fc2ブログ
topimage

オーソクレース&ルメール騎手 菊花賞2着! - 2021.10.31 Sun

オーソクレース(キャロット 父:エピファネイア×マリアライト)の近況です。

皐月賞馬、ダービー馬が不在のうえ、有力馬で回避した馬も多く、
近年まれにみるレベルの菊花賞。オーソクレースも骨折明け2戦目で
明らかに調子もあがり、期待しました。
しかし、ここで大外。。。。運がない。

レースでは出遅れてしまい、最悪の後方スタート。
ただ、ルメールはよい位置まであげ、有力馬の2頭はより後方。
これはチャンスと思いました。

逃げていたタイトルホルダーも失速し、勝ったと思いましたが、
タイトルホルダーが再度のび、突き放されてしまいました。。。。
それでも接戦の2着争いにかち、2着確保できたのはよかったです。

これで昨年のホーフプルS(G1)に続いて、2回目のG1 2着。
次こそはと思いますが、その前にG3でもよいので重賞かってほしい!!




キャロットクラブより許可をもらって転載しております。

21/10/24  久保田厩舎
24日の阪神競馬ではややゆっくりとしたスタートになるがすぐに取りつき、縦長の隊列のなか後方馬群につけて進める。2周目の3コーナー付近から徐々に動き出し、直線も最後までしぶとく伸びてくるが勝ち馬との差は詰まらず2着まで。「よく頑張っているんですけれどね…。展開のアヤかなと思いますけれど、今日は勝ち馬が積極的な競馬をした結果なので素直に認めざるを得ません。それにしてもお母さんに続いてまさか子どものオーソも外枠を引くとはね…。3000mと言えど阪神内回りなので枠は気になりましたが、決まったものが変わるわけではないので前向きに捉えて鞍上に託しました。結果的には厳しい要素になってしまい、ルメールも3着馬くらいの位置が理想的なポジションだったと言っていましたね…。それでもこのキャリアで、G1レースで2着に来るのですから、馬を褒めてあげたいですよね。1回使って気配、動きともに違っていましたし、不安明けだったことを考えると立派とも言えます。初めての関西圏への輸送もこなし、美浦にいるときとさほど変わらない体で臨めたことも今後に活きるはずです。勝負どころの姿がどんどんマリアっぽくなっているのには苦笑いしたけれど、お母さんのようにこれから良くなってくれそうとも思えますから今後の成長の期待したいと思います」(久保田師)脚部不安により春のクラシックに参戦できず涙を飲みましたが、何とか最後の一冠に間に合ってくれました。復帰戦そして今回と、一番の願いは無事に走り終えてくれることで、次いで、少しでもいい結果になってくれればと思っていたところ、最良の結果こそ得ることはできませんでしたが、2着に来てくれました。飲み込まれるのではないかと思われたところから交わされず最後まで来るあたりはまさにしぶとく、母親譲りと言ってもいい脚を前走に続いて見せてくれています。父そして母はキャリアを重ねてより一層逞しくなってくれましたので、この馬も両親の成長力を引き継ぎ、さらなる活躍を見せてくれたらと期待しています。まずはレース後の無事を確認し、この2戦の疲れをしっかりと癒してから今後のことについて検討していければと考えています。



ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

次のレースは?オーソクレース近況(10/27) - 2021.10.27 Wed

オーソクレース(キャロット 父:エピファネイア×マリアライト)の近況です。

怪我もなさそうで一安心。
有馬記念で見たい気もするし、確実に重賞勝って欲しい気持ちもあります。
いずれにしても次のレースが楽しみ。




キャロットクラブより許可をもらって転載しております。

21/10/27  久保田厩舎
27日は軽めの調整を行いました。「レース後、落ち着かせたうえで競馬場を出発し、翌朝美浦に到着しています。セントライト記念後の帰りの馬運車の中ではかなりうるさくなっていましたが、今回は落ち着いており、無事に移動することできています。到着後は時間をかけて経過を見ていますが、ここまでのところ歩様等に異常はありません。念のために膝や脛骨部のレントゲンを撮りましたが、以前から負担のかかりやすい箇所である右の腕節は良くも悪くも変わりありませんでしたし、脛骨は大丈夫そうでした。球節もスッキリしているので、現段階で大きなダメージはなさそうと言えそうです。それでもしっかりと走ったのは確かで、長期休養明けのセントライト記念を使って、短い間隔で菊花賞を使わせてもらいました。ただでさえ長い距離は消耗が多く、脚部不安を発症してしまう馬も出てきがちですから、この後は無理をせずしっかりと期間を設けて疲れを癒してあげたいと思っています。今のところもう数日手元で様子を見て、変わりないことを確認してから天栄へ放牧に出そうと考えていますが、現地へ移っても慎重に見てもらうつもりです。また、来月北海道から獣医さんが来られるとも聞いているので、その時にもよくチェックしてもらえればと思っています。しばらくそのような形で経過を見ながら無理のないように動かしていき、そのうえで次の目標をどのあたりに置くのか、そして、来年の春のいちばんの目標をどこにするのかも含めて徐々に相談していきたいです」(久保田師)




ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

ルメール騎手で菊花賞へ!オーソクレース近況(10/7) - 2021.10.07 Thu

オーソクレース(キャロット 父:エピファネイア×マリアライト)の近況です。

ルメール騎手確保、これはうれしい。
皐月賞のリベンジです!良い結果を期待してます。




キャロットクラブより許可をもらって転載しております。

21/10/7  久保田厩舎
7日に美浦トレセンへ帰厩しました。「今週前半に天栄で速いところ課してもらい、水曜日までよく確認してもらいました。いい意味で変わりなく予定通りに来ていることで、本日トレセンへ戻しています。もちろん、この後も気を引き締めて、少しでもいい状態に持っていけるように調整していきます。なお、前走に引き続き、ルメールジョッキーで菊花賞へ向かう予定です」(久保田師)24日の阪神競馬(菊花賞・芝3000m)にルメール騎手で出走を予定しています。



ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

セントウルS(G2)3着!オーソクレース復帰戦!! - 2021.09.20 Mon

オーソクレース(キャロット 父:エピファネイア×マリアライト)の近況です。

骨折明けで皐月賞、ダービーと出走できずがっかりの春。
ルメール騎手まで確保していたのでショックはひとしお。
それでもレースにむけて調教しており期待がたかまっていますが、
相変わらず調教師の煮え切らない弱気なコメントに期待はもてませんでした。
最終調教でも半馬身おくれるなど、厩舎力のなさは顕著でしたね。

それでもルメール騎手の手腕で、なんとか3着にもってきてくれました。
長期骨折あけとしては及第点ですが、レース後コメントみても、にえきらない
態度です。早めに天栄にもどして10日競馬したほうが良いと思いますが
どうなんでしょうか。




キャロットクラブより許可をもらって転載しております。

21/9/20  久保田厩舎
20日の中山競馬では五分のスタートを切り中団を進む。少し早めに鞍上の手が動き出すも最後までジリジリ脚を使い3着。「追い切りに関してはある意味でこの馬らしいと捉えられましたから、あとは無事にレースへ向かうことだけを考えて調整にあたっていました。久々の分どういう精神状態になるかというのが気がかりで、装鞍所に関しては無難にこなしてくれたものの、その後の移動の際に前のレースの馬たちとすれ違うシーンでバタバタと暴れていました。パドックでも何を考えているのか…と思わせるような歩き方で、結果2人曳きでしたが3人体制にしないといけないのではとつい思ってしまうほどでしたね…。ゲートの中でも鳴いていたそうで相変わらずの幼さを見せていましたが、スタートに関してはうまく対応できていました。フレッシュな分だけ序盤で少し力みましたけれど、すぐに落ち着いてくれました。それでも勝負どころの手応えを見たときは飲み込まれてしまうかと思ったのですけれどね。あの形から来るのですから、この馬は本当に凄いと思いました。元々渋いタイプではありますけれど久々でもあのような形で来るのですから、やはり力はあります。ルメールに話を聞くと“ソーヴァリアントに近い位置にいたし、意識して進めたかったけれどエンジンのかかりが遅かった。息もちょっとフーッという感じだったけれど、それでもプッシュしていくと火がついてまた伸びてくれた。ナイスファイト”と言っていましたよ。あとは無事であることがいちばんです。今後については決まっておらず、あくまでも状態如何と思っているので、今の時点から決めつけないで慎重に判断していきます」(久保田師)ホープフルSからの約9ヶ月ぶりの出走となりましたが、アクシデント明けでもありましたので、まずは無事に走り終えてくれればという思いでいっぱいでした。レースへ向かう様子は何とも言えないところがありましたけれども、いざゲートが開くと上手にスタートを切ることができていました。早い段階で鞍上の手が動き出しましたがしぶとさは休み明けでも健在で、最後まで伸びを見せてくれたのは良かったのではないかと思います。この後の状態面が如何ほどかということが大きなポイントにはなりますので、今後についてはレース後の様子を慎重に確認しながら判断していきます。



ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

オーソクレース ホープフルG1はああ2着まで。。 - 2020.12.26 Sat

オーソクレース(キャロット 父:エピファネイア×マリアライト)の近況です。

馬体重+10kg。。これで少し嫌な予感はしました。
最終的にはこれが厩舎力の差だったんでしょう。。

パドックではややどしっとしていますが、出来は悪くみえませんでした。
レースではスタートをばしっときめ、さすがルメール騎手。
そして前々でレースをすすみ、内で脚をためます。
直線、前をはしっていたランドオブリバティが逸走し、直線で先頭にたったかと
思いましたが、外からダノンザキッドに差し切られて、今日は完敗でした。
敵に負けたというよりも、直線伸び悩んだようにみえました。
体重なのか、ぼこぼこした馬場なのかわかりませんが、もう少しでG1勝利だったので
かなり悔しいです。

しかし2着で賞金加算もできましたし、来年のクラシックにむけ、何よりも
ルメール騎手確保のローテを徹底ください!!

レース結果:20/12/26 中山ホープフルS-GⅠ良 芝2000
1 枠6緑 10 ダノンザキッド 牡2 55.0 川田 将雅 2:02.8 36.4 516(-4) 安田 隆行 1
2 枠1白 1 オーソクレース 牡2 55.0 C.ルメール 2:03.0 1 1/4 36.7 480(+10) 久保田 貴士 3
3 枠2黒 2 ヨーホーレイク 牡2 55.0 武 豊 2:03.1 1/2 36.4 502(+2) 友道 康夫 4
4 枠6緑 11 タイトルホルダー 牡2 55.0 戸崎 圭太 2:03.3 1 1/237.0 470(0) 栗田 徹 7
5 枠7橙 13 シュヴァリエローズ 牡2 55.0 北村 友一 2:03.4 クビ 36.5 444(+8) 清水 久詞 5
6 枠3赤 5 テンカハル 牡2 55.0 坂井 瑠星 2:03.5 1/2 36.5 486(-8) 矢作 芳人 13
7 枠5黄 9 アオイショー 牡2 55.0 石橋 脩 2:03.5 1/2 36.4 464(+2) 中舘 英二 8
8 枠4青 7 マカオンドール 牡2 55.0 岩田 康誠 2:03.7 1 36.4 490(+6) 今野 貞一 9
9 枠3赤 4 ヴィゴーレ 牡2 55.0 横山 武史 2:04.4 4 37.8 456(-2) 松永 幹夫 11
10 枠7橙 12 アドマイヤザーゲ 牡2 55.0 吉田 隼人 2:04.5 3/4 37.9 498(0) 友道 康夫 6
11 枠4青 6 ホールシバン 牡2 55.0 丸山 元気 2:04.8 1 3/4 38.2 508(+6) 高橋 義忠 12
12 枠5黄 8 マルガイバニシングポイントブリンカー着用牡2 55.0 M.デムーロ 2:05.4 3 1/2 39.3 498(+10) 藤沢 和雄 10
13 枠8桃 15 セイハロートゥユーブリンカー着用牡2 55.0 木幡 巧也 2:05.5 クビ 38.0 492(-2) 牧 光二 14
14 枠8桃 14 マルチモリデンアロー 牡2 55.0 山田 敬士 2:08.3 大差 39.6 488(-6) 小桧山 悟 15
中止 枠2黒 3 ランドオブリバティ 牡2 55.0 三浦 皇成 478(+14) 鹿戸 雄一 2



キャロットクラブより許可をもらって転載しております。

20/12/26  久保田厩舎
26日の中山競馬ではスタートを決めて先行する形。少し早めに手が動き出すが直線でもジリジリと伸びを見せるが勝ち馬には屈し2着。「申し訳ありません。オーソクレースは正直まだまだという状況でしたし、相手は確かに強かった。ただ、現時点での完成度の差なのかなとも思います。装鞍所では落ち着いていましたし、パドックも最初のほうは悪くはなかったけれど集中していませんでした。止まれがかかってからは妙な感じで鳴いたりもしていましたし、まだ気持ちが向ききっていないような印象でした。それでいてスタートを出たのでちょっとビックリもしました。競馬で覚えてきてくれればいいと考えていたので、しつこく練習するようなことは行っていませんでしたけれど、3戦目でこれだけ出るとは思っていなかったので心配したほどでした。ただ、ルメールが上手く前に壁をつくってリズムを整えてくれたのでよかった。徐々に上げていって直線へ向かおうとしたのですが、肝心の立ち上げのときに目の前の馬が逸走するアクシデントがあり、馬が驚いて手前をポンっと替えてしまいました。ブレーキをかけるような感じになり減速して、そこから再加速させるような形になってしまいましたから、あのシーンは痛かったですね。相手は強かったけれどこちらも最後までジリジリと脚を使っていますから、来年は逆転を目指していきたいです。それから、この3戦で言えばやはり大きな舞台がより良いように思いますし、今の感触だけで言えば春の東京の2400mを最大目標に考えていければという思いを抱いています」(久保田師)初戦、2戦目と異なる競馬場、異なる形で勝利を挙げることができていましたし、数少ないキャリアのなかでもいい経験を積んだうえで臨んだ暮れの大一番でしたので、楽しみを持っていました。スタートに関しては過去2戦とも速くはなかったのですが、今回は比較的出て好位につけられたのには驚かされました。鞍上が壁をつくってリズムを整えてくれたことで悪くない走りができていましたが、少し早めに手が動く形になりました。その後に目の前のアクシデントに遭い、一度減速してその後再加速という流れになってしまい、残念ながら勝ち馬の勢いには及びませんでした。心身ともに幼さが残りますが、これから変わっていってくれるはずですから、来年はまたひとつ、ふたつ上の走りを見せてくれることを期待しています。前走後から疲れを見せやすい膝をはじめ、レース後の状態をまずは慎重に確認していったうえで来年に備えていきます。





ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

1枠1番ルメール騎手でホープフルS G1へ!オーソクレース近況(12/23) - 2020.12.25 Fri

オーソクレース(キャロット 父:エピファネイア×マリアライト)の近況です。

G1で人気馬でルメール騎手がのってくれたことなんて多分なかったと思います。
それだけにチャンスだと思いますし、調教師も以前ほど悲観ではないので楽しみにしています。
1枠1番は内に包まれるのがこわいですが、スタートだしてもらって、前目でぬけだしたいですね。

ルメール騎手おねがします!!



キャロットクラブより許可をもらって転載しております。

20/12/23  久保田厩舎
23日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒1-55秒0-40秒4-12秒6)。「今週末の競馬に備えて今朝追い切りをかけました。前を目標にして追いかけて終いをじわっと伸ばす形を採り、全体で69秒くらいから終い1ハロンを12秒台で伸ばせていました。並んで頭が出るとふわっとしたので、そこで肩ムチをパチンと入れたくらいの感じで動かせていますよ。まぁ、相変わらずというか、飄々と、淡々とこなす感じですね。稽古の感触だけだと正直半信半疑になりますが、それでいてここまで実戦で良さを見せてくれます。まだこの馬の全貌を見ることができていないような気もしているんです。もう1段ギアがあるかもしれないとも思わせるくらいでもあるので、3戦目の今回はどういった走りを見せてくれるか楽しみにしています。スタートは速くありませんが、練習では悪いことするわけではないですし、もともと問題があるというよりもまわりを気にしてふわっとして出られないのでしょう。おそらく人気するであろう馬たちはどちらかというと上手に立ち回れそうですが、現状のオーソクレースのふわっとする気性を考えると、むしろ目標にされるより他を目標にするほうが良さを引き出しやすいと思っているのでスタートのことに関してはあまりネガティブには捉えていません。一度実戦のスタートを経験しているのでルメールもそのあたりはわかっていますし、上手く対応してくれると思います」(久保田師)26日の中山競馬(ホープフルS・芝2000m)にルメール騎手で出走を予定しています。


20/12/24  久保田厩舎
26日の中山競馬(ホープフルS・芝2000m)にルメール騎手で出走いたします。


10/24アイビーS優勝時写真
a97b5a1320201026d89228410697dfd5.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

ルメール騎手を確保!オーソクレース近況(!2/9) - 2020.12.09 Wed

オーソクレース(キャロット 父:エピファネイア×マリアライト)の近況です。

騎手がだれになるのか本当に気になってましたが、ルメール騎手になったので
本当にうれしいです。
ルメール騎手になったこともうれしいですし、
ライバルにルメール騎手がのらないこともうれしいです。

年末におおきな楽しみができましたね。



キャロットクラブより許可をもらって転載しております。

20/12/9  久保田厩舎
9日は美浦南Wコースで追い切りました(71秒0-56秒0-42秒0-13秒7)。「天栄からは“ちょっと前向きさが出てきた”ということを聞いていたので、確認するように少しずつ動かしていますが、特に変わった点はないですかね。でも、それでいいと思うんです。経験を重ねてきているので、確かに気持ちが出てきてもいいのですが、変にスイッチが入るようになってくる方が厄介です。それに、デビュー前からこんな感じかな?という様子でしたし、それでいて走ってくれているのですから、変わっていないことを悪く捉えるようなことはありませんよ。今朝は追い切りましたがじわーっと動かして終えています。目立つほど動くわけではないですから、良いと強調することはできませんが、余裕を持って走れていますよ。膝に関しては若干熱を持ってほわっとすることはあるものの、歩様が乱れたり、捌きが極端に硬いと言ったことはありません。負担がかかりやすい傾向にはあるのでしょうから先々のことも考え治療も並行しながら調整を進めていこうと思っています。今回の鞍上には2戦目では先約がありどうしても都合がつかなかったもののデビュー戦のときから楽しみに思ってくれていたルメールさんに改めてお願いをしてあります」(久保田師)26日の中山競馬(ホープフルS・芝2000m)にルメール騎手で出走を予定しています。


10/24アイビーS優勝時写真
a97b5a1320201026d89228410697dfd5.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

判断が遅い,お前はとにかく判断が遅い オーソクレース近況(10/24,11/4,13) - 2020.10.28 Wed

オーソクレース(キャロット 父:エピファネイア×マリアライト)の近況です。

すでにスポーツ紙では予想どうりホープフル(G1)への出走予定がでてましたので
近況楽しみにしてましたが、なんとも煮え切らない態度。
新馬戦後も煮え切らないまま放牧となり、レース予定も決めないままルメール騎手他の
馬に先約でとられました。G1で勝負するならルメール騎手の力は絶対です。
自らの馬もありますが、ライバルにルメール騎手がのならない。心理的に10馬身差がありますよ。

成績から一流厩舎ではないことは間違いないですが、
判断が遅い,お前はとにかく判断が遅い
といいたくなりますね。

天栄10日競馬に期待して出資しているので、とにかく判断だけは早くして、ルメール騎手を
おさえてください!!



キャロットクラブより許可をもらって転載しております。

20/10/24  久保田厩舎
24日の東京競馬ではスタートは遅かったものの慌てず後方2番手から進める。一度控えて直線へ向いたときは最後方の位置になったが、直線でも間を割るように伸びてくると最後は前に出て見事優勝。「ゲートはわかってはいましたが、やはり遅かったですね。それでも3馬身程度ならまだいい方とも思えましたし、実際離され過ぎずに追走できていました。じわーっと上げていけていましたし、あのまま外目を回して直線でも良かったのでしょうけれど、閉められたようでした。それもあって控えて直線で間を突く形に。あの狭いところですから怯んでも不思議ないのですが、そんなことなく割ってくるんですからね。外を回していたらもしかしたらもっと楽だったのかもしれませんが、あの形で勝ち切るのですから大したものです。直線では、前に出ると調教と同じようにふわっとしていましたね(苦笑)。来られた分だけまた脚を使うという走りをしていました。跨ってくれた池添も“稽古で跨らせていただいたとはいえ、実戦を経験していないし、2戦目ということでどの程度取ってくるかもわからなかったから用心しました。促したら噛んでくるかもしれないと思いましたからね…。しかし、全然問題なく、操縦性も高かったです”と言っていましたよ。正直、まだまだと思わせる中でこうやって結果を出すのですから、これからが楽しみです。まずは無事にということだと思いますし、レース後の状態をよく確認しておきます」(久保田師)中間の様子からスタートが課題の一つと捉えていましたが、前走に続いて今回もやはり発馬はゆっくりでした。しかし、人馬ともに慌てることなく進めました。心配しなかったと言えばウソになってしまいますが、馬群を割って伸びてくる姿を見ると改めて大した馬だなと思わせてくれます。前走と違った形で競馬ができ、しかも勝ち切るのですからこれからの成長が楽しみでなりません。今後については脚元などレース後の状態をよく見ながらになりますが、まずは何より無事に行ってくれることを願っています。

20/11/4  NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「見事に連勝を飾ってくれましたね。会員の皆様おめでとうございました。帰ってきて様子を見ていますが、今回はここまでのところ落ち着いた様子を見せています。まだ軽く乗り出したところなので何とも言えませんけれど、最初の頃に比べると少しずつ大人になってきているのかなと思えます。レース後少し疲れを見せたという右前脚ですが、確かにこちらで見てみてもちょっと気をつけておきたいと思える状態に見えます。歩様等には乱れはないので、無理のないように少しずつ動かしながら探っていきます」(天栄担当者)

20/11/10  NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れてます。「入場時に引き続き、精神面は悪くないかなと思えることから、徐々に乗り進めています。脚元は、特に膝を中心に負担がかかりやすいように思えるので、前捌きをよりスムーズにできるように装蹄師さんと相談していきながら調整していきます。馬体重は473キロです」(天栄担当者)


10/24アイビーS優勝時写真
a97b5a1320201026d89228410697dfd5.jpg


ブログランキングへ参加中 応援クリックお願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 ランキングへ
My出資馬一覧へ

最新記事

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カレンダー(月別)

01 ≪│2024/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR