次走への優先権はありますが、新潟戦へ向かいたいので、短期放牧を挟みます」(池江調教師)

2019年04月05日 グリーンW リフレッシュを挟んでから、今週よりトレッドミルでの運動を消化しています。特に大きなダメージはなく、このまま騎乗調教へと進めていく予定です。5月4日(祝・土)新潟・芝2000m(牝馬限定戦)を目指していきます。最新の馬体重は490kgでした。

2019.04.12 近況

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定

担当者「引き続きウォーキングマシンでの運動を行っています。幾らか煩い面も解消されてきて、何事にも落ち着いて臨めるようになりました。また、この中間からは運動時間を増やしていますが、体調面に変化は無く良い状態をキープ出来ていますよ。まずはトレッドミルでの運動を目標に進めていきたいと思います。馬体重は469kgです」

2019年04月17日 栗東TC 再来週5月4日(祝・土)新潟・芝2000m(牝馬限定戦)への出走を予定しており、鞍上は前走に引き続き横山武史騎手に依頼しています。先週(金)栗東TCへ帰厩後も順調で、本日4月17日(水)はポリトラックコースで追い切り、6Fから83.9-67.5-53.3-39.8-13.0秒の時計をマークしました。
「ひと息入れましたが、いい雰囲気ですね。ポリで行った追い切りの動きも良かったと思います。このまま目標のレースに向けて調整していきます」(兼武助手)


2019年04月24日 栗東TC 来週5月4日(祝・土)新潟・芝2000m(牝馬限定戦)への出走に向けて順調に調整を重ねています。本日4月24日(水)はポリトラックコースで追い切り、6Fから84.2-68.7-53.5-38.9-12.9秒の時計をマークしました。
「いい動きでしたね。サッと追ったくらいでしたが、いい感触で走れていました。来週も追えば、ちょうどいい状態に仕上がると思います」(池江調教師)

2019年
04月29日 栗東TC 4月28日(日)坂路コースで時計を出しており、59.8-44.7-29.9-15.0秒をマークしています。



3/24写真
PR19032401.jpg



ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

今週レース プロキシマ近況(3/20,21) - 2019.03.20 Wed

プロキシマ(父ステイゴールド 母ノーブルステラ 池江厩舎 G1tc)の近況です。

今週レースです。調教もまずまずですが、いつもコメントがよくてもレースに
直結しません。乗り方や馬具の工夫もあまりないですね。
なんとかよいところみせてほしい。



2019年03月20日 栗東TC 今週3月24日(日)中京・芝2000m(牝馬限定戦)に54kg☆横山武史騎手で出走を予定しています。想定時点ではフルゲート18頭のところに本馬を含め17頭の出走表明となりました。
本日3月20日(水)はウッドチップコースで追い切り、半マイルから53.7-39.5-12.6秒の時計をマークしました。
「追い切りの動きは良かったです。順調に乗り込めましたし、実戦でももっと走れる馬だと思っているので、巻き返したいですね」(兼武助手)

2019年03月21日 栗東TC 今週3月24日(日)中京7R(13:25)・芝2000m(牝馬限定戦)に54kg☆横山武史騎手で出走が確定しています。このレースは16頭立てになりました。





ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

リフレッシュ放牧は何がリフレッシュされるのか?プロキシマ全くだめ。 - 2019.01.20 Sun

プロキシマ(父ステイゴールド 母ノーブルステラ 池江厩舎 G1tc)の近況です。

怪我でないのに4カ月のリフレッシュ放牧あけで調教のコメントでは
仕上がったと書いていましたが、+20kgでぐだぐだで直線失速しました。
プロキシマだけでないですが調教放牧して何がリフレッシュされるのか
よくわからないですね。
長期休み事に能力を落としていくリビングマイライフ、
3カ月休んで肺出血のミスティックグロウ
1.5休んで能力戻すのに半年かかったアーザムブルーなどなど。

レース結果:1月20日(日)京都・芝1800m
1 枠6緑 10 ノーブルカリナン 牝4 54.0 M.デムーロ 1:49.0 36.6 456(+26) 友道 康夫 1
2 枠7橙 12 ジョーアラビカ 牡5 57.0 松若 風馬 1:49.5 3 37.2 514(+12) 沖 芳夫 6
3 枠7橙 13 デクレアラー 牡4 54.0 △富田 暁 1:49.5 ハナ 36.8 474(+6) 鮫島 一歩 5
4 枠8桃 14 ムーンライトナイト 牝4 54.0 菱田 裕二 1:49.6 1/2 
5 枠5黄 8 ウインルチル 牝4 54.0 高倉 稜 1:49.7 1/2 36.5 436(-2) 奥村 豊 13
6 枠3赤 5 ミエノウインウイン せん4 56.0 和田 竜二 1:49.8 1/2 37.2 478(-2) 高橋 亮 2
7 枠8桃 15 エスペランサルル 牝7 55.0 国分 恭介 1:49.9 3/4 36.4 438(+6) 西橋 豊治 15
8 枠5黄 9 アスタービーナス 牝4 53.0 ☆坂井 瑠星 1:50.0 3/4 37.4 406(0) 松元 茂樹 8
9 枠6緑 11 スラッシュメタル 牡4 56.0 岩田 康誠 1:50.1 クビ 37.0 446(0) 西村 真幸 3
10 枠4青 7 マルチダノンクライム 牡5 57.0 松山 弘平 1:50.1 クビ 37.3 528(-3) 寺島 良 7
11 枠1白 1 ダイシンカレラ 牡7 57.0 酒井 学 1:51.1 6 38.1 490(0) 庄野 靖志 12
12 枠2黒 3 ニシノベースマン 牡4 56.0 浜中 俊 1:51.3 1 1/4 38.7 458(+4) 森 秀行 14
13 枠4青 6 プロキシマ 牝5 55.0 池添 謙一 1:51.4 3/4 39.1 490(+20) 池江 泰寿 9
14 枠3赤 4 アグネススターダム 牡6 57.0 岩崎 翼 1:51.5 3/4 39.2 470(+4) 河内 洋 11
15 枠2黒 2 アンセム 牡5 57.0 秋山 真一郎 1:52.3 5 38.7 474(-6) 野中 賢二 10


2019年01月20日 栗東TC
1月20日(日)京都・芝1800m戦に55kg池添騎手で出走し、馬体重は前走から+20の490kgでした。
レースでは、まずまずのスタートから促して先行していきました。道中は逃げ馬を見ながら2番手を追走。大きく隊列は変わらないものの、外の馬を行かせた3番手で3・4コーナーをカーブ。直線手前でペースが上がると、さらにポジションを下げてしまいました。そこからは巻き返すような余力はなく後退。最後は勝ち馬から2.4秒差の13着に敗れています。
「ポジションを取りに行きましたが、終始ダラッとしたメリハリのない走りでした。4コーナーでもう余力がなく、それ以降は内にモタれていました。馬場にノメるようなことはなかったのですが…」(池添騎手)
「走りがワンペースですね。馬体も太かったでしょうか。申し訳ございません。上がりで息遣いが気になったようなので、今後の状態をよく確認しておきます」(助手)


2019年01月23日 栗東TC 前走レース後も脚元の状態に変わりはなく、疲れは使ったなりのものです。ただし、次走への優先権が得られなかったことから、出走間隔の調整も兼ねて、一旦放牧に出ることになりました。
「上がりで気になった息遣いは特に問題はありませんでした。ただ、調教でも息の良化に時間が掛かっていましたし、今後も注意していきます。馬体に関しては、これくらい張りがあった方がいいくらいかと思っていましたが…。申し訳ありません。いまの京都の馬場状態も合わなかったのかもしれません」(兼武助手)

2019年01月30日 グリーンW 状態を確認してから、昨日1月29日(火)にグリーンウッドTへ放牧に出ました。リフレッシュと出走間隔の調整を行います。

2019年02月22日 グリーンW 疲れは癒えており、この中間から騎乗調教を再開しています。現在のメニューは、ハロン17秒ペースで周回コースを3000mと坂路コースを1本という内容です。跨ってからの感触は問題なく、しっかりと動けています。今後はハロン15秒ペースの速め調教も取り入れて調整していく予定です。最新の馬体重は504kgでした。

2019年03月06日 栗東TC グリーンウッドTで順調に15-15も消化し、昨日3月5日(火)に栗東TCへ帰厩しました。本日3月6日(水)は坂路コースを67.2-49.3-31.7-15.1秒のタイムで駆け上がっています。再来週3月24日(日)中京・芝2000m(牝馬限定戦)への出走を視野に入れていく予定です。

2019年03月07日 栗東TC 本日3月7日(木)にポリトラックコースで追い切り、6Fから85.4-69.9-54.4-40.0-12.7秒の時計をマークしています。


2019年03月13日 栗東TC この中間も順調に乗り込んでいます。本日3月13日(水)はポリトラックコースで追い切り、6Fから83.1-67.3-52.2-38.3-12.4秒の時計をマークしました。来週3月24日(日)中京・芝2000m(牝馬限定戦)への出走を予定しており、鞍上は横山武史騎手に依頼しています。
「調整は順調です。終い重点という感じの追い切りでしたが、まずまずの動きをしていました。前走で増えていた分の目方は引き締めてレースへ向かえそうです」(兼武助手)





ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

変わり身をみせて!プロキシマ近況(1/16) - 2019.01.16 Wed

プロキシマ(父ステイゴールド 母ノーブルステラ 池江厩舎 G1tc)の近況です。

今週久々のレースです。調教では動いてますがレースではのびきれません。
大きく期待を裏切ってきてますが、そろそろステイゴールドの血が覚醒して
変わり身をみせてほしいところです。



2019年01月16日 栗東TC 今週1月20日(日)京都・芝1800m戦に55kg池添騎手で出走を予定しています。想定時点ではフルゲート16頭のところに17頭の出走表明があるものの、前走から間隔があいている本馬の出走決定順は7番めとなっているため、除外の心配はありません。
この中間も順調に調整し、本日1月16日(水)はウッドチップコースで追い切りました。半マイルから53.5-38.6-12.1秒の時計をマークしています。
「併せ馬で追い切りました。このひと追いで、ほぼ態勢は整った印象です」(池江調教師)
「動きもスムーズで良くなってきましたし、息遣いも本数を重ねて、良化しましたね。態勢は整ったと思います」(兼武助手)


11月写真
PR181103.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ
My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR